特集 2017年9月17日
 

ソーセージでバルーンアートに挑戦(デジタルリマスター版)

左がウサギで、右がプードルの子供だよ。
左がウサギで、右がプードルの子供だよ。
先日、手作りのソーセージに挑戦していたら、これってバルーンアートみたいだよなと気がついた。バルーンアートというのは、細長い風船を捻って、動物などの形にするアレだ。

バルーンアートはやったことがないし、やれるとも思わないのだけれど(絶対割る自信がある)、ソーセージを使ったバルーンアートなら、漠然とできるような気がする。

2011年11月に掲載された記事の写真画像を大きくして再掲載したものです。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「自給自足のザリガニパーティーをやってみたい」
人気記事:「河原で採ったカラシナの種で粒マスタードを作る」

> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

バルーンのかわりに、羊の腸を使います

ご存じのように、ソーセージは羊などの腸に挽肉を詰めたもの。バルーンは風船に空気を詰めたものだから、概念としては大きな違いなんてないといえるだろう。
通販でとり寄せた羊の腸。1本約4メートル。
通販でとり寄せた羊の腸。1本約4メートル。
まずは普通のバルーンアートで練習してからとも思ったが、それはラグビー選手を目指す人がフットボールの練習をするようなものなので、最初からソーセージでチャレンジする。

ソーセージのタネを作る

ソーセージでバルーンアートに挑戦するといっても、腸にタネを詰めるまでの工程は、普通の手作りソーセージと同じでいいはず。

どれくらいの量があれば成功するのかよくわからなかったので、豚挽肉はちょっと多めに2キロ、約8メートル分を用意してみた。カール・ルイスならひとっ飛びだ。
豚挽肉に塩やスパイス類、タマネギ、氷を加えてよく練る。脂が多い方がおいしいので、安い挽肉が向いているかな。
豚挽肉に塩やスパイス類、タマネギ、氷を加えてよく練る。脂が多い方がおいしいので、安い挽肉が向いているかな。
スパイスは家にあるのを適当にバンバン入れたのだが、気がついたら、青のりや粉山椒まで入れていた。ドンマイ。
スパイスは家にあるのを適当にバンバン入れたのだが、気がついたら、青のりや粉山椒まで入れていた。ドンマイ。
手で丁寧に練っていると、だんだんとタネに粘りが出てくると同時に、熱を奪われて体が芯まで冷え切ってくる。頭痛がするくらいにだ。

だから温かい飲み物をたっぷり用意しておくことを勧める。ホイップクリームを浮かべたコーヒーとか。ウィンナー・コーヒーだ。
こういう作業は特大のステンレスボールが便利。
こういう作業は特大のステンレスボールが便利。

腸にタネを詰めていく

バルーンアートだったら、詰めるものが空気なので簡単だが(やったことないけど)、ソーセージはちょっとやっかい。

そこで腸にタネを詰めるための専用の道具がいろいろ存在するのだが、私が使用しているのは、ピストル型の道具。
引き金を引くと、先端からタネが出てくるマシーン。
引き金を引くと、先端からタネが出てくるマシーン。
容量が少ないので大量に作るのには向いていないが、これなら一人でも簡単にタネを詰めることができる。

でも今日は大量に作るんだよね。
水で戻した羊の腸を、先端のノズルにかぶせていく。この作業が一番やっかいかも。
水で戻した羊の腸を、先端のノズルにかぶせていく。この作業が一番やっかいかも。
腸が4メートルもあるので、だいたい途中でぐちゃぐちゃになる。
腸が4メートルもあるので、だいたい途中でぐちゃぐちゃになる。
うまくノズルに腸をかぶせられたら、先端を結び、空気を抜く穴を針で開け、引き金を引いてタネを詰めていく。

バルーンアートをやるためには、何度も捻る必要があると思うので、タネをパンパンに詰めるのではなく、ちょっとゆるいくらいに抑えておくのが正解のような気がする。
ソーセージ作りで一番楽しい工程だ。
ソーセージ作りで一番楽しい工程だ。
いつもはノズルに腸をかぶせる段階で絡んでしまったり、タネを詰めているときに途中で破れてしまったりするのだが、今回は人生で初めて、羊の腸まるまる一本きれいに詰めることができた。
長さ4メートルのソーセージ!
長さ4メートルのソーセージ!
ものすごい達成感だが、このままだと長すぎてこのあとの工程がやりづらいので、結局1メートルくらいに分割する。

これをバルーンアートにするのではなく、「長さ4メートルのソーセージを作る」という記事でもいいかなと、ちょっと思った。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓