特集 2017年7月31日
 

え、たらい舟って今も現役なんですか!

たらい舟、佐渡島で今も現役でした。
たらい舟、佐渡島で今も現役でした。
たらい舟をご存知だろうか。佐渡島の観光を計画する上で、必ず候補に挙がるのがたらい舟の体験乗船。あとは金山とトキ。

私も「昔はこんな舟を使っていたんだ〜」なんて思いながら乗ったのだが、その認識はちょっと間違いだった。

その昔、一寸法師は茶碗の舟に乗って旅へと出たが、佐渡の漁師は今でもたらい型の舟で漁をしているのだ。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「河原で採ったカラシナの種で粒マスタードを作る」
人気記事:「河原で採ったカラシナの種で粒マスタードを作る」

> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

観光用のたらい舟なら乗ったことがある

2011年の秋、当サイトのプープーテレビなどでおなじみの宮城マリオさんに案内されて、日本海に浮かぶ佐渡島へと初めてやってきた。

そのときに定番の観光スポットとして訪れたのが、おけさ傘をかぶったおねえさんが漕ぐ、たらい舟の乗船体験である。
宮城マリオさんとそのお父さん。
宮城マリオさんとそのお父さん。
たらい舟という存在は前から知っていたが、なんに使う舟なのか、いつの時代まで使われていたのか、その辺のことはなにも知らないまま、無邪気にたらいで海に浮かぶという行為を楽しんだ。
ここ最近のたらい舟のイメージは、婦人倶楽部という佐渡在住の婦人達による「たらい舟に乗って」という曲。使い道はよくわからないけど、楽しそうな舟だなーという感じ。
その時から数えて、佐渡にはもう10回以上来ているのだが、あるとき海辺をドライブしていると、たらい舟乗り場ではないところで、プカプカと浮かんでいる舟を発見した。

島在住の友人によると、たらい舟は今もなお現役の漁船で、これで漁をしている人がいるのだという。

なんと、今でも実用品だったのか!

佐渡の中でも最果ての地にやってきた

たらい舟に乗っている現役漁師を取材したい。そして可能なら一緒に乗せてもらい、私も何かを捕まえて食べたい。

佐渡の友人に相談すると、佐渡島南西の小木半島に位置する、深浦という小さな集落を教えてもらった。
海と山に囲まれた深浦の集落。すごい立地だ。
海と山に囲まれた深浦の集落。すごい立地だ。
集落前の入り江。この一帯がたらい舟の漁場となる。
集落前の入り江。この一帯がたらい舟の漁場となる。
いきなりアポなしでいっても都合よく漁はやってないので、事前に取材の相談をしなければいけないのだが、もちろんネット上に窓口などはない。

そこで、この深浦の集落に惚れこんで、空き家を借りている東京在住の友人の友人に間に入っていただき、集落のまとめ役の方に取材の話を通してもらって、対応してくれる漁師さんを教えてもらった。人づての人づての人づてだ。
ドローンでの空撮みたいな写真が続いたが、平成14年にできた橋からの撮影でした。
ドローンでの空撮みたいな写真が続いたが、平成14年にできた橋からの撮影でした。

なんだか辺境の地の少数民族を取材するような段取りだが、数年前にはピコ太郎をプロデュースする前の古坂大魔王がNHKの生放送で訪れたりしているので、決して閉鎖的な集落ではない。

ただただ、昔からの文化や町並みが色濃く残っているだけなのだ。流行によって平均化されることのなかった日本の一部。なんでも鎌倉時代あたりからずっと続く集落なのだとか。
実際に来てみると、深浦という地名に納得するしかない立地。
実際に来てみると、深浦という地名に納得するしかない立地。
深浦は佐渡の中でも辺境といえる場所。すぐ近くにある宿根木の町が重要伝統的建造物群保存地区として観光地化しているのに対して、この街に観光の要素はまるでない。たらい舟もあくまで実用品だ。

先祖代々から受け継いできた田んぼや畑で百姓をやりながら、目の前の海で漁をする、昔ながらの半農半漁というスタイルで暮らしている人達が住む場所なのである。
目の前の海を漁業権で管理することで、生きる糧である水産資源を長年に渡って維持し続けている。平地が少ない場所なので、田んぼや畑は海のすぐ近くまで作られている。
目の前の海を漁業権で管理することで、生きる糧である水産資源を長年に渡って維持し続けている。平地が少ない場所なので、田んぼや畑は海のすぐ近くまで作られている。
こんな場所にもバス停がちゃんとあった。
こんな場所にもバス停がちゃんとあった。
自給自足はできるけれど、現金収入となる仕事が少ないため、若い人はみんな島を出ていってしまう。そのため17世帯の家があるけれど、過疎化が進んで実際に住んでいるのは13世帯だけらしい。

それでも、家を継ぐ長男が定年退職を迎えて戻ってくることもある。還暦を過ぎてはいるが「あんちゃん」と呼ばれて、ここでは若手扱いされるそうだ。
さすが深浦という時刻表。
さすが深浦という時刻表。
これが佐渡のバス路線図で、左下にある灯台の下が深浦。まさに佐渡の果てだ。
これが佐渡のバス路線図で、左下にある灯台の下が深浦。まさに佐渡の果てだ。
集落のまとめ役である御夫婦が、仲睦まじく網の手入れをしていた。
集落のまとめ役である御夫婦が、仲睦まじく網の手入れをしていた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓