特集 2017年7月14日
 

アメリカの非常階段ってなんかすてき

これは "SPRING STREET SALT SHED" という建造物。凍結防止のために道路に撒く塩の倉庫だ。塩の結晶をモチーフにしている。
かっこいい。
かっこいい。
一昔前のCGっぽい。
一昔前のCGっぽい。
これもいつか中を覗かせてもらいたいと思う。
これもいつか中を覗かせてもらいたいと思う。
見ていたのは非常階段ばかりではないぞ、という趣旨でご紹介したが、こうやってみると結局ぜんぜん一般的ではない。自由の女神もエンパイア・ステート・ビルも見てないしな。次回はちゃんと見に行こうと思う。

いやでもやっぱり、非常階段を登り降りするのが先だな。
あと、こういうこれまたTVドラマや映画で出てくる芝生が植えられた前庭があるいかにもアメリカっぽい住宅をじっくり見てみたい。
あと、こういうこれまたTVドラマや映画で出てくる芝生が植えられた前庭があるいかにもアメリカっぽい住宅をじっくり見てみたい。
こういう感じのどうってことない住宅街を。車ないと行けないんだよねー。今回たまたまそれっぽいところを偶然通りかかったんだけど、じっくり見ることができなかったのが心残り。
こういう感じのどうってことない住宅街を。車ないと行けないんだよねー。今回たまたまそれっぽいところを偶然通りかかったんだけど、じっくり見ることができなかったのが心残り。
ここには「7人ぐらいのこびと」がいて、感動した。
ここには「7人ぐらいのこびと」がいて、感動した。

1年ぐらい滞在してじっくり非常階段を愛でたい


閑話休題。

ふたたび非常階段の話を聞いてください。

たくさん見ていくと、階段の走り方にも色々あることに気がつく。そしてしだいに「好みの階段」というものが生まれてくる。
「階段の走り方」における「ペア問題」。このようにシンメトリーにデザインされたものもあれば(それにしてもすごく急勾配)
「階段の走り方」における「ペア問題」。このようにシンメトリーにデザインされたものもあれば(それにしてもすごく急勾配)
同じ左流れで対称ではないものも。個人的にはシンメトリーの方が好き。
同じ左流れで対称ではないものも。個人的にはシンメトリーの方が好き。
これは最後で階段の向きが変わるケース。いい。色もいい。
これは最後で階段の向きが変わるケース。いい。色もいい。
最後、階段の位置がずれるというケースもよくある。1階が店舗の場合に多い。
最後、階段の位置がずれるというケースもよくある。1階が店舗の場合に多い。
建物の幅が小さいと、勾配を緩くするために、真ん中の窓が飛ばされるというものも。これ、きらいじゃない。最後のハシゴの設置の仕方もいい。
建物の幅が小さいと、勾配を緩くするために、真ん中の窓が飛ばされるというものも。これ、きらいじゃない。最後のハシゴの設置の仕方もいい。
建物による走らせ方に対する考え方の違いが対比的に表れていて興味深い。右にくらべ、左は勾配を緩くするために真ん中を飛ばしている。やさしい。右は最後ハシゴだが、左は「じわーっと」タイプ。いい。
建物による走らせ方に対する考え方の違いが対比的に表れていて興味深い。右にくらべ、左は勾配を緩くするために真ん中を飛ばしている。やさしい。右は最後ハシゴだが、左は「じわーっと」タイプ。いい。
もちろん(ってなにがもちろんなんだか)、ビルの高さも問題になる。

これまで紹介したものはどれも低層ビルばかりだった。どうやら高層のものの非常階段を、ぼくはあまり好かないらしい。ほとんど写真を撮っていなかった。
これぐらいがぎりぎり好みの範疇かな、という感じ。たぶんそもそもある程度以上の高さのビルは内部の防火区画とかがちゃんとしてて、非常階段が表につける必要がないのだと思う。
これぐらいがぎりぎり好みの範疇かな、という感じ。たぶんそもそもある程度以上の高さのビルは内部の防火区画とかがちゃんとしてて、非常階段が表につける必要がないのだと思う。
これぐらいの高さになっちゃうと、日本の非常階段と変わらない風情になって楽しみが少ない。正面ファサードにないのも駄目だ(駄目ってことないが)。
これぐらいの高さになっちゃうと、日本の非常階段と変わらない風情になって楽しみが少ない。正面ファサードにないのも駄目だ(駄目ってことないが)。
おそらく1年ぐらい住んだら、もっと細かい好みがでてきて、より味わい深く鑑賞できるようになると思う。今回は滞在期間が短くて残念だ。いつか非常階段を見るためだけに長期滞在したい。

最後にわかりやすい(と思う)非常階段の目でポイントをご紹介して終わりにしよう。

それはビルに落ちる非常階段の影の美しさだ。
壁面に対して太陽光線の角度が浅いときが、とくにいい。
壁面に対して太陽光線の角度が浅いときが、とくにいい。
影によって気づく柵の出っ張りなども。
影によって気づく柵の出っ張りなども。
レンガ模様とあいまって、すてき。
レンガ模様とあいまって、すてき。

もともと海外の話なうえに、なんとも共感しづらい話題で申し訳ない。でもいると思うんだよね、あの非常階段気になってる人。有志募ってツアーやりたい。
歩きながら写真撮りまくってたら「きみは写真家かなにかかい? ぼくを撮ってくれよ!」って言ってきた陽気なおにいさん。レンズを向けたら満面の笑みでポーズをとった。いい街だな、って思った。
歩きながら写真撮りまくってたら「きみは写真家かなにかかい? ぼくを撮ってくれよ!」って言ってきた陽気なおにいさん。レンズを向けたら満面の笑みでポーズをとった。いい街だな、って思った。

【告知】7月29日イベント『スリバチナイト5〜真夏の地図地理地形好き大集会!』

きたる7月29日の18時から、東京カルチャーカルチャーで「スリバチナイト5」やります。地形・地理好きのためのイベント。東京スリバチ学会会長の皆川さんと副会長の石川と、ぼくとで地面の凸凹について熱く語ります! 詳しくは→こちら

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓