みじかい記事 2017年8月22日
 

ひまわりが一気に42万本咲くとどうなるか

奥の奥まで全部ひまわり
奥の奥まで全部ひまわり
ひまわりが一気に42万本咲く丘がある。そんな壮大なスケール、北の大地・北海道の話かと思いきや僕の地元・宮城県の話だった。帰省のついでに見てきた。
1975年宮城県生まれ。元SEでフリーライターというインドア経歴だが、人前でしゃべる場面で緊張しない生態を持つ。主な賞罰はケータイ大喜利レジェンド。路線図が好き。

前の記事:「スタンプラリーの台紙に描かれた路線図を鑑賞する」
人気記事:「スケートリンクを勘で0.2mm削る「整氷」の世界」

> 個人サイト 右脳TV

黄色い画素はほぼひまわり

「ひまわりの丘」があるのは宮城県大崎市三本木。仙台市の中心部から北へ50km、僕が実家に住んでいたころは「三本木町」だった場所だ。
あれから20年弱、まるで「信長の野望」のように市町村が合併してしまった。そろそろ仙台市が宮城県を統一してしまう頃だろうか。
新橋SL広場くらいあるコンビニの駐車場で、ポツンと主張する案内看板
新橋SL広場くらいあるコンビニの駐車場で、ポツンと主張する案内看板
帰省の初日に1時間以上かけて寄り道したため、後部座席の子供たちに「早くおばあちゃんの家に行きたい」「ここどこなの」と散々せっつかれての道のり。「いいからいいから」となだめ、あぜ道を通り、小高い丘を抜けると、家族全員が「わっ」っとなった。
軽自動車のナンバープレート以外の黄色い画素は全部ひまわりです。
軽自動車のナンバープレート以外の黄色い画素は全部ひまわりです。
視界がひまわりで埋まっちゃう。
視界がひまわりで埋まっちゃう。
地平線まで黄色いのは気のせいだろうか。
地平線まで黄色いのは気のせいだろうか。
広さ6ヘクタールの農地に42万本のひまわりが咲いている。北海道の北竜町に次いで全国二番目の規模だそう。「42万」「6ヘクタール」と数字を並べれば「そりゃすごそう」とはなるが、実際目の当たりにして飛び出た第一声は「なんだこれは」だ。

※追記:宮崎県高鍋町には1100万本のひまわり畑があるそうです。上には上が……。

右も左も、遠くも近くも、とにかく全部ひまわり。これがVRかと思うほどの現実感のなさ。「うわぁ……」「すごい……」とすっかり語彙が消え失せてしまう。
ひまわりの圧がすごい。
ひまわりの圧がすごい。
「42万本」を「42万人」にすれば高松市の人口と同じだ。
「42万本」を「42万人」にすれば高松市の人口と同じだ。
どこでシャッターを切ってもフリー素材みたいな写真が撮れる
どこでシャッターを切ってもフリー素材みたいな写真が撮れる
ちなみにこの日の気温23度。肌寒い。母さん、僕の体はすっかり関東の夏がベースになってしまいました
ちなみにこの日の気温23度。肌寒い。母さん、僕の体はすっかり関東の夏がベースになってしまいました
天気はあいにくの曇り空。青い空に黄色いひまわりとなれば「ザ・夏」といった座組であるが、灰色の曇天と大量のひまわりが組み合わさると、なんだか不吉な光景にも見えるから不思議だ。

人の身長を軽く超える背丈と、人の顔ほどの大きさの花が密集し、全て同じ方向を向いてる。それが42万本だ。
「おい誰か来たぞ」「なんだお前は」「よそ者か?」ざわ……ざわ……
「おい誰か来たぞ」「なんだお前は」「よそ者か?」ざわ……ざわ……
出口を求めさまよう夢を見て、寝汗でびっしょりになって起きるパターンだ。
出口を求めさまよう夢を見て、寝汗でびっしょりになって起きるパターンだ。
ちょっと写真のコントラストをキツくしただけでのこの不穏さ。もっと加工したらどうなってしまうのか。
「誰か……誰かいないか……!」
「誰か……誰かいないか……!」
「いつも、頭痛と共に無数のひまわりがフラッシュバックするんです。おかしいですよね。そんな場所、行ったこともないのに……」
「いつも、頭痛と共に無数のひまわりがフラッシュバックするんです。おかしいですよね。そんな場所、行ったこともないのに……」
失われた記憶に翻弄されそうになったら、畑の裏手に回ってほしい。花がみんな後ろを向いていてほっこりする。
よし。バックを取ったぞ。
よし。バックを取ったぞ。
「ひまわりの丘」には売店もあり、ひまわりの種を利用したクッキーやひまわり油などが並んでいた。
売店の入り口にある小さなひまわりに和む。
売店の入り口にある小さなひまわりに和む。
ひまわりの形をしたアイスモナカ。種がアクセントに入ってる。おいしい。
ひまわりの形をしたアイスモナカ。種がアクセントに入ってる。おいしい。
売店の方に聞いたところ、元々ここは田んぼだったらしい。昭和62年、減反政策のため米以外の農作物を植えることになり、ひまわりの栽培を始めたのが最初なのだそう。いまや全国から観光客が訪れる。昨年、公募によって制定された「大崎市の花」も「ひまわり」だ。
普通にインスタ映えする写真も撮れるのでご安心ください。
普通にインスタ映えする写真も撮れるのでご安心ください。

二毛作だった

「ひまわりの丘」で咲くひまわりのピークは8月上旬〜中旬。他の季節には何にも無いのかと思ったら、春には200万本の菜の花が咲くとのこと。まさかの二毛作だった。この丘、ずっと黄色いんだね。
顔ハメ看板は真顔で撮る派です。
顔ハメ看板は真顔で撮る派です。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓