特集 2017年8月11日
 

布団で睡眠エブリウェア(デジタルリマスター版)

オープンマインドでエニウェア睡眠

自慢げに春
自慢げに春
筆者の住む千葉県・南房総は現在菜の花が見ごろ。適当にぶらぶらしているだけでも、そこかしこで黄色く咲き誇る様子が目に入る。春というのはこんなにも輝かしいものだっただろうか。

うん、寝てみたい。自然の愛で方がいつもと違っているが、これが自分流のネイチャーライフだ。
よっこいせ
よっこいせ
あー…
あー…
アウトドア雑誌には載っていないやり方で自然と一体化。バーベキューセットやテントは必要ない溶け込み方。いつもの布団があればそれでいい。
!
目を閉じればいつもの布団の空気。目を開ければきれいな菜の花。やってることはむちゃくちゃだが、もたらされている結果だけは夢の世界のようにすばらしい。

布団の国からこんにちは

続いて訪れたのは、丘一面にヤギを放し飼いにしている施設。
ヤギゾーンには自由に入れる
ヤギゾーンには自由に入れる
メーメー言ってます
メーメー言ってます
かわいい。いつも眠そうにうつろな目にも共感を覚える。「中にはいってヤギと遊ぼう!!」と言ってくれているが、遊ぶ元気はあんまりない。とにかく寝たいのだ。
失礼します
失礼します
布団を敷き始めると、ヤギたちは少しあとずさりしたように見えたが、それほど動じている風でもない。悪意のないことはわかってくれているだろうか。
微妙に距離を置くヤギたち
微妙に距離を置くヤギたち
目をつぶれば牧草のにおいが心地よい。耳をすますと遠くに聞こえるヤギの声。

いや、耳をすまさなくてもヤギの声ははっきり聞こえる。
ヤギ「あいつ変だよ」
ヤギ「あいつ変だよ」
ヤギ「絶対やばいって」
ヤギ「絶対やばいって」
ヤギが布団の中の僕を見ている。夢か。いや、まだ眠りについたわけでもないのに、夢など見るはずもない。

間違った自然の満喫のしかた

次にやってきたのは山あいにある棚田。段々になった土地に規則正しく田んぼが並ぶ様子は、不思議な雄大さと美しさがある。
すばらしい景色
すばらしい景色
こんにちは
こんにちは
あまりにも美しい絵を見ると、その中に入ってみたいと思うことはないだろうか。個人的にはそういう経験は今までないが、ここではそんな私でも風景の中に入ってしまうことができる。
まちがい探しのような一枚
まちがい探しのような一枚
雄大な景色の中に布団をしいて寝転ぶと、心まで大きくなったような気がする。しかし、心が大きくなったところで、やってることは寝てるだけだ。

大体、心が大きくなったような気がしているだけで、別に大きくなんかなってない。錯覚もはなはだしい。

しかし、錯覚だなとわかっていてもこれまでにない形でスケールの大きい風景を満喫。次は街の方にも繰り出してみよう。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓