特集 2017年11月15日
 

雪山を完全に甘く見て、レスキューヘリで運ばれた話

!
昨シーズンの冬のこと。
ぼくは群馬県の赤城山に登山をしに行って滑落し、足首を折ってレスキューヘリで病院まで運ばれる事態となった。
めったにあることではないこの経験を、強い自戒を込めて語り残したいと思う。

※注:山岳救助は命がけの非常に危険な任務です。この記事を読んで、「レスキューって簡単に来てくれるんだ」とか絶対に思わないでください。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。

前の記事:「ウルシのことを知るためだけの旅」
人気記事:「32年間眠りつづけた「コスモ星丸」を発掘した」

> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

「挑戦!雪山ハイキング!」

雪山ハイキング、という遊び方を知っていますか。
雪山、と聞くとハードルが高そうに思えるけど、低山なら実はそうでもありません。
服は夏山装備にフリースを着込むだけでOK。あとは軽アイゼンを付けるだけで、一面の雪景色はあなたのもの!
キャプション!
キャプション
……というような情報を鵜呑みにして、危険性を甘く見て向かった結果、僕はレスキューヘリで雪山から救出されることになった。
そのあとの入院生活は2週間におよび、各方面に甚大な迷惑をかけることになった。
手術が想定外にきつくて、しばらく動けなかった
手術が想定外にきつくて、しばらく動けなかった
以下、僕がレスキューされるまでの当日のいきさつを振り返るので、どこに事故の原因があったのか、画面に蛍光マーカーで線を引きながら読んで欲しい。

「ファミリー登山の山だから、大丈夫だよ」

群馬県の赤城山。標高1828m。
日本百名山には入っているが、湖畔の1360m地点から始まる登山コースは短く単純で、典型的なファミリー登山の山だ。
湖畔からの赤城山登山コース。(カシミール3Dで作成)
湖畔からの赤城山登山コース。(カシミール3Dで作成)
メンバーは学生の頃から登山に行っているいつもの仲間で、経験豊富とまではいかないが、それなりに山には慣れている。何度かアルプスに行ったこともあるし、赤城山も夏なら登ったことがある。

しかし雪山は未経験だったため、「3人で雪山ハイキングから挑戦してみよう」と、僕が誘うかたちで行くことになり、晴れた3月の朝に新宿駅を出発して、僕らは赤城山の入り口までたどり着いた。
入り口でアイゼンを靴に取りつけます
入り口でアイゼンを靴に取りつけます

雪山の装備「アイゼン」とは?

滑り止めのために取り付ける「爪」のこと。これは本格的なアイゼン
滑り止めのために取り付ける「爪」のこと。これは本格的なアイゼン
夏山に残る雪を「雪渓」と言うが、僕は何度か雪渓を小さいアイゼン(軽アイゼン)で越えたことがあったので、
「今回は雪山ハイキングだし軽アイゼンで大丈夫だと思う」と友達に伝えた結果、2人は軽アイゼンで山に入った。
最初の頃は確かに、軽アイゼンでも問題はなかった
最初の頃は確かに、軽アイゼンでも問題はなかった
しかし中盤以降、思ったよりも雪が深く、軽アイゼンの友達たちはまあまあに苦労していて、これは間違ったアドバイスをしたなと申し訳なく思っていた。
だが、自分に関しては本格アイゼンを装備していて、降り固まった雪の固さもほどよく、滑る気配すら無かった。
後半になると、4本爪の軽アイゼンは無力に等しかった
後半になると、4本爪の軽アイゼンは無力に等しかった
とはいえこの日は晴れた3月の日。
積雪が凍りついていることもなく、ちょっと汗をかいたぐらいの運動量で、僕らはあっという間に尾根にたどり着いた。
眺めも最高! あとは尾根歩き、ほのぼの!
眺めも最高! あとは尾根歩き、ほのぼの!
尾根付近はフィールドも広く、他の登山客の中には「ヒップそり」と呼ばれるおもちゃのそりで斜面を滑って遊ぶ人もいて、それがとても楽しそうに僕の目に映った
キャプション!
かくして、無事に予定通り山頂へと着いた僕らは「腹減ったー!」と叫びながら昼ごはんを作り、高校生のような勢いで山盛りのパスタを食べた。
雪をコンロで溶かしてパスタを茹でて……
雪をコンロで溶かしてパスタを茹でて……
あっという間に冷めるので、一気に食べる!
あっという間に冷めるので、一気に食べる!
いいね!いいね! 雪山いいね!
赤城山に対して500いいねをグーで押し付けたいぐらいの「雪山挑戦、大成功!」である。
あとは下山だけだ。ほぼまっすぐ一本道の下山道を僕らは下り始めた。

危険個所は読み取れたでしょうか

以上が事故直前までの僕の行動である。
マンガや映画だったら、「この人、このあと確実に不幸に遭うな」という予兆が端々に見てとれるだろう。
そのとおり、次のページからこの登山行は暗転する。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓