特集 2017年7月30日
 

書き出し小説大賞 第127回秀作発表

!
書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)
雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。 著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。

前の記事:「書き出し小説大賞 第126回秀作発表」
人気記事:「書き出し小説大募集」

> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

相変わらず絶賛四十肩中です。とにかくブラジャーのつけ外しが辛く、ついにフロントホックを購入しました。それでは今回もめくる書き出しの世界へご案内しましょう!

書き出し自由部門

ポップコーンの弾けてないやつ。それが私だ。
g-udon
マンホールの蓋の柄がどうとか言っているうちに低い月が昇った。
井沢
白く美しい砂は海を吸い、足の下でぐにゃりと形を変えた。
夏猫
未だに楽な姿勢が見つからない。
ヘリコプター
今日も中央分離帯で母船を待っている。
ヘリコプター
部分的なフォローが、僕を傷つけた。
あや幹部
わたしはわたしが大好きだ。だから助けに行かなくちゃ。
あひる
私は二世タレントとして何度でも生まれ変わり、その都度に逮捕される。
マークパン助
格闘ゲームの背景で金網をゆらす彼にも妻子がいる。
大伴
打ち水が臭い。うまくいかないね。
もろみじょうゆ
夏を終わらせるときのために、線香花火を一本、とってある。
紀野珍
現物支給を、千切って増やす。
義ん母
自販機がはじく紙幣しか手元に無かった。
morin
彼女の「ヤッホー」が音痴だ。
君と僕と雨
「来たよー!」頭に湯気を立てた呼んでもない奴が来た。
茂具田
寸評●g-udon氏「ポップコーンの弾けてないやつ〜」フラッシュモブにも加わらない。●ヘリコプター氏「未だ楽な姿勢が〜」深い意味にも浅い意味にもとれる。サウナのリクライニングってどんなに微調整してもしっくり来ない。●あひる氏「わたしはわたしが〜」他人を助けに行くというより、弱っている自分を助けに行くと読みたい。●マークパン助氏「私は二世タレントとして〜」前前前生から僕は捕まっていたんだよ。●大伴氏「格闘ゲームの背景〜」金網揺らすのも仕事かもしれない。●もろみじょうゆ氏「打ち水が臭い〜」打ち水が臭いという意外性、うまくいかないねというションボリ感。前後の文が化学反応を起こして奇妙な読後感を生んでいる。●義ん母氏「現物支給を〜」現物はなんだろう?練り物的ななにか?●morin氏「自販機がはじく紙幣〜」あと海外(東南アジア)の小銭。●茂具田氏「来たよー!〜」帰るまで湯気は消えなかった。

続いては規定部門。今回のモチーフは『夕立』だった。雨宿りの時間つぶしにどうぞ。

書き出し規定部門・モチーフ「夕立」

夕立が、二人きりにした。
TOKUNAGA
夕立が、空き缶を満たした。
きつね
午睡から覚める。遠くで雷が鳴っている。
xissa
歯医者からスタートした土曜日は君のいない夕立ちを運んできた。
井沢
夕立はいつも、母の乳房を思い出させる。
いずいず
干しっぱなしの洗濯物よりも、雷が苦手な弟の方が心配だった。
Mch
水出しアイスコーヒーと膝の上の猫をお供に、遠くの雷鳴を聴いている。
夏猫
夕立を浴びたゆるキャラは、動きが鈍重になっていた。
たこフェリー
傘立てに差した瞬間、自分の傘を見失った。
紀野珍
夕立を刻む三角刀を研ぐ。
あひる
遊具は濡れると生き返った。
あや幹部
フードファイター50人vs夕立。
もんぜん
あの雲見てみぃ、こりゃ雨降るで、もう降るで、こりゃ降るで、あかん降るで、わしゃ逃げるで、降るで、降るで、降るで、降らへんの、降るんかいっ!
吉田髑髏
それは雷鳴ではなく、丸太を並べてモアイを運ぶ音だった。
morin
それを傘と呼ぶにはあまりにもブロッコリーだった。
夏模様
天狗はやれやれといった様子で番傘を畳んだ。その鼻先はひどく濡れていた。
Mch
紙のスーツがほぼ溶けきった。
g-udon
今?夕立古民家カフェから出てきたとこ。
茂具田
夕立は去り、懐かしい人を思い出した。
八重樫
互いに背中を背中に預け、軒下の二人は虹を待った。
kwsk
激しい雨音と僕の死体の他に部屋には何もなかった。
ぐるりん
点が地面を染めていく。
大伴
これ、いい突然だと思ったんだけどさあ、黒澤さんの突然なんだよなあ。
モリダイ
粘土で作った耳は夕立の音だけを聴くことができる。
桃アパートおばけ
夕立が浴衣の袖を濡らす。僕は土俵際の左足を想う。
ゴロ
雨宿りで、離散した家族が揃った。
住民パワー
「まるでテンガロンハットをひっくり返したような雨だね」
terayo
夕立がビルを0.01mm溶かして、俄かにフロアは冷え込んだ。
うぃけっと
寸評●TOKUNAGA氏「夕立が、二人きりにした。」TOKUNAGA氏久々の投稿。おかえりなさい。●きつね氏「夕立が、空き缶を満たした。」何気ない視点ながら見事に夕立を描写している。●井沢氏「歯医者からスタートした土曜日は〜」その夕立が誰のどんな一日に訪れたか、選び抜かれた言葉で情感のある物語になっている。「運んできた」もいい。●夏猫氏「水出しアイスコーヒーと〜」夕立前の遠雷はなぜか心躍る。●あひる氏「夕立を刻む〜」完成された自由律。●もんぜん氏「フードファイター50人vs夕立。」どんな戦いになるのだろう。●吉田髑髏氏「あの雲見てみぃ〜」ドリルせんのかいの人の読んで欲しい。●morin氏「それは雷鳴ではなく〜」モアイ運搬あるある。●g-udon氏「紙のスーツは〜」和紙にしとけばよかった。●モリダイ氏「これ、いい突然〜」意味はまったく分からないけど、どうにも引っ掛かる作品がある。本作はその典型。黒澤さんの突然になにか問題でも?●ゴロ氏「夕立が浴衣の袖を〜」こういう官能表現もあるのか。●住民パワー氏「雨宿りで離散した家族〜」他人の軒先に並ぶ家族という絵がいい。あと前にも書いたかもしれないけどペンネームが好き。

それでは次回のモチーフを発表する。
次回モチーフ
「花火」
次回のモチーフも夏の風物詩、花火。打ち上げ花火から線香花火、絵になるモチーフなのでいかようにも料理できると思う。きれいな花火だけではなく笑えるネタものにも期待しています。書き出しだらけの花火大会にしましょう。締め切りは8月11日正午、発表は同月13日を予定しています。下記の投稿フォームから部門を選んで応募されたし。力作待ってます!
最終選考通過者

にら将軍ハルナ/チチカステナン号/ススムパン/山本ゆうご/suzukishika/タクタクさん/ビールおかわり/お皿が乾くの3時間/エリンギ/ミミズグチュグチュ/まじいい/木乃机/
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓