特集 2017年7月22日
 

鉄道写真の手法で人を撮ると人は鉄道に見えるのか

見えた!
見えた!
鉄道写真には写真のテクニックが凝縮されている。

そのテクニックを駆使して人を撮ると、それはもう電車に見えるんじゃないだろうか。

やってみました(見えました)。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。

前の記事:「カレーが湧き出す「カレーファウンテン」には手打ちうどんが合う」
人気記事:「鳥取から一番近いスタバは東京って本当か」

> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

鉄道写真のプロに来てもらいました

今回、鉄道写真のノウハウを教えてくれるのは鉄道写真マスターの金子さん。鉄道写真歴は10年以上。フォトマスター検定1級を取得しており、企業の写真講座等で指導することができるという本物だ。今はなぜか僕の席の近くで鉄道と関係ない仕事をしている。
鉄道写真マスター金子さん。Tシャツがかわいい。
鉄道写真マスター金子さん。Tシャツがかわいい。
金子さんには今日は鉄道写真の撮り方について教えてもらい、その手法を実際に現場で実践してほしい、とお願いしてある。おおすじで間違ってはいない。
そこに今日のモデルが現れた。
そこに今日のモデルが現れた。
金子さんに撮影してもらうのはライターの地主くんである。

地主くんはハワイにいたかと思うと中国にいたりと、長距離の移動を得意としている。もはや電車と言っても過言ではない存在である。
ほぼ電車。
ほぼ電車。
というわけで今日は金子さんに電車を撮る手法で地主くんを撮ってもらいたい。地主くんが一瞬でも電車に見えたらわれわれの勝ちである。
「見えるわけないじゃん!」「ですよねー」
「見えるわけないじゃん!」「ですよねー」
しかしこういう難解な企画に付き合ってくれる友人こそが人生の資産といえよう。地主くんは僕がかれこれ10年くらい担当編集をやっているので断りにくかった、ということかもしれないが。

まあやってみないとわからないし、休日に大人3人が予定をあけて集まったのだ。この会がなんらかの意味をなすよう、とりあえずやってみましょう。

この近くにちょうど金子さんのオススメ電車スポットがあるというので移動することにした。
ここ。
ここ。
金子「ここはいいですよ。小田急線の線路が直線だし背景が空で抜けてる。夏っぽい写真が撮れるんじゃないかな」

鉄道写真において撮影場所は3番目に大切である。1番目は鉄道、2番めは命。

金子「有名な撮影スポットは鉄道写真好きには『お立ち台』なんて呼ばれて共有されているんです」

ここ多摩川の河川敷も鉄道写真にはもってこいなのだとか。でも金子さん、今日撮ってもらうのは地主くんですが、大丈夫でしょうか。
「だったら背景は空より緑の方がいいかもしれないですね」
「だったら背景は空より緑の方がいいかもしれないですね」
「あー、いい。緑の中を走るローカール線みたいな写真が撮れますよこれは」
「あー、いい。緑の中を走るローカール線みたいな写真が撮れますよこれは」
またたくまに金子さんにスイッチが入った。さすがプロである。すでに地主くんが電車として見はじめているのかもしれない。
「あっちから走ってくる感じにしましょう」
「あっちから走ってくる感じにしましょう」
対してモデルである地主くんのいいところは趣旨を理解しなくてもやってくれるところである。

前にも川の対岸で携帯が着信しているから持ってきてほしい、というお願いや、家のチャイムを誰でも鳴らせるよう改造させてほしい、などという間違えたGoogle翻訳みたいなお願いにも疑問を持たず対応してくれた。予告せず海外に連れて行ったことも何度かある(記事1記事2)。
理解するより先に電車になる地主くん。
理解するより先に電車になる地主くん。
鉄道写真の鬼とイノセントの化身、この二人の才能が出会ったら大変なことになるかもしれないぞ。可能性だけは怖いほど感じる。

正面ドカン

金子「鉄道写真といえば、なんといっても正面ドカンでしょうね」

正面ドカン。いきなり知らない単語が出た。どういうことかサンプルをあげて説明してもらった。
これが正面ドカン。金子さん撮影。
これが正面ドカン。金子さん撮影。
【正面ドカン】
文字通り列車の正面がドカンとアップで写るよう撮影した写真のこと。
この手法を活かして人を撮るとこうなる。
正面ドカン。
正面ドカン。
見よこの眼力。直前まで「いまデイリーで完全なフリーランスって少なくなりましたよね」とか弱気なことを言ってたとは思えない堂々とした車体である。

正面ドカンには少し角度をつけて列車の後ろの方まで見せるパターンもある。
一種の正面ドカン。
一種の正面ドカン。
最後のフリーランスになっても廃線にならず頑張ってほしい。
最後のフリーランスになっても廃線にならず頑張ってほしい。
どうだろう。いま「見えた!」という人もいたんじゃないだろうか。少なくとも僕と金子さんには見えた。

見えてこない人のために、次のページからはさらにわかりやすい例で撮っていきたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓