特集 2017年10月1日
 

農業用モノレールに乗りたい(デジタルリマスター版)

こういうの、たまんねえ
こういうの、たまんねえ
お茶畑やみかん畑などでよく見かける、農業用のモノレールがたまらなく好きです。
道端にさりげなく出発点があったり、山の斜面をうねうねと走る細いレールを見つけると、何だかもうドキドキしてきます。

いつか乗ってみたいと思っても、恐らくそれぞれが個人の所有なので逆に敷居が高そう。
収穫のお手伝いでもしますから、どなたか乗せてくれませんかねえ。

※2007年8月に掲載された記事の写真画像を大きくして再掲載したものです。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「東京の「大和西大寺」を探す」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


未来ぽくないモノレール

普通のモノレールなら家の近所に多摩都市モノレールというのが走っているし、羽田空港に行く東京モノレールも有名です。上空を滑るように颯爽と走るモノレール。いまだに未来の乗り物というイメージがあります。

でも、あれじゃダメなんです!
道端にぽつんと始発駅が!
道端にぽつんと始発駅が!
登っていきたい
登っていきたい
こーいうの、こーいうのがぐっとくる!

子供のころハイキングで山に登ったときも、修学旅行のバスに乗っていたときも、ダムに向かってドライブしているときでも、山の中をうねうね走るレールを見つけると目は釘づけ。自分でも何でこんなに惹かれるのか分かりませんが、昔からこの貧弱なモノレールが好きでした。

もし僕が自分の山を持っていたら、たとえみかん農家じゃなくても私財を投げうってこのモノレールを山の中に引きまくります。
いわゆる機関車部分
いわゆる機関車部分
トレーラー部分の車輪
トレーラー部分の車輪
何より動力源がエンジン、というのが大きな魅力です。つまり先頭がディーゼル機関車で、後ろに貨車や客車が連結してあって、しかもモノレールなのです!こんな組み合わせ、ほかにないでしょう!?
さらにレールの裏にはラックが刻まれ、機関車のピニオンがそれにガッチリ噛み合っています。これで急傾斜でも力強く登って行くことができるのでしょう。

ぜんぜん関係ありませんが、むかし友達と「ラック&ピニオン」というユニットを作ろうとしたことを思い出しました。僕はピニオンでした。
頼りなさそうなレールだが
頼りなさそうなレールだが
この3次元の引きまわし
この3次元の引きまわし
もうひとつ、この頼りなさそうさと、それに相反するレール引きまわしの立体感も魅力のひとつと言えるでしょう。
ものすごい急勾配や急カーブをトコトコ進んでいくモノレールの姿なんて、実はまだ動いてるところを見たことがないのですが、想像するだけで頬が緩んでしまいます。

ところで、実はこのモノレールに乗れるところがあるんです。
さっき「自分の山を持っていたら私財を投げうってモノレールを引きまくる」などと書きましたが、それを本当に実行した人がいるのです。いや、正確には「人」ではなく「自治体」なのですが。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓