特集 2017年6月22日
 

ヘボコン、ふたたびアメリカへ〜ヘボコン・ベイエリア2017レポート

結果発表!

発表の前にまずルールのおさらいを。ヘボコンはロボット相撲だ。相手を押し出したり倒したりしたら勝ち。
トーナメントで優勝が決まるが、それ以上に尊い賞として、投票で決める「最も技術力の低かった人賞(最ヘボ賞)」というのを設けている。

今回は3日間の会期のうち、2日間に渡り6回のトーナメントを開催した。

第1トーナメント

優勝:Hannah
瓦礫の山からかろうじて出てきたみたいな衝撃的なビジュアル。
瓦礫の山からかろうじて出てきたみたいな衝撃的なビジュアル。
ボディの上に組まれた割りばしの構造がわからなくて、ずっと見ているとだんだん不安になってくるこのロボ。決勝戦では準優勝機と激戦を繰り広げた。
かわいすぎる激戦。
かわいすぎる激戦。
猫vs猫、同じおもちゃをベースにしたロボットどうしの可愛すぎる対決!

しかし同じおもちゃということは、スペック的にも互角であるということ。かわいらしいビジュアルに反して、実力の拮抗した、手に汗握る試合となった。決め手は装飾で、敵は前面にいろいろ飾りつけしすぎて後ろ脚が浮き、グリップが弱くなってしまったものと思われる。あるいはただの運。
最ヘボ賞:Ingrid
今回髄一の不思議マシン。会場で配布した動力用のおもちゃが使われていないように見え、謎のテクノロジで動いている。
今回髄一の不思議マシン。会場で配布した動力用のおもちゃが使われていないように見え、謎のテクノロジで動いている。
スーッと音もなく相手の懐に入り込んでいくのだが、謎のテクノロジは馬力がなく残念ながら押され負け。
ちなみにいま映像を確認したところ、実はアライグマの後ろで小さなファンが回っており、風の力で動いていたようだ。

第2トーナメント

優勝:Mark
怖い
怖い
血のり(絵の具)のついた板にカッターナイフの刃を突き立てているという凶暴なマシン。野蛮な見た目ながら、リモコン操作でうまく立ち回るなど狡猾な戦い方を見せた。完全に悪役ポジションながら優勝してしまい、勝者インタビューには「I feel guilty」(罪悪感)と答えた。
最ヘボ賞:Karen
ロボット名は「猫」。概念である。
ロボット名は「猫」。概念である。
猫っぽさと蟹っぽさが高度に同居した、子供には出せない大人ならではのデザイン。見た目だけですでに最ヘボ賞の風格である。材料には最も推進力の強いダイソーの電車のおもちゃを2台づかい。すごい馬力でバリバリと土俵外に退出していくさまは圧巻であった。

第3トーナメント

優勝:Jenna
クラブ映えするタイプ
クラブ映えするタイプ
体中からレーザー光線を発しているように見える。しかし実際に光っているのは目だけで、体から出ているのは全部、レーザーではなくただの棒。今回は優勝に甘んじたが、対戦カードによっては最ヘボ賞も狙えていたかもしれない。(繰り返すが、最ヘボ賞のほうが上位の賞なのだ)
最ヘボ賞:Lucas
見てくれこの長さを
見てくれこの長さを
ほぼ土俵を縦断するいきおいの長いボディ。かっこよく解釈すれば槍のようだが、実戦においてはただの棒に過ぎなかった…ならまだマシだった。実際にはこの棒は、押し出す際の「持ち手」として作用。非常に便利な形で敵ロボットに押し出された。
おまけ。こちらは受賞は逃したものの健闘したロボット。おもちゃでなくモーター(ギア入りで強い)を2つ使用、乾電池と銅線でリモコンを自作するなどを作るなど高度な工作だった。(結局負けたんだけど)
おまけ。こちらは受賞は逃したものの健闘したロボット。おもちゃでなくモーター(ギア入りで強い)を2つ使用、乾電池と銅線でリモコンを自作するなどを作るなど高度な工作だった。(結局負けたんだけど)
入れ歯との対決
入れ歯との対決

第4トーナメント

優勝:Drishti Patel
扇子と基盤を組み合わせたサイバーパンクなマシン
扇子と基盤を組み合わせたサイバーパンクなマシン
単純に馬力が強かったのに加え、ポイントは前面に装備された扇子。装飾過多でバランスの悪いマシンが多い中、扇子が高い位置で敵機を押すことで、ドミノを倒すようにパタンと転倒させる効果があった。
最ヘボ賞:Sopha&Julia
女の子二人組が作った、尻尾がモップになった犬。
女の子二人組が作った、尻尾がモップになった犬。
この犬、印象に残った試合といえば…
2体絡み合って、ぐるぐるとダンスを踊り続けたこの試合。
2体絡み合って、ぐるぐるとダンスを踊り続けたこの試合。
何回転もするうちにだんだん回転の中心がずれていき、敵がコースアウトする形で勝利した。ちなみにこのときの対戦相手が
このお二人
このお二人
子供を相手に試合前の挑発から始まり、最後は帽子をテーブルに叩きつけて帰っていって、悪役としての演出が最高だった。

第5トーナメント

優勝:Justin
馬力の強い電車のおもちゃに緩衝材を搭載したロボ
馬力の強い電車のおもちゃに緩衝材を搭載したロボ
最初の当たりでは、緩衝材で相手をやさしく包み込む。そしてそのままやさしく包み込んだまま、グイグイ押して相手を場外に追いやっていく。暴力だけが強さではないと教えてくれる、教訓あふれるマシンであった。
最ヘボ賞Louis
使ってる材料は優勝機と同じ
使ってる材料は優勝機と同じ
優勝したJustinのマシンと同じく、電車2台を使用したロボ。論理的にはそれに匹敵する馬力を持つはずだが、実戦ではなぜか同じ電車を1台だけ使った相手に押し負け、敗退。性能を決めるのはエンジンがすべてではないのだ。

第6トーナメント

優勝:Soma
左が前。機能としては前進オンリーながら、貪欲な設計
左が前。機能としては前進オンリーながら、貪欲な設計
ハの字に広がったアームで相手を自分の正面に誘導し、そのまま馬力を生かして押し出す、という作戦。その作戦自体も有効に機能したのだが、それ以上に…
フワフワの羽毛の効果で敵機との境目があいまいになり、まるで相手を食って取り込んでいるようなおそろしさがあった。
フワフワの羽毛の効果で敵機との境目があいまいになり、まるで相手を食って取り込んでいるようなおそろしさがあった。
さて次は最ヘボ賞の紹介だが、その前に、ちょっと別のロボットを見てほしい。
Nachaという女の子のロボット
Nachaという女の子のロボット
ベースのおもちゃがお風呂用の泳ぐアヒル。足を空中でバタバタさせるのみで、地上では移動能力がない!それを踏まえて最ヘボ賞の紹介に入ろう。
最ヘボ賞:Nina
こちらが最ヘボ賞に輝いたNinaのロボット。
さっきとは別のアヒルを使用している
さっきとは別のアヒルを使用している
こちらもアヒルのおもちゃがベースだが、陸上用で移動能力があるもの。上で紹介したNachaとの対戦では、自分から突進をしかけるも、はじかれて場外へ。移動能力があるにもかかわらず移動能力のないNachaに惨敗した。

そしてさらにもう1台、印象に残ったロボットを紹介しよう。Yuiという女の子のロボット。こちらはぜひ動画で見ていただきたい。
試合展開とともにボロボロ壊れていくさまが圧巻だったうえ、最後の疾走(というか失踪というか)も最高であった。

ヘボコンの不思議

去年はアメリカに行くのも海外でイベントをやるのも初めてで、「イベントを成立させるぞ!」というのが精一杯の目標だった。でも今年は2回目。「いいイベントにしなければ」という、クオリティに対するプレッシャーがあったのだ。前例があって、あれよりいい物を作らなければ、という気負い。

それもあって、今年は昨年以上に抜かりのないように準備をした。ただそうやっていざ現場に入ってみると、やっぱり僕は英語ができなくてポンコツなのだった。

それでもエイドリアンやボランティアできてくれた皆さんや、いろんな人のおかげでイベントは成功に終わった。「これもみんなのおかげです」という締め方はものすごく月並みで、いちおうプロの物書きであるライターとしては書きたくないのだけど、でも実際にそうなものは仕方がない。本当にみんなのおかげでイベントは成功に終わった。手伝っていただいた皆さん、本当にどうもありがとうございました。
今回のヘボコンで、MakerFaireの母体である雑誌「Make:」のエディターズ・チョイスを4つ、教育によいプロジェクトに送られるベスト・イン・クラスをひとついただきました!(自慢です)
今回のヘボコンで、MakerFaireの母体である雑誌「Make:」のエディターズ・チョイスを4つ、教育によいプロジェクトに送られるベスト・イン・クラスをひとついただきました!(自慢です)


そして、これって今回のイベントに限った話ではなくて、ヘボコンがここまで世界に広がったこと自体も、あんまり僕の力ではない気がしている。世界のヘボコンを盛り上げてくれたのは、世界各地に散らばったオーガナイザー達だ。僕はそれを「いいね」ボタンを押しながらぼんやり眺めてただけである(僕も自分のイベントはやったけど)。

ヘボコンは自分が立ち上げて今も自分が運営しているプロジェクトだけど、それでいて、自分も参加者の一人に過ぎないという感じもする。無責任な感覚かもしれないけど、実際に僕が何もしなくても外国でイベントは月10本ペースでどんどんあるし、ヘボコンの歌ができたり、新しい競技が考案されたり、勝手にどんどんいろんなことが起こっていくのだ。不思議。3年たってもいまだに不思議だ。

これがずっと続けばいいな、と思う。続くようにうまくコントロールしなきゃいけないのはやっぱり僕なんだろうけど。がんばろう。
おしらせ

8/5〜6(土・日)に開催されるMaker Faire Tokyoでもヘボコンを開催予定!
近日中にデイリーポータルZにて正式告知します。

その他、ヘボコンの最新情報はFacebookグループにて!
おまけ。当日のタイムラプス動画です。アメリカの夜明けも見られます

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓