人気記事まとめ 2017年7月1日
 

さくらごはん、でかい紙に応援メッセージ 今週の人気記事

!
こんにちは。デイリーポータルZ編集部の藤原です。

このまとめは6/22〜28にデイリーポータルZで公開された記事からのよりぬきまとめです。

最近デイリーポータルZでは、他のライターのプレゼンを聞いてそれを記事にするというやり方を試しています。シュレッダー売り場のぶらぶらなど、そのまま本人が記事にすると読者との溝が発生しそうなのを、聞き手が埋めようという狙いがあります。

プレゼンする側も気兼ねなくやってくれるので、ここぞとばかりに無茶苦茶言ってくれて、たのしいことになっています。

それでは一週間のまとめをどうぞ。

!

今週の役に立ったりちょっとためになる記事


炊飯器で梅ジュース、梅サワー、梅酒を作る

2017年06月26日公開 ライター:玉置豊

“青い梅の実をたくさんもらった。『6月あるある』だ。

“一気に15年くらい経ったような変化である。炊飯器は梅にとってのタイム風呂敷なのだろうか。

“一夜漬けの梅酒とは思えないまろやかさに驚く。
時間がかかるイメージのあった梅シロップが炊飯器の保温で一晩でできました。梅酒にも挑戦、普通のものとはちょっと違うもののできてます。(古賀)
時間がかかるイメージのあった梅シロップが炊飯器の保温で一晩でできました。梅酒にも挑戦、普通のものとはちょっと違うもののできてます。(古賀)

「京濱伏見稲荷神社」は狐のワンダーランドだった

2017年06月28日公開 ライター:井口エリ

“今回参拝した稲荷神社は、そんな小さい頃の自分も「かわいい」と手を叩いて喜びそうな稲荷神社である。

“「京濱伏見稲荷神社」は何かとスケールが大きい。手水鉢も水がたっぷり450リットルも入るのだという。

“神社はエンターテイメントだ!
武蔵小杉駅から歩いていける神社に108体の狐の像がありました。狐ですらないカエルも居てなんだかわかりませんが、しぐさがかわいいですね。
武蔵小杉駅から歩いていける神社に108体の狐の像がありました。狐ですらないカエルも居てなんだかわかりませんが、しぐさがかわいいですね。

スマホが盗まれた時のために訓練をしよう(iPhone/Android対応)

2017年06月26日公開 ライター:井上マサキ

“「新幹線は意外と泥棒が乗っているからテーブルに置いたままにするのは危険」と身をもって警告するよしださん。

“自首をうながすメッセージも送れる

“心理テストだってできる。ただしメッセージは一方的に送りつけるものなので、回答を聞くことはできない。
「iPhoneを探す」と「Androidデバイスマネージャー」で泥棒に警告音とメッセージを送る。スマホを盗難から取り戻したライターに習います。
「iPhoneを探す」と「Androidデバイスマネージャー」で泥棒に警告音とメッセージを送る。スマホを盗難から取り戻したライターに習います。

醤油を入れて炊いた「さくらごはん」のうまさ

2017年06月28日公開 ライター:林雄司

“さくらごはんは静岡で一般的だが、炊飯器を外に持ち出すのは一般的ではない。

“ある日、故郷の味が恋しくなって調べたら、ただの醤油味であることを知ったのだという。

“「具がないのにこんなに美味しいのが素晴らしいと思うんです! 炊き込みごはんで具がないと『なんで〜』ってなるけど、おさくらごはんだとならないんです!」
炊き込みごはんで具がないとがっかりするけど、おさくらごはんだとなりません。なぜならさくらごはんには元から具がないから。(林)
炊き込みごはんで具がないとがっかりするけど、おさくらごはんだとなりません。なぜならさくらごはんには元から具がないから。(林)

NYの路線図が分かりづらくてスカートがまくれる

2017年06月23日公開 ライター:大山顕

“あまりにわけがわからなすぎてどう説明していいかすら分からないし、そもそもぼく自身がまだちゃんと理解していない

“マンハッタンの地下鉄はおおむね地表のすぐ下を走っている印象が強い。

“「SUBWAY」ってそういうことか! と。ロンドンは絶対的に「UNDERGROUND」だが、ニューヨークは「サブの道」なのだ。なるほど。
ニューヨークの地下鉄は路線図が分かりづらい。そのわけは…記事をご覧ください。きっと「SUBWAY」ってそういうことか!となるはず。
ニューヨークの地下鉄は路線図が分かりづらい。そのわけは…記事をご覧ください。きっと「SUBWAY」ってそういうことか!となるはず。

さてさていかがでしょうか。

先日の水曜どうでしょうの藤村ディレクターとのイベントで、「2人か3人を組み合わせたらどうか」というアドバイスと素直にやってるわけですよ。鈴木さくらさんのさくらごはんプレゼンなんて、自分で書いた記事では出てこないだろう本人のキャラクターが出ていて面白いと思います。

次のページはチャレンジ系の記事まとめです。ライター江ノ島さんが出てきた記事が3本あったので並べてみました。ではどうぞ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓