特集 2017年7月28日
 

フルーツドレスがあるならダムドレスもあっていいだろう

つまりこういうことです
つまりこういうことです
フルーツドレスが流行っている、とネットのニュースで読んだ。

セレブやモデルやアイドルなどが、カットしたフルーツを洋服に見立てて写真を撮り、インスタグラムなどで公開し多くのいいねをもらっているという。僕も何点か写真を見てみたが、まあ確かにかわいらしい。

でも洋服に見立てるなら何もフルーツでなくても良いだろう。たとえばダムでも良いではないか。

インスタグラムやっていないけれど、ダムドレスにトライしてみた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「不動の絶叫マシン、宮ヶ瀬ダムを味わい尽くす!」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


おっさんがフルーツドレス

まずは状況の確認とオリジナルへのリスペクトを兼ねて、オーソドックスなフルーツドレスにトライしてみたい。というわけでスーパーの果物売り場へ向かった。いろいろな写真を見ると、どうやらスイカを使うのがもっともポピュラーなようだ。
僕はいまかなり不純な動機でスイカを選別しています
僕はいまかなり不純な動機でスイカを選別しています
どんな形のスイカがいいか、アイドルの女の子のフルーツドレス写真を表示したスマートフォンを片手に選んでいたら、隣で同じくスイカを見ていた主婦に二度見された。違うんですそういうのじゃないんです(でもホントはそういうのです)。

気を持ち直し、家に帰ってスイカをカットする。三角形のスイカの頂点にあたる、首のところだけを水平に切ったシンプルな形でも良さそうだけど、せっかくなのでウエストを絞って本格的なドレスっぽくしてみたい。
スイカドレスにうってつけのセットがあった!
スイカドレスにうってつけのセットがあった!
こんな細いウエスト…入るだろうか…
こんな細いウエスト…入るだろうか…
ドレスっぽく切るのもあんがい難しい。ちょっと不恰好だけど、マイファーストドレスができあがった。切ったスイカのドレスをタッパーにしまって、続いてダムドレスの作成だ。

手持ちのライブラリの中から、「着れそうなダム」の写真を探す。なるべく正面から撮った写真を何点か選び、プリントアウトして堤体の形に切り抜いた。
プリンター持っていないので街の写真屋さんでプリントしてもらった
プリンター持っていないので街の写真屋さんでプリントしてもらった
ダムの形に切り抜いて…
ダムの形に切り抜いて…
この時点で「何か違う」という予感はあった
この時点で「何か違う」という予感はあった
さて、これらを持って撮影へ。まずはスイカのフルーツドレスに挑戦してみる。
#スイカドレス #これはひどい #自覚あります #でもカイカン
#スイカドレス #これはひどい #自覚あります #でもカイカン
たぶん半年後とかに見返したら恥ずかしさで布団の上を転げ回る羽目になると思うけれど、いまは流行に乗った満足感がある。流行とは体験してこそ何か言う権利が生まれるのだ。

でもやっぱり自分だけでは恥ずかしいので、撮影に協力してもらった編集部の橋田さんの写真も載せてしまおう。
#あれ、成立してる
#あれ、成立してる
いや「あれ、」というのも失礼な話だけど、まったく違和感がない(という書き方も失礼だな)。立ち方とか手の形とか撮られ慣れていて、写真写りの基礎体力の差を見せつけられた感じがする。あと足元がパンプスなのも重要かも知れない。

何はともあれ、フルーツドレスは体験した。しかしフルーツは洋服ではない。それなら「洋服ではない」という土俵上においてダムも対等なのではないか。したがってダムドレスもあっていいはずだし、お気に入りのダムを着てみたい。そしていいねがほしい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓