特集 2017年10月1日
 

書き出し小説大賞第131回秀作発表

!
書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)
雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。 著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。

前の記事:「書き出し小説大賞第130回秀作発表」
人気記事:「書き出し小説大募集」

> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

いま指先で丸めているのはさっき買った粗挽きソーセージの値札だ。無意識の行為だが一旦気づいてしまうと捨てるタイミングに困ってしまう。私はいつまでこの値札を弄んでいるのだろう。窓から見える空が高い。それでは今回もめくるめく書き出しの世界へご案内しょう!

書き出し自由部門

ハロウィンの朝、脱毛が終わった。
suzukishika
言ったって、もう割引にはならないキーワードを呟いてみる。
たこフェリー
父方のボブと暮らしている。
茂具田
私は絶対曜日感覚の持ち主である。
terayo
道端に落ちてた老眼鏡を拾って歩くと、魔女の家がありました。
prefab
私が覚えている最初の風景は、魔方陣で埋め尽くされた机で踊る父の姿だった。
ら+
敵がすぐそこまで来ているが、私の手には新鮮な海の幸しかなかった。
AIR田
「春画かぁ、盲点だったわ!」と何故か嬉しそう。
あや幹部
パンチラは見えない金貨となって心の貯金箱に収まる。
マークパン助
「またパクチーかよ!勘弁しておくんなまし」思い出し笑いが止まらない。
夢雀
彼と結婚して変わったことは名字がシンメトリーになったことだけだった。
あひる
また会えるよと言って君は僕の青いインク壺に飛び込んでしまった。
たまお
出会いは、春闘だった。
にら将軍ハルナ
どこか、私書箱を感じさせる人だった。
にら将軍ハルナ
生きてりゃ小5にもなるよ。
xissa
「損して得取れっていうけど結局プラマイゼロだよね」いつも杏の一言でやる気を無くす。
住民パワー
ファンクの帝王ジェームス・ブラウンは演奏ミスをしたメンバーから罰金をとっていた。
桃アパートおばけ
しょうもない公家にメガトンパンチを喰らわせ、本日の営業は終了した。
エボシロック
「こんな害獣でよければ…」モグラはプロポーズを受け入れた。
くのゐち
等高線に沿って地蔵を置いた。
morin
屁を残して、乗り換える。
ふじーよしたか
寸評

●茂具田氏「父方のボブと〜」母方にもボブが?!読む者をもれなくザワつかせる書き出し。
●terayo氏「私は絶対曜日感覚の〜」無人島ではそれほど役に立たない能力。
●夢雀氏「またパクチーかよ!」思い出し笑いにつられて笑ってしまう。
●にら将軍ハルナ氏「出会いは、春闘〜」はじめて「春闘」と聞いたときは桜吹雪の中、刀を交えるカッコイイ絵が浮かんだものでした。
●エボシロック氏「しょうもない公家に〜」しょうもない公家、メガトンパンチ、投げやりな語彙がいい。
●くのゐち氏「こんな害獣でよければ…」こちらこそ外来種ですが……
●ふじーよしたか氏「屁を残して〜」屁だけが立川方面へ。

続いては規定部門。今回のテーマは「部下・上司」であった。中間管理職の立場で読んで下さい。

規定部門・モチーフ『部下・上司』

「おい、上司」「何だよ、部下」
g-udon
部下フォルダの中に上司フォルダをつくってやる。
terayo
専務のラジオ体操がおもしろい。
xissa
R-1の一回戦で敗退して以来、部長の口数が少ない。
君と僕と雨
上司がくれる自然薯はいつも途中で折れている。
住民パワー
「これだからゆとりは」と散々からかってきた後輩が俺の上司になった。
もんぜん
部長のギャグが面白いかそうでないかは、すべてその時の私の気分次第だ。
g-udon
愛妻弁当を部下に食べさせながら、私は静かに興奮していた。
Mch
背中の単三電池を逆向きに入れ替えると、ようやく部下は本調子に戻った。
ろっさん
シークヮーサーサワーの言いにくさと、店長のしつこさに辟易したのは、研修三日目のことだった。
エボシロック
休日にビリヤード場で上司と鉢合わせた。共通の趣味は天保銭収集と判明した。
ボーフラ
部長代理が出したチョキにトンボが止まった。
吉田髑髏
教え子で、部下で、ご主人様。
Mch
課長にはファーストガンダムがなんであるか、しっかり叩き込まれました。
タクタクさん
黒髪ストレート、パッチリ二重にアヒル口、ミニスカート。48人の部下の見分けが付かない。
(たま)
送別会の主役はついに現れず、上司は冷えた唐揚げにレモンを絞った。
七世
何度目のサウナだろう。部長の指輪は少しきつく、私の指輪は少し緩い。
けー
「課長だって無理して上司してるじゃないですか!」説教中に部下が反撃してきた。
山本ゆうご
「すみません。今日からやる気になりかけております」部下は釈明した。
山本ゆうご
上司がイカを干し、部下は天気の心配をしている。
xissa
部下王は、係長並みの権力を有する。
紀野珍
稲穂で描かれた上司の笑顔がゆれる。
大伴
部下たちの吹き矢が頬をかすめた。
大伴
こっちの陸ガメ然としたほうが上司か。
terayo
寸評

●g-udon氏「おい、上司」いつもこの台詞ではじまるコントシリーズが観たい。
●terayo氏「部下フォルダの中に〜」圧縮しまくってクラウドに上げてやる!
●Mch氏「愛妻弁当を部下に〜」「寝取られモノ」というエロジャンルがあるらしいが、こちらはさらに高度な変態。
●ボーフラ氏「休日にビリヤード場〜」渋い。上司と部下の関係にハードボイルドを感じさせる。
●山本ゆうご氏「課長だって無理して上司してる〜」このあとかさまのBL展開へ。
●紀野珍氏「部下王は〜」文具の補給申し立て、コピー機の電源を切るなどの権限が与えられている。
●大伴氏「稲穂で描かれた上司〜」スゲエ刈りたい!

それでは次回のモチーフを発表する。
次回モチーフ
「散歩」
次回のテーマは散歩。考えてみれば散歩ってずいぶんあいまいな行為ではないか。さしたる目的もなくただ歩く。でもだからこそ日常では気づかない発見があったりする。すれ違うだけの他人が妙に気になったりする。近所の散歩、旅先での散歩、ペットの散歩。時間帯によっても違うだろう。気候も秋らしくなって出歩くにはちょうどいい季節。まずは歩き出し、書き出してみてください。締め切りは10月13日正午、発表は15日を予定しています。下の投稿フォームから部門を選んで送っていただきたい。力作待ってます!
最終選考通過者
ヘリコプター/もろみじょうゆ/モヤッてぃ/ぐるりん/あいんべ/セッドあとむ/珠四季/ウウタルレロ/ビールがぶ子/せっとん/哲ロマ/
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓