特集 2017年8月3日
 

電子工作キット50個量産したら新しい世界が見えた

!
今週末、Maker Faire Tokyo というDIYのイベントに出展する。そこで電子工作のキットを売ることにした。販売用に50個作る。

当サイトでも僕はたまに電子工作の記事を書いたりしているけど、毎回作るのはたいてい1個、いいとこ2個である。で、あたりまえだけど、1個作るのと50個作るのは全然違うのだ。量が多いだけじゃなくて、やる作業も、発生する問題も、ぜんぶ違う。

工作を50個作る。この体験が面白かったので、レポートしたいと思う。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。

前の記事:「夏は桜のかわりに夜間工事を見ながら飲もう」
人気記事:「チーズ across ハンバーグ」

> 個人サイト nomoonwalk

音の出るおもちゃキット

話の前提として、まず何を売るかを紹介しよう。紹介ビデオを作ったので見てほしい
宣伝用に適当な動画作っておいた方がいいかな、と思って撮り始めたらなんだか楽しくなってしまい、けっきょくすごいガチ映像が仕上がった。僕はいいおっさんなので自撮りで自分を盛ったりすることにはあまり興味がないが、自分の作品に対しては違うようだ。ポップなBGMをつけたり、昼休みに同僚をわざわざ公園に呼び出して遊んでもらったりして、盛り盛りの映像になってしまった。
背景のボケた写真を撮ったりもした
背景のボケた写真を撮ったりもした
材料はおもにガチャガチャのカプセルと電子部品とネジ。
パカッと開く
パカッと開く
カプセルは2つの部屋に分かれていて、上半分にはブザーを鳴らすための回路が入っている。ただそのブザーの回路は不完全で、一部の配線がつながっていない。かわりに、下半分のネジにつながっている。

下半分の部屋に針金を入れて振ると、針金が動いてたまにそのネジに接触する。そのたびに偶然に回路がつながったり外れたりして、音がかわる。つまり、「接触が悪い」状態をわざと作り出して楽しむ、というコンセプトである。

7年越しの製品化

このアイデア、実は2010年に考えたものだ。当時、僕は電子工作やり始めで、自分の回路を設計する技術がなかった。だから、すでにある定番回路を壊して作品にすることにした。それがこの「接触を悪くする」アイデアだ。
当時作ったもの。見た目はあんまり変わらない
当時作ったもの。見た目はあんまり変わらない
そのことを知人(当サイトにもよく出てくるテクノ手芸部のよしださん)が覚えていて、「量産したら?」と言われたのが今回のきっかけだ。そういえば作った当時も別の人に言われたけど、どうしていいか見当もつかなかったのだ。いまならやれるかも。

野蛮な工作

というわけでさかのぼること2カ月。6月上旬に開発が始まった。まずは7年前の作品を分解して、中身を思い出すところから始めた。
あれから7年、1つだけ取ってあった。うっすらホコリが積もっている
あれから7年、1つだけ取ってあった。うっすらホコリが積もっている
開けてみると、電子回路を絶縁のためのビニール袋に包み、カプセルに針金で巻きつけて固定してあった。電池も袋の中。電池交換を一切考慮していない作りだ。なんていうか、作りが野蛮…。
袋に入った電池。もう1重、基板ごと包んであった
袋に入った電池。もう1重、基板ごと包んであった
全体に野蛮な作りで改善点は山盛りだったが、まずは最初の課題をこの電池交換問題にさだめ、外付けの電池ボックスを用意することにした。
コイン型電池用の電池ボックス
コイン型電池用の電池ボックス
既製品は家に2種類あったのだけど、どちらもカプセルに固定するためのネジ穴がない(基板にはんだづけ前提)。さらに、ネットでいくら探しても、ネジ穴付きのものがどこにも見当たらないのだ。

はい無理ー!この企画、中止!

思い立った初日に、いきなり投げ出した。
それから1週間が経ったのじゃ。(スーパーの前にいたチワワ)
それから1週間が経ったのじゃ。(スーパーの前にいたチワワ)
そうして1週間は無目的な生活を送ったのち、急に奮起した。というか腹をくくった。自分で作ることにしたのだ。
適当な紙(歯医者の定期健診はがき)に描いた設計図
適当な紙(歯医者の定期健診はがき)に描いた設計図
3Dプリンタで出す(左側)。
3Dプリンタで出す(左側)。
できた
できた
3Dプリンタは去年の年末に買ったが、自分で実用的な部品を作ったのは初めてである。すごいなこの機材。電池ボックスが自分で作れる。いつもダウンロードしたポケモンのフィギュアや子供のおもちゃばかり出力していたので、その実力を知らなかった。

工夫として、固定用のネジに電池のマイナス側が当たるようにして、ネジが電極も兼ねることにした。これで配線が1本減る。
すごい。やればできるじゃん。3Dプリンタも、俺も。

カプセルがない!

この調子で試作をどんどん進めていこう。そうなると絶対に必要になってくるのが、カプセルである。7年前はスーパーのガチャガチャコーナーに行って、ゴミ箱から拾ってきた。今年も拾ってこようとしたのだが、しかしここで予想外の事態が。
あれ、このカプセル…
あれ、このカプセル…
欲しいカプセルが左、ゴミ箱にあるのは右
欲しいカプセルが左、ゴミ箱にあるのは右
なんと、7年間の間に、時代は変わっていた。
いつの間にかガチャガチャのカプセルは、2つに分かれない一体型が主流になっていたのだ。たまに旧タイプもあるが、大きいサイズの商品がほとんど。手ごろサイズの旧タイプは、もはやレアものと化していたのだ!(少なくともうちの近所では…)
で、買った
で、買った
ガチャガチャ用カプセル、50個。もちろん販売用キットには購入品を使うつもりだったが、いまは試作段階。本当に仕上がるかどうかすらわからない段階なのに。これで後には引けなくなった。今回、初回ロットが50個なのはこのカプセルの販売単位が50個だったからである。

で、このあと1週間ほどかけて各パーツの固定方法やら配線の取り回しを考えて、(細かすぎる話なので割愛!)、試作品1号機ができた。
左から、2010年版、試作1号、部品をカプセルに詰めたもの(販売パッケージのイメージ)
左から、2010年版、試作1号、部品をカプセルに詰めたもの(販売パッケージのイメージ)
ポイントとしては、仕切り板(白いの)でカプセルの内部を2つの部屋に分けたこと。これで回路のほう(上半分)に針金が入ってこなくなったので、袋で包んで絶縁する必要がなくなった。写真だと見えないけど、電池ボックスは背中についている。

…と、ここまでで1個できたので、普段の工作記事ならこれでおしまい。ただ今回は、ここからが本題なのだ。

ようこそ「いっぱい」の世界へ。

基板を作る

つぎに着手したのは、電子回路の部分。基板だ。

基板にもいろいろ種類があって、僕がいつも使っているのはユニバーサル基板という。
こういうの。規則的に穴が開いている。表に部品を置いて
こういうの。規則的に穴が開いている。表に部品を置いて
裏側に、針金みたいなのを使って自分で配線する(上の写真とは別の基板です)
裏側に、針金みたいなのを使って自分で配線する(上の写真とは別の基板です)
これだとどんな回路でも作れるけど、部品と部品のあいだの配線までぜんぶ手作業でやらないといけない。1個ならともかくたくさん作るとすごく大変だ。今回はキットだから買った人に任せてもいいんだけど、作業の量的にも難易度的にも、初心者向きではない。というわけで量産するときは普通こっちを使う。
あらかじめ配線のしてある基板(写真提供:鴨澤眞夫)
あらかじめ配線のしてある基板(写真提供:鴨澤眞夫)
プリント基板というやつだ。きまった回路しか作れないけど、組み立ては圧倒的に楽。部品の足をはんだ付けするだけでいい。問題は、基板を自分では作れないところ(※)。専用のデータを作って業者に発注する必要がある。ここまで単独で進めてきたこのプロジェクト、ついに助っ人を呼んだ。

※本当は作れなくはないけどすごく大変
キット化のきっかけにもなった、テクノ手芸部のよしださん
キット化のきっかけにもなった、テクノ手芸部のよしださん
この日は僕が夕方よしださんのオフィスを訪問する予定だったが、ホームセンター1周するのに8時間かかったため、到着が夜9時になってしまった。よしださんごめん。
不機嫌そうな写真になってしまいましたが快くやってくれてます
不機嫌そうな写真になってしまいましたが快くやってくれてます
基板の設計は専用のソフトで行う。「せっかくだから基板もかわいくしましょうよ」と言うよしださん。サクサクと配線しながら「この配線かわいいなー」を連呼している。僕はそこまで基板に対してフェティッシュではなく、かわいさがよくわからない。
できた基板は紙に印刷して確認
できた基板は紙に印刷して確認
ぴったりのサイズ
ぴったりのサイズ
これはかわいいけど、基板というよりカプセルのかわいさだな。
左が部品だけ配置したもの、右が配線も入れたもの
左が部品だけ配置したもの、右が配線も入れたもの
よしださんいわく右のデータはかわいいはずなのだが、なにぶん色が動脈と静脈なので、僕の目には血管が浮き出てるようにしか見えない。目玉の裏側みたいだな、と思いながら、その場で基板を注文。中国の業者だけど、2週間後には日本に到着するという。早いな。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓