特集 2017年11月17日
 

南米「チリ」が細長すぎるので横断する

チリは細長いので横断が楽なはず!
チリは細長いので横断が楽なはず!
横断というものがある。縦ではなく、横切ることだ。アメリカ大陸横断と言われると、すごいことのように感じる。アフリカ横断、ヨーロッパ横断など、横断はすごいことであり、やりきればとんでもない達成感を得ることができる。

ただキツいのは嫌だ。サクッと達成感を得たい。ふらっと横断して達成感を得たいのだ。そこで南米「チリ」である。思い浮かべて欲しい。めちゃくちゃ細長い国なのだ。ぜひチリを楽して横断し、達成感を得ようと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。

前の記事:「安い肉を100均の商品で高級肉にする方法」
人気記事:「一人で女子とカフェデートしている写真を撮る方法」

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

細長い国「チリ」

チリという国を思い浮かべて欲しい。細長いと思ったのではないだろうか。それは正しい。チリはとんでもなく細長い国なのだ。パンで言えば「ナイススティック」、土の中の生き物で言えば「ミミズ」、人間で言えば「身長185cm、体重53kg」のような細長さなのだ。
これがチリです! 細長い!!!
これがチリです! 細長い!!!
このチリを縦断しろと言われたら絶対に嫌だ。南北に4300kmもあるのだ(ちなみに日本は約2700km)。車で横断しても何日かかるかわからない。もちろん達成すれば達成感があるだろうけれど、4300kmはキツい。
長いんですよ!
長いんですよ!
そこで横断なのだ。チリの東西は平均すると170キロ。4300kmを聞いたあとの170kmはもはや誤差にすら感じる。横断でも達成感はあるのではないだろうか。だって、チリの端から端まで行くことに代わりはないのだから。
ということで、
ということで、
チリの端(横断目線で言えば)の
チリの端(横断目線で言えば)の
バルパライソに来ました!
バルパライソに来ました!

横断は楽チンに!

チリの太平洋に面した町「バルパライソ」にやってきた。ここから首都サンティアゴを通り、アルゼンチンとの国境を目指す。日本でも首都「東京」を通るルートで横断すると300kmほどあるので、チリの方が断然楽に横断して達成感を得ることができるのだ。
朝9時に、
朝9時に、
横断を
横断を
開始しました!
開始しました!
バルパライソの海には、いくつかの大きな船が浮かんでいる。この私の視線の数万キロ先に日本がある。そして、振り返り街並みを見れば、その先約200キロほどでアルゼンチンとの国境がある。横断、楽だ。
高速バスの
高速バスの
チケットを買いました!
チケットを買いました!
横断の方法は「バス」である。徒歩や自転車など横断という選択肢もあるけれど、バスという文明の利器があるのでそれを使う。より楽に横断することができるのだ。まずは「バルパライソ」から「サンティアゴ」に向かうバスに乗り込む。
バスに、
バスに、
乗り込みます!
乗り込みます!
サンティアゴを目指します!
サンティアゴを目指します!
チリはバス文化のようで、高速バスもかなり綺麗だ。サンティアゴまでは1時間半ほど。こんなに楽に横断できるとは思っていなかった。海からバス乗り場までも徒歩10分ほどだ。あとはこのバスに乗っていればいいのだ。少し寝ていたらサンティアゴだった。
サンティアゴからは、
サンティアゴからは、
アルゼンチンとの国境を目指して、
アルゼンチンとの国境を目指して、
またバスに乗り込みます!
またバスに乗り込みます!
サンティアゴから国境までもバスだ。乗っていれば横断できてしまうのだ。チケット売り場ではスペイン語しか通じないけれど、紙に書いて見せれば問題なく買えた。ちなみに値段は全部で7000円ほど。7000円で横断できるのだ。安い。
サンティアゴから、
サンティアゴから、
やがてのどかな景色に!
やがてのどかな景色に!
サンティアゴはやはり都会で、大きなビルが建設中だった。10年後またここに来れば違った景色になっているだろう。やがて街並みは自然へと変わっていく。遠くには上部が白くなった山々が見え始める。アンデス山脈だ。視線をもっと手前に合わせると、ぶどう畑が広がっている。季節外れで全部枯れ木みたいだったけど。
ジュースとお菓子をもらった
ジュースとお菓子をもらった
日本の高速バスよりもゆったりとした座席で、6割くらいの座席が埋まっている。観光客はいないようだ。車内には運転席からラテン系のノリのよい音楽が耳障りではない程度に聴こえてくる。乗務員さんがお菓子をくれたりなど、日本のバスにはないフレンドリーさがあった。
アンデス山脈をバスは走る
アンデス山脈をバスは走る
サンティアゴから国境までは3時間ほど。そして、アンデス山脈越えにバスは挑む。都心の数階建ての駐車場の坂道のような道を登って行く。大きなトラックが何台も走っている。外の景色には薄く雪が見え始め、サボテンが寒そうに立っている姿が見える。
たぶんアコンカグアだと思う
たぶんアコンカグアだと思う
たぶんアコンカグアも現れた。アジア以外の大陸で最高峰の山だ。私はアコンカグアを見て興奮していたけれど、他の乗客はそうでもないようだ。3時間が経った頃、長いトンネルを抜けて、アルゼンチンとの国境にたどり着いた。いよいよ横断達成のその時である。
長いトンネルを抜けると、
長いトンネルを抜けると、
国境です!!!!
国境です!!!!

横断は5時間くらい!

朝9時にチリの海辺にいて、8時間半後には山の中。そして、横断達成だ。たった8時間半で得られる達成感。バスに乗っているだけだったけれど、達成感はある。だって端から端まで移動したのだ。しかも、バスの待ち時間を除けば実は5時間弱で横断したことになる。
バスに乗っていただけですが、
バスに乗っていただけですが、
横断しました!!!
横断しました!!!
ログを見ると途中で無駄にまっすぐ走っている箇所があるけれど、5時間である。余裕を持って移動していたので、バスの待ち時間がたくさん発生して、8時間半かかっているけれど、5時間弱で横断できちゃうのだ。
バスに乗っているだけで達成感!
バスに乗っているだけで達成感!
国境は殺風景な景色だ。入国審査をする大きなプレハブ小屋とちょっとした食事ができるこれまたプレハブ小屋のようなレストランがある程度。横断おめでとう、という横断幕があるわけでもない。だってたった5時間なのだ。睡眠時間が5時間だったら短いと感じる。その程度で横断できるのだ。
国境は、
国境は、
殺風景!
殺風景!

ここからの地獄

これでチリ横断は達成した。日本でも首都東京を通るルートで横断しようとすれば300kmほどあり、チリでは首都サンティアゴを通るルートでも200kmなので距離的には短いのだけれど、問題はここからで、私の乗っているバスはアルゼンチンのメンドーサまで行くのだ。
国境のチェックがめちゃくちゃ長い!
国境のチェックがめちゃくちゃ長い!
国境で降ろされても周りに何もないので、メンドーサまで行くことは認めるけれど、アルゼンチンの入国審査になんと6時間もかかり、全部で12時間もバスに乗っていた。バルパライソの1時間半を入れれば、13時間半のバスの旅。アルゼンチン着いたら深夜0時を過ぎていて、日本で横断した方が断然早かった。
すっかり真っ暗になって、
すっかり真っ暗になって、
メンドーサに到着!
メンドーサに到着!
深夜ですよ(現地時間は時差があるので24:20)
深夜ですよ(現地時間は時差があるので24:20)

達成感はあった

チリが細長いので、横断するのに適しているな、とずっと思っていた。それを行うためにチリに行ったのだけれど、よく考えるとチリまで30時間くらいかかって、さらにアルゼンチンまで行かなきゃいけないので、日本で横断した方は早かったかもしれない。ただバスに乗っていただけとは思えない達成感はある。
ちなみに真冬でめちゃくちゃ寒かった!
ちなみに真冬でめちゃくちゃ寒かった!

本が出ます!

12月に「ひとりぼっちを全力で楽しむ?リア充に負けない22の人生戦略」という本が出ます。ただいま絶賛予約受付中です。友だちがいない、恋人がいない、一緒にお昼を食べる人がいない、仕事がつらい、お金がない、家がないなど、そんな悩みを解決する愉快な自己啓発本です。ぜひ買ってください! お願いします!

『ひとりぼっちを全力で楽しむ?リア充に負けない22の人生戦略』
お願いします!!!
お願いします!!!
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓