特集 2017年8月13日
 

部屋を風船でいっぱいにする(デジタルリマスター版)

!
部屋を色とりどりの風船でいっぱいにしたら、楽しいだろうなあ。

丸くてふわふわとした風船。カラフルで楽しい風船たちは、いつも子供たちの夢をのせて空に舞い上がる。適当言ってるわけじゃない。

大人になって忘れてたファンタジー。いや、大人だからこそ力ずくで実現できるんじゃないか。

そんな忘れかけていた夢。部屋を風船でいっぱいにしたら、きっと楽しいだろうなあ。夢は叶えるためにあるので、実際にやってみました。

※2006年2月に掲載された記事の写真画像を大きくして再掲載したものです。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:「布団で睡眠エブリウェア(デジタルリマスター版)」
人気記事:「義父がペッパーを買った」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

早くも登場する夢の国

もう一回書いてしまうが、部屋を風船でいっぱいにしたら、きっと楽しいだろうなあ。大人になっても忘れたくないドリームランド。それが昼間であっても、人が夢を見るのは自由だ。

もうこれ以上説明の必要もないだろう。そういうわけで向かったのは、浅草橋にある風船専門店だ。
わーい!わーい!
わーい!わーい!
うわーい!
うわーい!
店内はいろいろな風船たちにあふれていて、これでもかこれでもかとドリーミング。早くも夢が叶った感じさえしてしまう。

しかしここはあくまでお店。きれいな風船たちを前にテンションが上がっても、大人としてはワーイワーイと騒ぎ立てるわけにはいかない。クールな表情を装って、部屋で膨らませるための風船を見繕う。

いろいろあって迷うのだが、今回チョイスしたのはこれ。
輪をかけてドリーミー
輪をかけてドリーミー

一般的な球ではなく、ハート型に膨らむ風船だ。あまり奇をてらわず、シンプルに攻めたい。それでいてせっかく専門店に来たのだからちょっと変化もつけたい。

そんなどうでもいいこだわりで吟味したこの風船。さっそく膨らませてみよう。

予期せぬ衝撃のメタファー

そういうわけで購入してきたハート型バルーン。いざ袋から出してみると、こんな感じだった。
こ、この形状は…
こ、この形状は…
確かにハート型になるんだろうなという形をしてはいるのだが、男としてどうにもどうもな形をしている気がするのは私だけだろうか。

へろへろとした、元気のないかなしみのたたずまい。懐かしいようなせつないような……シンボリックな様子をうまく言葉にできないが、さっきまで見ていた夢が一気に醒めるようでもある。

こんなことじゃいけない。こんなことでへこたれていてはいけない。さあ、元気を出して膨らませよう。
シャラポワ
シャラポワ
膨らましている途中の様子を何気なく確かめてみると、またも見えてきた新たなるメタファー。変幻自在、予想だにしない角度から攻めてくる風船。いったいきみは何なんだ。

でも、なんだか元気が出てきた気がするぞ。
紆余曲折を経た完成形
紆余曲折を経た完成形
心の小学生レベルな部分をいろいろと刺激されはしたが、最後まで膨らませるとちゃんときれいなハート型になる。あとはこれをいくつも膨らませていくだけだ。夢への道筋はしっかりとそこにある。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓