特集 2017年9月5日
 

暑い夏を乗り越えるには北海道で服を凍らせるしかないと思った

試される大地、北海道で試されてきました。
試される大地、北海道で試されてきました。
暑がりである。人が涼しいときには暑いと言い、暑いという時には冷房を23℃にする。しかし、エアコンを一日中つけているわけにも行かず、保冷剤などをタオルで巻いて首に当てたりしていたが、それでも暑い。なので、Tシャツを凍らせることにした。
1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。

前の記事:「本当に効果のある痛い健康サンダルを作りたい」
人気記事:「8番らーめんの魅力を確認しに行ってきた」


家の冷凍庫で凍らせてみる

もし、身近なところで成功すれば世界中の暑がりたちが幸せに暮らすことできる平和な世界ができるだろう。この記事の締めは「ぜひ、家の冷凍庫でも試してみて下さいね!」に今、決めた。成功すれば。
凍らせるTシャツはケチャップのTシャツ。冷凍ケチャップ。
凍らせるTシャツはケチャップのTシャツ。冷凍ケチャップ。
ウェブマスターの林さんからアメリカ土産でいただいたTシャツを凍らせることにした。人からいただいたTシャツなので多少「これは本当に凍らせていいものだろうか。人から頂いた物を凍らせることは社会人としてNGなのではないか」と躊躇したが、暑いのが悪いので冷凍庫に入れることにした。
濡らして、
濡らして、
ジップロックに入れて、冷凍庫へ。
ジップロックに入れて、冷凍庫へ。
午前中に冷凍庫へ入れて、夕方ぐらいに取り出そう。ちなみにこの記事、あまり情報が出てこないと思うので「凍らせる」で検索して出てきたお役立ち情報を書いておく。
濡れた本や紙などをジップロックに入れて閉めないで冷凍庫にいれると復活するらしい。以上、役に立つ情報でした。

外に出かけて、家に戻ってきたらちょうど夕方だったので、Tシャツの様子を見ようと冷凍庫を見たら入ってない。どこだ。
正解は外でした。
正解は外でした。
探したら家のベランダに置かれていた。母に聞いたところ「邪魔だったから」らしい。邪魔ならしょうがない。もちろん、とけていた。

後日、許可を取りもう一度やってみたが、たたんで凍らせてしまうと布がくっついてしまい着ることができなかった。そのままの形で凍らせなければならない。どうすればいいのか。
冷蔵庫に入っているヨーグルトを食べて考えたが、1日分の鉄分が取れただけで何も思いつかなかった。
冷蔵庫に入っているヨーグルトを食べて考えたが、1日分の鉄分が取れただけで何も思いつかなかった。

旅行前日にカメラが壊れた

話は変わるが、今年の夏休み、北海道へ旅行に行くことにした。うまいものを食べて、自然に触れたりしながら、取材をしようとそれはもう楽しみに仕事をしてきた。前日、あんなことが起こるまでは。
カメラが壊れました。
カメラが壊れました。
充電をしようとプラグを差したら充電口が中に入ってしまい、それを取り出そうとしてピンセットでやろうとしたら中で線が切れたときには笑った。ブチって音がした。前日に起こるのか。

パニックである。頭の中で「わー」と叫びながら河川敷を全力疾走している自分がいる。そんなことをしてもどうにもならないので、旅行当日にカメラを買って出かけることにした。波乱の幕開けである。そして、これはこれから起こることの序章でしかなかった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓