特集 2017年8月1日
 

一点突破弁当の限界を探る

おかずはフカヒレのみ。一点突破弁当の迫力。
おかずはフカヒレのみ。一点突破弁当の迫力。
今年の四月から東京駅近くの会社で働くようになり、昼間はずっとサラリーマン生活を送っている。
で、東京駅の中が飲食店多くて便利なので、ランチタイムは駅ナカから周辺をぐるぐると回っているのだが、そこで、ちょっとこれスゴくないか、というお弁当を見つけてしまった。
おかずがフカヒレのみ、という、一点突破の超豪華弁当である。
豪華だけど、日の丸弁当的なシンプルさ。これは食べてみたい。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。

前の記事:「養命酒の新パッケージが地味すぎるので爆誕してもらった」
人気記事:「夏休みの宿題で作った文房具図鑑がすごい」

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

フカヒレ麺専門店のフカヒレ弁当

見つけたのは、東京駅の八重洲南と丸の内南を横断する自由通路ぞい。
フカヒレ料理で有名な高級中華『筑紫樓』がやっているフカヒレ麺専門店『頂上麺』だ。
店の入り口に巨大なフカヒレが飾られている。干して背びれがあのサイズって、どんな巨大鮫だ。
店の入り口に巨大なフカヒレが飾られている。干して背びれがあのサイズって、どんな巨大鮫だ。
このお店の前は何度も通っていて、「わーフカヒレの乗ったラーメンだって。すごいなー」という印象しか(ラーメンとは言えかなりのお値段がするので、とても入れない)無かった。
ところが、たまたまお店のある通路カドを曲がったら、正面から見えにくいところでお弁当のテイクアウトもやっていることに気づいたのである。
しかも、なんかもうスゴいやつ。
わりと盲点な位置にあるテイクアウトコーナー。
わりと盲点な位置にあるテイクアウトコーナー。
それが『ふかひれの姿煮込み弁当』だ。
名前の通り、メインのおかずがフカヒレの姿煮込みのみ。青梗菜とザーサイが彩り程度で、あとは白飯。そして価格が3,200円+税。
フカヒレと白飯。プリミティブな弁当。
フカヒレと白飯。プリミティブな弁当。
とにかく高級なのは、わかる。だってフカヒレの姿煮がどーんと1つ入ってるし。
しかし今までテレビや雑誌などで見たことのある高級弁当って、高そうなおかずがちまちまと何種類も入っているヤツばかり。
つまり、おかずいっぱい=高級、という構図が基本だと思っていた。

対して、こちらはフカヒレ姿煮のみ。
おかずが少ないけど高級、というのは知らない図式だ。
そもそも、貧乏弁当の代表である日の丸弁当(おかずが梅干しのみ)と方向性が一緒じゃないか。
パニックである。
ガチな表情の険しさが、当時のパニック状況を物語る。
ガチな表情の険しさが、当時のパニック状況を物語る。
さらにまずいことに、たまたま給料日が来たばかりで、財布におろしたての現金がいくらか入っていた。
パニックになった人間に金を持たせて、ろくな結果が出るワケがない。
買ったわー、『ふかひれの姿煮込み弁当』。

フカヒレ姿煮弁当、その驚異の性能

鼻息荒く買ってきた筑紫樓の『フカヒレの姿煮弁当』、その全貌がこちら。
たぷんたぷんのとろみスープに沈んでいるが、「あ、いるな」という3200円フカヒレの確かな存在感。
たぷんたぷんのとろみスープに沈んでいるが、「あ、いるな」という3200円フカヒレの確かな存在感。
お店のサンプルに偽りなく、弁当箱の容積ほぼ半分がフカヒレの姿煮でドーン。
あとは白飯と、「他にもちょっとはおかずあります」というエクスキューズ的な要素としてわずかな青梗菜とザーサイ。
ザーサイよりも前に表示されるカキ油と片栗粉。旨味ととろみの激しさを物語る。
ザーサイよりも前に表示されるカキ油と片栗粉。旨味ととろみの激しさを物語る。
原材料名の表示順も、まぁそう来るだろうな、という順番で並んでいる。見た目からして疑いようが無い。
視覚的に”くる”リフト画像。
視覚的に”くる”リフト画像。
付属のプラ製れんげですくい上げてみると、ずっしりと重い。自分の人生でここまでフカヒレの重みを手に感じたことがあっただろうか。
そしてその初体験を、弁当で済ませてしまっていいんだろうか。

ちなみに風景が明らかに外なのは、入社したばかりの会社の中で3000円を超える弁当を食べる勇気が無かったから。ぽつんと会社の屋上でぼっちメシでフカヒレを食う。なんだこのシチュエーション。
さっきから意味の分からない要素ばかりが積み上がっていくな。
猛烈なとろみですべって、なかなか箸でつまめないフカヒレ。
猛烈なとろみですべって、なかなか箸でつまめないフカヒレ。
早速、姿煮のフカヒレをむしって一口。
あー、旨味だ。まとわりついてくるとろみスープの旨味がとんでもないことになっている。旨味の塊でぶん殴られているような、バカでもわかる旨味。
フカヒレの繊維のサクサクじゃきじゃきした歯ごたえと一緒にオイスターソースのカキ味がドカンときて、サクサクじゃきじゃき食ってるうちに、じわっとショウガの風味に流されて消えていく旨味。
たまにフカヒレの端っこのトロッとした食感もあって、これもまたいい。
脳が旨味の量を受け止めきれず、勝手に遠い目になる。
脳が旨味の量を受け止めきれず、勝手に遠い目になる。
フカヒレ単品でどこまで白飯を食うおかずになり得るのか、と若干の心配はあったが、何の問題も無かった。うわー旨味ー!めしー!旨味ー!の繰り返しだけでどこまでも白飯が進む。

途中でフカヒレが先に無くなってしまったが、これも大丈夫。
残ったとろみスープかけごはん。旨味の量的にはこれだけで800円ぐらい払える。
残ったとろみスープかけごはん。旨味の量的にはこれだけで800円ぐらい払える。
ひどい顔になってるのは承知だが、この画像が最もその時の感情を表現できてた。
ひどい顔になってるのは承知だが、この画像が最もその時の感情を表現できてた。
行儀が悪いのは承知だが、これをせずにいられようか。
旨味ー!
食後の放心。正直な感想は「やっちゃった…」だ。自分でも何をやったのかはよく分からないけど、やっちゃった感すごい。
食後の放心。正直な感想は「やっちゃった…」だ。自分でも何をやったのかはよく分からないけど、やっちゃった感すごい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓