特集 2017年9月18日
 

ミートソースで汚れると完成するTシャツを作った

これがそのTシャツです
これがそのTシャツです
白いTシャツを着ているのに、うっかりミートソースを頼んでしまうこと、誰にでもあるだろう。この場合、ミートソースを飛び散らさないように最大限の注意が必要になる。

しかし、なんでそんなことに神経をすり減らさなくてはいけないのか。このたび画期的な発明をしたので見てほしい。
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな〜」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。

前の記事:「水筒にアイスの実を入れて2時間でちょうどいい固さになる」
人気記事:「女子小学生向けの「写真の撮られ方」をやってみた」

> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

コンセプトと完成予想図

Tシャツにミートソースのシミが付くと、目立ってしまう。このシミをポジティブなものに考えられないか。
!
そこで考えたのが、ミートソースのシミをシャツの柄の一部とすれば良い、ということだ。

具体的には具の乗っていないスパゲティーをTシャツに描く。そこにミートソースが飛び散れば、おいしそうなミートソーススパゲティのイラストのTシャツのできあがりである。

制作時間10分くらい

既存のTシャツに絵を描くだけなので作業は簡単だ。なんで今まで誰も気付かなかったんだろうと思う。
パソコンでスパゲティーの下絵を描きます
パソコンでスパゲティーの下絵を描きます
プリンタで出力します
プリンタで出力します
かんたんな絵だし、下描きはいらなかったかもしれない。でも、カップラーメンを作るときでも、一応作り方の説明はキッチリ読むでしょう。僕はそういうタイプなので無駄でも下描きはキッチリやる。

もちろん、下描きをしないで無頼を気取るのも大いにアリだ。世の中にはチキンラーメンにお湯をかけないで食べる人もいる。

なんの話をしていたんだっけ。進めよう。
こういう「布に描く専用のペン」というのが売られています
こういう「布に描く専用のペン」というのが売られています
プリントアウトした紙をTシャツに挟んで、絵を描きます
プリントアウトした紙をTシャツに挟んで、絵を描きます
「布に描けるペン」というのは洗濯しても落ちないので、本当に一発勝負だ。

ここで気付いたのだが、さっきの下描きがペンの太さに対して細かすぎる。下描きはあまり気にしないで、結局自分のセンスで描いてゆくことになった。

さっきのラーメンのくだりなんだったんだ、と読者のみんなは思っているだろうが、それは本人が一番思っていることなので、あまりきつく責めないであげてほしい。
完成しました
完成しました
これを着てミートソースを飛び散らせば、Tシャツの上のスパゲティーにミートソースが描かれるというわけだ。

発明が生まれた瞬間である。とてもそうは見えないけど、何かが生まれる瞬間というのは、意外とこんな風に静かなものなのかもしれない。

やろうと思うとものすごくむずかしい

ミートソースを準備して、さっそく始めよう。同じアングルの画像が続くが、カメラを三脚で固定して、動画を切り出したものである。
やるぞ
やるぞ
まず麺とソースを軽く混ぜてから……と思ったところ
まず麺とソースを軽く混ぜてから……と思ったところ
これでかなり大きめのシミが付いた
これでかなり大きめのシミが付いた
「わっ!」と大声を出してしまった。麺を高く上げると、飛び散りやすいのだ。びっくりしたけれども、幸先が良い。これを望んでいたんだ。
食べるときはできる限り飛ぶようにズルズルと
食べるときはできる限り飛ぶようにズルズルと
むずかしい……
むずかしい……
そりゃあふつうに食べていたら「飛び散ったミートソースで、ミートソースがかかっているようには見えない」だろう。でもわざと飛び散らせるように食べたら、けっこうイケると思っていたのだ。

しかしこれがむずかしい。日頃あれだけ慎重に食べていてもシミを作ってしまうミートソースが、逆にわざとやろうとすると、全く飛び散りが足りない。

「人生は何事もなさぬにはあまりにも長いが、何事かをなすにはあまりにも短い」という格言と全く同じ構造である。
全然足りない……
全然足りない……
食べ終わった結果がこちら。単に汚いTシャツ画像でみんなのインターネットを汚すことになってしまって申し訳ない。

もう一食食べる

このままではどうにも悲しいので、スパゲティーをもう一人前追加で作ってみる。一食食べたのになんか物足りなかったので、ちょうど良いかもしれない。
何度も麺を上げて、落として……
何度も麺を上げて、落として……
「スパゲティーの絵の位置が下過ぎたのかな?」と微妙に調節したりして
「スパゲティーの絵の位置が下過ぎたのかな?」と微妙に調節したりして
とにかく努力で飛び散らせた。どうでもいいが、日中一人家の中でおかしなことをやっていると(おかしなことをやっている自覚はあるんです)、突き抜けてさみしい気持ちになる。みんな今頃社会的に有意義な仕事をたくさんしているんだろうね。
2食目食べた結果。がんばったけどこんなもんか……
2食目食べた結果。がんばったけどこんなもんか……

絵を変えます

シャツの柄を変えた方が良いのかもしれない。実はもう一つアイディアがあった。
こちらです
こちらです
「ミートソースが飛び散って困っているおれ」の絵である。

これならまばらな飛び散りでも良い。なぜならそれが絵の中のミートソースの飛び散りに「リアル」を与えてくれるから……。

メタな構造のTシャツなので、その部分がシャレている、という見方をする人もいるかもしれない。もうビレッジバンガードから声がかかるのを待つばかりである。
高く上げるのがコツ
高く上げるのがコツ
今回も2人前食べた。余談なんだけれども、スパゲティーミートソースを2人前食べると、ものすごく眠くなる。
リアルな汚れ方
リアルな汚れ方
できあがったのがこちら。当初想定していたとおり、リアルにできたと思う。でもリアルすぎて、なにか汚い印象だ。一応絵の一部なんだけどな……。
外で着た。かっこいいかんじにならないだろうか
外で着た。かっこいいかんじにならないだろうか
世の中にはいろいろなファッションがある。例えばジーンズ。色あせたり、破れたりするのがかっこいいということになっている。あれと同じようにミートソースのシミもかっこいいということにならないだろうか。

とりあえず僕はかっこいいと思うことにしました。もうTシャツの柄関係ないですね。

ミートソースを飛び散らさないコツがわかった

途中でわかったことがある。ミートソースが飛びやすいのは「高く上げて落としたとき」だ。今後ミートソースを食べるときはこの点に注意すればいいんじゃないだろうか。

一応知見が得られたので、良かったということにしたい。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓