特集 2017年7月17日
 

手品師に集団で論破されたい

!
斎藤「別に見たくないのに、手品見せてくれるおじさんっていますよね。ぼくがサラリーマンで営業やってたときに、取引先に一人いたんです。でもなんか、見せられてもなぁって感じなんですよね」

植田「それな〜マジックハラスメントな!」

戸崎「そういう造語あるんですよ。マジハラ」

ここでみな「そういうことあるよね」と納得。あるあるなのか……。ちょっと待て、こちらが論破してしまったじゃないか!

野島「『マジック始めたてあるある』で、すごい人間になった気がしちゃうっていう。なんか一般人とは違うんだぞ、みたいな気持ちにさせる要素があるんですよね」

斎藤「それは、人を騙せるから?」
!
野島「マジックはタネがバレるかバレていないかで、反応が0か100かどっちか。そこそこウケるのは、無いんです。ちょっと練習しただけで、いきなり100の反応が取れちゃうこともある。そこが勘違いさせる要素かも」

植田「東急ハンズでマジックグッズを買ってきて、2〜3日練習すればできちゃいますからね」

さっきの戸崎さんの「手品やんなきゃよかった」が裏付けられた話だ。それにしても興味深い。手品の本質はタネにあるのか、パフォーマンスになるのか。そんな話にもつながるのではないか。
!
斎藤「次はみなさんの人間性を否定していきます。正直もう何を見ても驚くことはないのではないですか? 手品を見すぎて実は手品に飽きていませんか? あなたたちみんな、無感動な人間になっているのではないですか? おいコラ、どうなんだッ?(演技)」

トーマ「僕は驚かないってことは、ないですね。既に知ってるものでも、新しい見せ方を知ると驚くので。他の方に比べて、マジック歴が浅いってのもありますが」

野島「既存のネタを変えたものに関しては『ここを変えたんだな』ってわかります。ただ、完全オリジナルの物を出されると、もうわかんないです。未だに驚きます。
去年まで、マジックショップで働いていて、年間に200品ぐらい、サンプル見るだけなら400品は見ていました。そうすると『すごいな!』っていうのはあります。そこでタネ見て『うわ、自分が知ってるやつだった!』っていうのも驚きます」

手品師はマジックショップに騙される

!
植田「マジックショップの話が出ましたけれど、マジックの道具って、今は動画で現象を見せてくれるのが多いんです。でも、動画は一番いいところしか見せない。あやしい動きをしているところはカットしている。ショップ動画に騙されることがあります」

トーマ「僕も騙されます。とりあえず買って研究する。でも、これうたい文句と違うじゃん! みたいなことはしょっちゅうです」

戸崎「うたい文句で『お客さんに手渡し可能です』とか言ってるけど、途中ですり替える必要があったり。いやいやいや……。それは手渡し可能じゃないだろうって」

ここで「あるある!」という感じで、手品師一同爆笑。何がおもしろいのか全く僕にはわからないが……。

野島「特にひどいのは××(手品ショップ名)な! そこ余裕でアウトな書き方するんですよね」

トーマ「あー! ありました! 買った瞬間に『ウソやん』ってなるときが!」
!
斎藤「手品師がショップに騙されるのおもしろいですね」

トーマ「でも基本的に投資だと思っているので。騙されるというか勉強ですね」

この質問では人間性を疑ってみたのだが、逆に手品師の人間らしさがよくわかった。みんな、つらい思いをしながら技術を磨いているんだなあ……。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓