特集 2017年7月15日
 

エビが立っている天丼はスカイツリーみたいだった

!
「鎌倉市大船の「食事処ときわ」の天丼がスカイツリーみたいでびっくりです。ぜひ、レポートをお願いします。」という投稿が、銭湯ボーイさんからはまれぽ.com編集部へとどいた。

大船駅前にて創業100年以上、老舗食堂が誇る「立っている海老天丼」は見た目も味も大満足。また、オーナーのキャラクターも最高でした。

(はまれぽ編集部)
はまれぽ.comは横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。はまれぽが体を張って徹底調査します。

前の記事:「69階展望フロアから地上へ合図を送った」
人気記事:「丘の傾斜を覆うように建つマンション「ルネ上星川」」


夏の暑さで食欲がだいぶビビッてきている今日この頃。そんなチキンな食欲には食べ放題やデカ盛り、大食い、家系や二郎のラーメンなどで対応するのが基本だよ、とおっしゃる親愛なるはまれぽ読者のために、今回はキニナル投稿にある大船の「食事処ときわ」をご紹介します。

ここの天丼のエビが、なんだかすごいことになっているらしいです。ではでは、大船へ行って来ます! 
観音様が待っている大船へ!
観音様が待っている大船へ!
駅東口階段降りて、信号を渡って、右に! 徒歩15秒ほど
駅東口階段降りて、信号を渡って、右に! 徒歩15秒ほど
緑色ののれんが目印! 「食事処ときわ」
緑色ののれんが目印! 「食事処ときわ」
表のメニュー看板をチェック。昼食メニューの永久不滅ランキングみたい
表のメニュー看板をチェック。昼食メニューの永久不滅ランキングみたい
お話をお伺いしたのは、2代目石井総一郎(そういちろう)さんと3代目洋彦(ひろひこ)さん
お話をお伺いしたのは、2代目石井総一郎(そういちろう)さんと3代目洋彦(ひろひこ)さん
まずは、2代目総一郎さん(82歳)にお店の歴史を聞く
まずは、2代目総一郎さん(82歳)にお店の歴史を聞く
「お店は創業100年以上。場所も大船、屋号も変わらず『ときわ』。戦後すぐの昭和21(1946)年、11歳の時からお店に立っています。当時は、葉山の行商が持ってくる魚をネタにして、お刺身、天ぷらをこしらえていました。昭和25(1950)年には寿司を握るようになり、メニューもそのころからほとんど同じ、変わりはないよ」と2代目総一郎さん。
3代目の洋彦さん(52歳)。鎌倉市消防団・本団部長も経験したとのこと
3代目の洋彦さん(52歳)。鎌倉市消防団・本団部長も経験したとのこと
その後、2005(平成17)年の店舗改装の時、メニューを3代目洋彦さんが見直した際、見た目のインパクトも大切だなということで「天丼のエビを立てる盛り方」を始める。

「ここらへん(鎌倉・大船)で昔から食堂といえば、そば、うどん、寿司、お刺身、天ぷらと、同じようなメニューだよ。だから見せ方を工夫しようと『エビが立っている天丼』をやってみたってこと」と3代目洋彦さん。
東京スカイツリーより先だったよ、でも・・・
東京スカイツリーより先だったよ、でも・・・
メニューに加えたはいいが、『エビが立っている天丼』という見た目のインパンクトも開始当時(東京スカイツリー誕生前)、まったく話題にならなかったそうだ。「まあ、小さなお店だから、誰も気がつかなかったんですよ」と3代目。

しかし2012(平成24)年5月の東京スカイツリー誕生後、テレビなどで紹介されて人気メニューになったとのこと。
忙しいのもほどがあるよなぁ〜
忙しいのもほどがあるよなぁ〜
「テレビの力はすごいよ。テレビにちょいと取り上げられただけで、毎日毎日天丼ばかりだから。くたびれちゃうよ。外国人も多いよ。それからはもう取材は断っていて・・・」と2代目総一郎さん。

「そうだ、おもしろい話があるよ。スマホの画像を見せてきて、天丼の注文をするお客さんの多くは、『天丼(エビ・穴子・野菜)』と『A天丼(エビ・カマス・野菜)』のどちらを注文すればいいのか悩むことが多くて。天丼もA天丼も、どちらも海老は立っているので、カマスと穴子の好みの違いなのにね(笑)、天ぷらにすると写真では分からないからね。だって私だって分からないもんね、食べないとね(笑)」
今回は写真注文でも分かりやすい海老天丼(1400円)を注文します
今回は写真注文でも分かりやすい海老天丼(1400円)を注文します

いよいよ実食レポ! いきます!

さてさて、いったいどんな天丼がやってくるのか? キニナル投稿にあったように、東京スカイツリーなのかな! まぁまぁ、創業100年以上の老舗店の天丼、それだけでも、期待値アップですね。それでは天丼が出来上がるまで、しばし、店内をご紹介します。
店内と厨房を分けるいい感じに色あせたのれん
店内と厨房を分けるいい感じに色あせたのれん
4人掛けテーブル席2つに奥のカウンター4席
4人掛けテーブル席2つに奥のカウンター4席
うどんもそばも、
うどんもそばも、
お刺身、焼肉、なんでもあるのが、
お刺身、焼肉、なんでもあるのが、
駅前老舗食堂の包容力!
駅前老舗食堂の包容力!
まるで、ウナギの寝床みたいな細長い店内。12年前の改装で、2代目3代目が目の届く大きさと落ち着きあふれる空間にリニューアルしたそう。各種定食もランチタイムだけじゃなく、準備中なしの通し営業のため、遅めの昼食も楽しめるのは、なにげにうれしいです。午後7時45分の閉店とちょっと早いような気もしますが、遅めの昼食や大船飲みの待ち合わせ、その前のひっかけの一杯とか、いろいろと用途がありそうです。心のメモ帳にメモメモ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓