特集 2017年11月7日
 

ウルシのことを知るためだけの旅

!
僕らは、ウルシのことを知ったつもりになり過ぎているんじゃないだろうか。

実物の木を見たことも無いのに、伝統工芸だとか、肌がかぶれるだとか、そんな話ばかり聞きかじってきた。

この夏、そんな僕が、ただウルシのことを知るためだけに、都心から3時間かかる茨城県の北端「大子町」まで行ってきた。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。

前の記事:「雑草の大豆から豆乳は作れるのか」
人気記事:「32年間眠りつづけた「コスモ星丸」を発掘した」

> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

ウルシの『旬』は7〜8月

大子町は「だいごまち」と読む。
茨城県の北端にある、風光明媚な山あいの町だ。
日本三大滝の「袋田の滝」があり、紅葉の美しい温泉地であり、そしてウルシの一大産地でもある。
ディーゼル列車で水戸からさらに1時間半。風情ありすぎる鉄旅。
ディーゼル列車で水戸からさらに1時間半。風情ありすぎる鉄旅。
まずお邪魔したのは益子さんのウルシ畑だ。
ウルシの樹液を取る職人を「ウルシ掻き(かき)」というが、益子さんは趣味で始めた漆器づくりが高じて、今ではウルシ掻きをやっているんだそう。
駅から送迎の車に乗り、道ばたに停めて丘を登ること5分、かぶれ対策に長ソデを着て来た僕らは汗だくだくになりながら、目的のウルシ畑に到着した。
「ウルシ掻き」の益子さん。華麗なカンナさばきで樹液を採る!
「ウルシ掻き」の益子さん。華麗なカンナさばきで樹液を採る!
黒く等間隔に太い傷跡がつけられた木が立ち並ぶさまは異様で、写真だけ見ると、何か凶々しい儀式が行われたようにさえ見える。
いちばん上が今日の傷跡。
いちばん上が今日の傷跡。
しかし、もちろんこれは益子さんが採取のために掻きとった傷跡だ。よく見ると整然とていねいに傷つけられている。
はじめまして! 僕、まったく見たこと無いんですが、ウルシってどうやって採るんですか。
ウルシはね、まずこのカンナで皮を削り取るんだ。すると浸み出してくっから、ヘラですくって桶にためてくんだよ。
ウルシ採取の3つ道具。カンナが特にかっこいい。
ウルシ採取の3つ道具。カンナが特にかっこいい。
実際の作業のようすの動画だ。(23秒)
浸み出したばかりの真っ白いウルシを、一滴もこぼさずすくい取る、なめらかで流麗な動きがすばらしい。
採取のピークとなる真夏の時期は、毎日、早朝から休みなく集め続けるのだという。
すごい! 桶を木にくくりつけて溜まるのを待つ、とかじゃないんですね!
日本のウルシはこのやり方だな。この方が質のいいウルシが取れんだァ。
でも正直、このやり方だと採れる効率はそれほど良くないんじゃないですか
そうだなァ、今日は曇天無風、最高のウルシ日和だけど、朝から採ってこれぐらいだな。
朝から取ってコップ一杯分ぐらい!
朝から取ってコップ一杯分ぐらい!
ウルシ採取の最盛期だと聞いていたので、もっとこう、どばどば出るのを想像していたのだが、本当に少ない。うっかり転んでこぼしたら仕事を辞めたくなるレベルだ。気が遠くなる。

木は、4日に1回のペースで新しい切り傷をつけられ、秋まで樹液を採取されたあと、冬には切り倒されてしまうんだそう。
切り倒されたウルシの木。10年かけて育てられ、半年で役目を終える。
切り倒されたウルシの木。10年かけて育てられ、半年で役目を終える。
ところで、僕思ったんですけど、このカンナの形、複雑さがすごいですよね。
電話で説明しろと言われても絶対不可能な形。製法の想像すらつかない。
電話で説明しろと言われても絶対不可能な形。製法の想像すらつかない。
ああこれな。もう作れる職人さんもほとんどいないんだ。
そうな貴重品なんですか!確かに作るの難しそうですが……。それともう一つ思ったんですが、3つ道具のうちの、このカマは何に使うんですか?
カマ。独特のカーブが遊牧民の武器みたいでかっこいい。
カマ。独特のカーブが遊牧民の武器みたいでかっこいい。
益子 ああ、これはいろいろ……、傷つける前に木の皮を整えたりすんのに使うんだよ。あと、マムシが出てきたときにはこれで退治するんだ。
マムシ! すごい世界ですね……
んでも、最近はイノシシが増えたからマムシは減ったんだ。イノシシがマムシを食ってくれっから。
(もうすご過ぎて、わけが分からない……)
浸み出したばかりの樹液は真っ白。空気に触れると、みるみる茶色く変色していく。
浸み出したばかりの樹液は真っ白。空気に触れると、みるみる茶色く変色していく。
カンナ職人の件で察せられるかもしれないが、ウルシ農家は全国的に人手不足なんだそうだ。
昔は茨城でも1万人以上もウルシ採取の職人がいたのだが、非常に少なくなっており、大子町でも5人しかいないらしい。
ところでこれ、僕も含めみんな思っていると思うんですが、ウルシ農家の人ってウルシにかぶれないんですか?
ハハハ、そりゃ、たまにはかぶれるよ。でもひどくかぶれる人はそもそもウルシ農家にならねェな。ウルシより命のほうが大事だろ。アハハハハ!
確かに。
その他にも季節による樹液の質の違いや、まっすぐの木にに育てる苦労、ウルシの花や実の使い道など、興味深すぎる話をたくさん聞けて書ききれないほどであった。
名ごり惜しいが益子さんには深くお礼を申し上げて、畑から移動し、次は漆器づくり体験に挑戦した。
なんとこの僕でも、漆器が作れてしまう!
なんとこの僕でも、漆器が作れてしまう!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓