広告企画♪ 2017年7月20日
 

彦根の心霊スポットが本気で怖い〜地元の人頼りの旅in滋賀県〜

三脚でインターバル撮影をしていたら1枚だけ…
三脚でインターバル撮影をしていたら1枚だけ…

地元の人に個人的なお薦めスポットを聞きながらまわる旅である。ガイドブックで紹介されるお散歩コースとは違い、一体どこにたどり着くかやってみないと分からない。時には心霊スポットまで紹介されてしまうのだ。

今回やってきたのは、彦根城とひこにゃんで有名な滋賀県彦根市。いったいどんな旅になるのだろうか。





※これまでいろいろな場所で取材をした記事を読めば誰もが知ったかぶりできるはず。「知ったかぶり47」は、デイリーポータルZと地元のしごとに詳しいイーアイデムとのコラボ企画です。

愛知編:名鉄のナナちゃん人形の股を覗いてはいけない〜地元の人頼りの旅 in 名古屋〜
鳥取編:まさか鳥取でうどんを食べるとは〜地元の人頼りの旅in鳥取市〜

東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」

前の記事:「水曜どうでしょう藤村DがデイリーポータルZに再ツッコミ!〜一体どういうおつもりですか?〜」
人気記事:「「コーラと同じ量の砂糖が入った水は飲めたもんじゃない」は本当か」

> 個人サイト twitter

お城と琵琶湖がすぐ!

コンパクトな彦根駅を出ると、目の前には滋賀県を代表する(と後で知った)デパート平和堂があり、その隣の通りをまっすぐ進んでいけばもうそこは国宝の彦根城。そしてその先は日本一の広さの湖、琵琶湖がある。

自転車でまわるとちょうど楽しめそうだ。
滋賀県のデパートといえば平和堂、らしい。
滋賀県のデパートといえば平和堂、らしい。
さっそく駅前のレンタル自転車屋さんと、この辺りでは有名というブラブラおじさんに聞く。
さっそく駅前のレンタル自転車屋さんと、この辺りでは有名というブラブラおじさんに聞く。
まず向かったのは、2016年に重要伝統的建造物群保存地区に制定されたばかりというエリア。かつては中山道と彦根城を結ぶ繁華街だったという。

お薦めスポット1:芹町・河原町の街並み

芹町。江戸時代の建物が多く見られる。道路の狭さが当時のままでいい雰囲気。
芹町。江戸時代の建物が多く見られる。道路の狭さが当時のままでいい雰囲気。
河原町の花しょうぶ通りへと続く。明治〜昭和初期のモダン風の建物も見られるように。
河原町の花しょうぶ通りへと続く。明治〜昭和初期のモダン風の建物も見られるように。
あちこちに見応えのある建物が残っており町歩き好きにはかなりワクワクする通りだ。ただかつての賑わいは無く、出歩く人は少なめ。

というのも彦根駅からは少し離れていることと、彦根城の前にキャッスルロードという昔を再現した通りができ、観光客はここまで足を延ばさないからだという。
こちらは彦根城前の昔を再現したキャッスルロード。観光しやすいように道幅が拡張されてて人通りも多い。
こちらは彦根城前の昔を再現したキャッスルロード。観光しやすいように道幅が拡張されてて人通りも多い。
キレイに整理されたキャッスルロードも良いが、彦根の伝統的な建物を見たいなら断然こっちが良い。ただ、人がいないのだ。
彦根に縁が深い石田三成を紹介する展示施設。誰もいなくて寂しい。
彦根に縁が深い石田三成を紹介する展示施設。誰もいなくて寂しい。
そのお隣の建物が気になって覗いてみると、ご夫婦が招き入れてくれた。
そのお隣の建物が気になって覗いてみると、ご夫婦が招き入れてくれた。

(自分で見つけた)お薦めスポット2:宇水理髪館

たまたま覗いたこちらの理髪店は昭和11年建築の国登録有形文化財だった。建物の上の方がバリカンを模していたり、当時は珍しいタイル貼りの内装など、お母さんがいろいろと紹介してくれた。
このあと2階まで案内してくれて、建物の細やかな意匠や骨とう品を見せてくれた。ちょっとした博物館だ。
このあと2階まで案内してくれて、建物の細やかな意匠や骨とう品を見せてくれた。ちょっとした博物館だ。
建物の可愛らしさから、建築を学んでいる人や観光できた外国人なんかがフラッと立ち寄るようで、案内は慣れっこなのである。

今では珍しいシャワー台もあった。
蛇口が4つあるシャワー台が3台。このシャワーヘッドは壊れたらもう直せる人はいないのだとか。古いと保存が大変だそうだ。
蛇口が4つあるシャワー台が3台。このシャワーヘッドは壊れたらもう直せる人はいないのだとか。古いと保存が大変だそうだ。
お母さんの説明のあと、お父さんの話が始まった。
お母さんの説明のあと、お父さんの話が始まった。
お二人の話によると、通りを挟んだとこのエリア一帯が昔は遊郭で、芸妓さんがたくさんいたのだとか。遊郭はその後飲み屋街になったものの、やはり徐々に静かになり今では開いているお店が一気に減ってしまったという。

お薦めスポット3:遊郭があったエリア

スナックの看板がたくさん! やってる所は減ったそうだが。
スナックの看板がたくさん! やってる所は減ったそうだが。
赤色のベンガラ格子の建物や、こういった風情ある建物も散見できる。
赤色のベンガラ格子の建物や、こういった風情ある建物も散見できる。
元・遊郭であり現スナック街とあってさすがに保存地区から外されているようだが残ってほしい景色だった。

お薦めスポット4:七曲がりの仏壇街

お父さんはさらに、川を渡った所にある七曲りというエリアを薦めてくれた。地図を見ると確かに、7か所骨折しちゃった蛇のような道路がある。
全部仏壇屋さんだ! そして、急に曲がり角が現れるのが見どころ。彦根城へ容易にたどり着けないようにしたためだとか。
全部仏壇屋さんだ! そして、急に曲がり角が現れるのが見どころ。彦根城へ容易にたどり着けないようにしたためだとか。
彦根はかつて3Bの地場産業で栄えてきた。それは「仏壇・バルブ・ブラジャー(繊維)」で、彦根仏壇はその一つだそう。

昔は分業制で、この辺一体の家ごとに金具担当、彫刻担当、漆塗り担当、と言う風に分かれていたらしい。
彦根仏壇は大型で、木目を出しているのが特徴。1000万円を超えるものもある。
彦根仏壇は大型で、木目を出しているのが特徴。1000万円を超えるものもある。
今では後継者不足になり仏壇屋さんは一部に限られているそうだが、立派な家々が残ってるのを見ると当時の栄華が伺える。
「この辺で食べるならあそこやな」
「この辺で食べるならあそこやな」
お腹が空いたので、地元の方おすすめの食事処へ向かった。


カロムって何?など。
滋賀県についてさらに詳しく知りたい人はこちら。



 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓