特集 2017年9月13日
 

久米島のハブはかっこいい

マンゴーもハブ話もおいしい

陽も傾き、現在の沖縄では珍しい木造の家の縁側でそよそよと扇風機の弱風を浴び、保久村さんの農園で採れたマンゴーをごちそうになりながらハブ話を聞くという至高の旅情タイム。
みずみずしさと甘さがやばい。森中の生き物が寄ってきそうだ。
みずみずしさと甘さがやばい。森中の生き物が寄ってきそうだ。
「ハブはもちろん山にもいる、けれども夜に探すなら畑の間の道を探す方がいいですね。それも水源に近い方。ここでいったら海よりも山側のほうがいい。私の経験だと日暮れ前から宵のうちくらいによく見るね」
こういう所とか。ハブがよく出没する「ハブ道」も教えてもらった。
こういう所とか。ハブがよく出没する「ハブ道」も教えてもらった。
昔から農業をしている保久村さんの生活はハブとの関わりも深い。
「ここの農家は皆ハブに咬まれたらどう応急処置するか知っています。咬まれたら自分で毒を吸い出して来るから処置が楽だと医者が言ってました」

「長靴を履く前にはね、必ず逆さにしてハブが入り込んでないか確認する。家の周りにハブが少なくなった今でも習慣になっています」
軒下にはハチが巣を作る竹筒が下げてある。家の中に入ってくるのを殺さずに防ぐために保久村さんが用いた策。
軒下にはハチが巣を作る竹筒が下げてある。家の中に入ってくるのを殺さずに防ぐために保久村さんが用いた策。

アカマタ色男伝説

「ヘビを探してるならアカマタはかなり見たでしょ?」
久米島にはハブよりもよく見られるアカマタというヘビがいる。毒はないが戦闘能力は抜群で、時にはハブをも食べてしまう。
畑の穴に頭を突っ込んでいた。顔を出したらおっさんに見つめられていたので動揺している。
畑の穴に頭を突っ込んでいた。顔を出したらおっさんに見つめられていたので動揺している。
「アカマタは、なんか色っぽいでしょ、色合いとか体型もハブよりずんぐりしてて」
確かに、赤い帯がアクセントのしゃれた体表にしっとりと濡れ感を漂わせ、ぬたーっ、するすると音もなく動く。夜に出会うとなんとも言えない妖艶さを感じる。
路上でカエルの死体をペロリ。
路上でカエルの死体をペロリ。
「沖縄では旧暦の3月3日に女性が海に入って身を清める『浜下り』という行事があって、その由来がアカマタなんですよ」

昔、美しい娘のところに赤い鉢巻を着けた美男子が夜な夜な通い詰めた。やがて娘は子供を身ごもったが、その美男子の正体がアカマタだという事が親族縁者の尽力で発覚。まじで?やばくない?と浜に下りて海の水で身を清めてなんとか無かった事になった。これが伝統行事「浜下り」になったという。
夜行性なので夜這い感たっぷり。
夜行性なので夜這い感たっぷり。
えらい所に名を残してるな。久米島に来てから見るヘビ見るヘビアカマタで、「またお前かよ、第一赤玉はら薬みたいな名前しおって」とか悪態をついたりもしたがおみそれしました。
「おれの浜下り」浜に下りてカニをかっこよく撮ったつもりだったがサンダルが写りこんでいた。
「おれの浜下り」浜に下りてカニをかっこよく撮ったつもりだったがサンダルが写りこんでいた。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓