特集 2017年7月28日
 

「科学と学習」の教材付録の裏話、聞かせて!

「科学と学習」の教材付録について、根掘り葉掘り聞いてきました!
「科学と学習」の教材付録について、根掘り葉掘り聞いてきました!
「科学と学習」をご存知ですか?

学研から1946年から2010年まで発行された子供向け科学雑誌。日本中に科学好きの少年を増やした、科学技術立国JAPANの立役者と言ってもいい。

そんな立役者の中の人たちに、ひょんなことから取材できることになった。今明かされる、衝撃の事実たち!「教材は編集長ひとりで考える」「教材の素材は味が決め手」「教材の試作屋跡継ぎ問題」…と、はい、正直教材付録の話ばっかりです。かつて読者だった科学仲間よ!郷愁の海に潜ろう。
1984年大阪出まれ、2011年からベトナム暮らし。日本から3600km離れた土地で、ダチョウに乗ったり、ドナルドのコスプレをしたり、札束風呂に入ったりしている。

前の記事:「地元のワルがたまる場所を募集します」
人気記事:「ベトナムの丸亀製麺はパクチー盛り放題」

> 個人サイト べとまる

まずは知的好奇心むきだしの大人たちをご覧あれ

東京は五反田にある、学研ビル。
東京は五反田にある、学研ビル。
その過去の教材の展示室に、私と、ライターの西村さん、編集の古賀さんがいた。
その過去の教材の展示室に、私と、ライターの西村さん、編集の古賀さんがいた。
「これは電池がなくても聴けるラジオで…」「へーっ」
「これは電池がなくても聴けるラジオで…」「へーっ」
「うわっ、ほしい!地図記号のスタンプだ!」
「うわっ、ほしい!地図記号のスタンプだ!」
「わ〜なにこれ!再販してほしい!」
「わ〜なにこれ!再販してほしい!」
はい、説明します!ちょっと長くなるけど!

「科学と学習」と「教材付録」をご存知ですか?

1946年創刊の小学生向け雑誌で、学校の学習指導要領と連動した内容が、漫画や写真を交えながら楽しみつつさらに学べる毎月発行の定期購読タイプの雑誌。「科学と学習」というように、「●年の科学」と「●年の学習」の2つの雑誌に別れ、各学年(1〜6年)で合計12誌あった。

どちらも2009〜2010年に惜しまれながら休刊したが、最高部数は毎月670万部(!)、「まだかなまだかな〜学研のおばちゃんまだかな〜♪」と聴けば、「あっ、おばちゃんだ!」と合いの手を入れたくなる人も多いだろう(おばちゃん=各家庭に配達する、学研の販売員)。私には郷愁の権化、そのものだ。

そんな「科学と学習」のキラーコンテンツというか、切っても切り離せない存在が「教材付録」。毎月雑誌に付いてくる付録で、光る骨格模型、酸性雨調査キット、カブトエビ飼育セット…子どもの知的好奇心をえぐる切り口と、プラスチックや試薬などのもはや付録の枠に収まらない贅沢さ!母親とおばちゃんの世間話を傍目に、付録を居間に持って行ってすぐ開ける。幼い頃は漫画をあまり買ってもらえない家庭で育ったので、有り余るコンテンツ消費欲は「科学と学習」にたっぷりと注がれた。そんな憧れの学研に、ひょんなことから取材できることになったのだ。
ひょんなことの詳細は、「27年前に見たウルトラマン製造工場は幻だったのか」という記事にて。最後の宣言通り、こうしてやって来たという訳です。
ひょんなことの詳細は、「27年前に見たウルトラマン製造工場は幻だったのか」という記事にて。最後の宣言通り、こうしてやって来たという訳です。

教材付録、改め「科学キット」は今もすごかった!

お話を聞くお相手は、STEAM事業室(科学、技術、工学、芸術、数学のこと)の橋爪さん(左)と、科学教材開発チームの西脇さん(右)。
お話を聞くお相手は、STEAM事業室(科学、技術、工学、芸術、数学のこと)の橋爪さん(左)と、科学教材開発チームの西脇さん(右)。
デイリーからは私を含む、冒頭の三人(古賀さん撮影)。 ちなみに西村さんは「学習」の読者だったそうです。
デイリーからは私を含む、冒頭の三人(古賀さん撮影)。 ちなみに西村さんは「学習」の読者だったそうです。
私「2010年の休刊の後、今売られている教材って『大人の科学』だけという認識で合ってますか?」

橋爪さん「いや、子ども向けの教材は『科学キット』として書店で売られていますよ。今日は過去の人気教材からリニューアルしたものを中心に持ってきました」

私「え!そうなんだ。完全に勘違いしていました」
大人の科学。エレキギターや真空管ラジオなどチョイスが渋い。
大人の科学。エレキギターや真空管ラジオなどチョイスが渋い。
科学キットの一例。人気教材のリニューアルという『お天気予報パーフェクトセット』。風向・風速・気圧・温度・湿度・雨量が調べられ、明日の天気予報まで出来るスグレモノ。
科学キットの一例。人気教材のリニューアルという『お天気予報パーフェクトセット』。風向・風速・気圧・温度・湿度・雨量が調べられ、明日の天気予報まで出来るスグレモノ。
西村さん「これほしいな…」

西脇さん「もともと、5年の科学の人気教材で毎年付いていたものですね。お子さんがベランダで使うものなので、マンションを見ればこれがあるかどうかで、どの家庭が購読しているか一目で分かるという指標になっていました」

私「まさに学研帝国や…」
紫外線を測るキット。子どもばかりでなく、日焼けを気にするお母さんといった大人も含めた需要もあるとか。
紫外線を測るキット。子どもばかりでなく、日焼けを気にするお母さんといった大人も含めた需要もあるとか。
私「あ、これ、覚えてる!ただ、デザインはもっと子ども向けで、豚のキャラクターのシートの上から日光を当てると、その部分だけくっきりと残るものだったような」

西脇さん「あ、ありました。ペンケースにもなるやつですね」
おばけえび飼育観察キット。
おばけえび飼育観察キット。
おばけえびはもとはアルテミア・サリーナというプランクトンだが、科学と学習が名付けたことにより、小学生の間ではおばけえびの名前で知られるようになった。科学と学習の教材の素晴らしいところは、この好奇心を掻き立てるネーミングセンスだ。
「おー、見える見える!」
「おー、見える見える!」
これ。
これ。
うーん!いずれの教材も懐かしい…。ただ、その材質やパッケージなど、全体的に品質が向上しているので、どことなく昔観ていたアニメのリメイクを見ているような気分になる。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓