特集 2017年10月30日
 

うどん屋併設の飲めるビリヤード場

あれって夢だったのかなと、まだ思っている話を書きました。
あれって夢だったのかなと、まだ思っている話を書きました。
ある旅の最後に、すごく素敵な時間を過ごした。

ざっくりいうと、ビリヤード場でちょっと飲んで、併設のうどん屋でうどんをすすったという話なのだが、とてもよかったのである。よすぎて場所や店名をはっきりと書けなくてすみません。

ぼんやりとした記憶だけで書くので、半分創作だと思って読んでください。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「これが「お菓子の城」なのか!」
人気記事:「一番安い寝台車のシート、ノビノビ座席で寝てきた」

> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

ビリヤード場へ飲みに行く

遠方取材という名の一人旅の最終日、その地域に住む友人と4人で、夕方からちょっとどこかで飲もうかという話になった。

そのうちの1人は、変わった場所巡りをライフワークとしているライターの金原みわさんだったのだが、すごいビリヤード場があるらしいからそこにいきたいと提案してきた。ただ、まだ実際に行ったことはないので、どうすごいのかはよくわからないらしい。

私はプールバーというのをプールがあるバーだと最近まで思っていたくらいビリヤードとは縁がなく(ビリヤード台のあるバーのことだそうです)、あとの2人もビリヤードにはそれほど興味はないようだが、金原さんがすごいというのならと行くことになった。

まだ開店まで時間があったので、別の場所で一杯飲んで近況報告などをすませ、ほなそろそろいこかと目的の店へと向かう。

店の場所はターミナル駅のすぐそばで、再開発の流れを断固拒否しているような渋い通り沿いにあった。
すぐそこはギンギラギンの世界という場所。
すぐそこはギンギラギンの世界という場所。
「その店、ビリヤード場だけど、うどん屋もやっていて、飲めるらしいんですよ」

金原さんから事前にそんな話を聞いていたが、まったくピンとこなかった。なに屋だそれ。

そして実際に行ってみると、一つの建物に入り口が二つあり、一つはうどん屋(というか飲み屋)で、もう一つの入りにくい方がビリヤード屋となっていた。
一見さんの我々としては、ビリヤード側はものすごく入りづらい入り口だ。
一見さんの我々としては、ビリヤード側はものすごく入りづらい入り口だ。
これはどうしたものだろうと、4人で入り口からちょっと離れた場所に立って、しばらくぼんやりとした。なんだろうね、この二択の入り口。

一応酒を飲みに来たのだから、大漁とか地酒とか書いてある方の暖簾をくぐるのが正解なのだろうが、初志貫徹ですごいビリヤード場とやらに足を向ける。

たぶん全員、一人だったら絶対に入らなかったと思う。

確かに飲めるビリヤード屋のようだ

慎重に扉を開けると、まず黒いモシャモシャした犬が寄ってきて、すぐに飼い主っぽいおじさんのとこに戻っていった。常連さんだろうか。

いきなりの犬にびっくりしていたら、奥から私と同年代かちょっと上くらいの男性の店員さんが、「ビリヤードですか?」と聞いてきた。

ビリヤード場なのだから聞くまでもない質問なのだが、金原さんが「いえ、飲めますか?」と強いハートで聞き返す。

「はい、大丈夫ですよ」とあっさり通された先は意外と広く、縦に3台のビリヤード台が並んでいた。店員さんは男性2名で、雰囲気が何となく似ている。兄弟だろうか。
ビリヤードのルールはナインボールしか知りません。
ビリヤードのルールはナインボールしか知りません。
ここに来てビリヤードをやらないというのは、本当にありなのだろうか。釣り堀にきて、全員が竿を出さずに眺めているだけのようなものだ。

それは迷惑な客なんじゃないかと不安になったのだが、よく見れば入り口側の二台にはメニューや箸がおかれており、普通のテーブルとして使われているようだ。

ちょっとまだこの店の作法がわからない。
「どうしたらいいんですかね」という顔で、髪質の似た3人がそろって首をひねる。
「どうしたらいいんですかね」という顔で、髪質の似た3人がそろって首をひねる。
「飲み物は?」と聞かれて我に返り、あわててビリヤード台の上のメニューをみる。

カクテルやウイスキーが横文字で並んでるのだろうと思ったら、縦書きで日本酒が強く押されていた。カタカナの飲み物なんてビールだけだ。
メニューの「おのみもの」という平仮名が、「おのののか」の妹みたいだなと思ったが、口には出さなかった。
メニューの「おのみもの」という平仮名が、「おのののか」の妹みたいだなと思ったが、口には出さなかった。

この状況についていけず、まったく頭が回らないので、とりあえず生ビールを頼む。まさに、とりあえずの生だ。

ドリンクを頼んで一呼吸したところで、フードのメニューを眺めてみると、こちらもミックスナッツとかサラミではなかった。
誰かがこぼした跡がくっきりと残るビリヤード台の上に置かれた居酒屋メニュー。
誰かがこぼした跡がくっきりと残るビリヤード台の上に置かれた居酒屋メニュー。
ずらっと並んだお造りの数々に、ホタルイカ素干しやエイヒレなど。おでん各種150円というのもある。これはもう完全に飲み屋だ。

ようやくわかってきた。もう一つの入り口のうどん屋とメニューが共通で、こっちのビリヤード場でも同じものが食べられるということのようだ。

しかし、この店の謎はまだまだこれからだった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓