特集 2017年9月13日
 

久米島のハブはかっこいい

いい背中だ。実にいい。
いい背中だ。実にいい。
沖縄本島をはじめ石垣島や奄美大島、宝島に小宝島とハブスタンプラリーを繰り広げてきたが、全然ハブを見つけられていない。(宝島、小宝島で見つけたのはトカラハブ)
ハブなんて本当はいないんじゃないの、などとツチノコみたいな事を言われもしたが彼らは確かに、存在しているのです。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。 普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:「「当店から当たりが出ました!」を足してみました」
人気記事:「夏は池袋で毒づくし! 毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

丸井メンズ館のようなハブ

沖縄本島から西へ約100km、沖縄諸島の最西端に位置する久米島。
夏期は羽田空港より日本トランスオーシャン航空というかっこいい名前の航空会社の直行便が出ており、アクセスがトランスオーシャンな感じで手軽になっている。
空港のポスター。乗客にハブの姿はなし。
空港のポスター。乗客にハブの姿はなし。
島の面積は約60?、沖縄県で5番目に大きい島だが、車で2〜3時間ほど走れば1周できてしまう。

西部の繁華街の他、周遊道路沿いに集落が点在するが、中央部には広大な森と畑が広がっている。
かっこいいホームセンター
かっこいいホームセンター
首里城のような車止めがそびえる。
首里城のような車止めがそびえる。
そんな久米島にお住まいのハブは「久米島型」と呼ばれ、他の島のハブと比べてシンプルでモード感のあるヘビ革をまとっている。
背中に一筋の斑紋が通る。久米川ホタル館で展示されていた個体。
背中に一筋の斑紋が通る。久米川ホタル館で展示されていた個体。
こちらは沖縄島型のハブ。斑紋が身体中に刻まれている。
こちらは沖縄島型のハブ。斑紋が身体中に刻まれている。
沖縄島のハブが丸井で買ったメンズニコルやトルネードマートのジャケットを1枚はおった感じだ。大人の装いがかっこいいのだ。
ふたたび久米島ハブ。ジャケットから猛々しいシャツの柄をチラ見せ、みたいな。
ふたたび久米島ハブ。ジャケットから猛々しいシャツの柄をチラ見せ、みたいな。
島の北部の宇江城岳と南部のアーラ岳の間にはいくつかのダムと共にサトウキビ畑などの農地が広がり、ハブ味のありそうな林道や農道が走っている。
宇江城城跡からの畑スケープ
宇江城城跡からの畑スケープ
山か、畑か、どこから始めようか、とりあえずそばでも食べようか、悩ましい。
そばにしました。地元の人もおすすめ「ゆき」のソーキそば。うますぎて心の三線がベンベカ鳴いた。
そばにしました。地元の人もおすすめ「ゆき」のソーキそば。うますぎて心の三線がベンベカ鳴いた。
そして日暮れでございます。
そして日暮れでございます。
結局林道を探ることにしたが、取り急ぎ国道沿いに現れたオカガニが尋常ではなかった。
でかい!3割30本打つキャッチャーか。
でかい!3割30本打つキャッチャーか。
ヌエのような不気味な鳴き声が響く林道では関東でスター級の甲虫達がほいほい現れた。
オキナワヒラタクワガタ。
オキナワヒラタクワガタ。
クメジマカブトも飛んで来た。いわゆるカブトムシより小さく、角が短い。
クメジマカブトも飛んで来た。いわゆるカブトムシより小さく、角が短い。
手足が短いトカゲ界のダックスフント、ヘリグロヒメトカゲ。ハブは発見できず。
手足が短いトカゲ界のダックスフント、ヘリグロヒメトカゲ。ハブは発見できず。
毎度の事だが、この時期は暑い上に雨が少ない。
地元の人に聞いても長い間夕立すら降っていないようで、ヘビが活動するにはすこぶる条件が悪い。
恵みの放物線。
恵みの放物線。
サトウキビ畑ではスプリンクラーが水を放射し、限定的に潤いを与えていた。スプリンクラーがもっとでかくなって、島中を濡らさないだろうか。
血の雨が降っていた。
血の雨が降っていた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓