特集 2017年12月3日
 

ベトナムのテーマパークが大変だ(デジタルリマスター版)

いきなりすごいテンション

カエルである。金色である。目が赤である。その皮膚感、堂々とした五段腹、鋭利な爪、口にくわえた五円玉みたいな硬貨。しかもゆっくりと回転しているのである。

つっこまなくてもいい場所を探す方が大変だ。何でまたエントランスにフィーチャーされたのかは不明だが、このカエルはお金を司る神様なんだそうだ。
両側のキバみたいなやつもやばい
両側のキバみたいなやつもやばい
早くも完全に取り乱す私を横目にチュンさんはサクっと入場券を買ってくれていた。

「ちょ、ちょっとチュンさん、これ凄い!凄いですね!」
「中はもっと広くて凄いですよ」

どこか誇らしげに笑うチュンさんに差し出されたパンフレットを見る。 ……広い!
奥にかなり広い
奥にかなり広い
10年前にオープンしてから徐々に拡張し、現在何と約106ヘクタールもの広さだそうだ。106ヘクタールって遊ぶ場所の広さじゃないだろう。畑とかの広さだろう。
カエルの両脇のキバみたいなやつは白目の象が必死に支えていた
カエルの両脇のキバみたいなやつは白目の象が必死に支えていた
中には全部で40ものアトラクションがあるらしい。建っているだけのモニュメントをはじめ、水族館やら動物園やら観覧車もある。

このテンションのまま最後まで持つんだろうか…。とにかく気合いで全体をざっと回ってみることにした。
入り口を入ってすぐの塔。あまりにでかいせいで写真が絵のよう。塔の頭の部分は回転してた
入り口を入ってすぐの塔。あまりにでかいせいで写真が絵のよう。塔の頭の部分は回転してた
ベトナム神話のアトラクション入り口。突き出る鳥の首
ベトナム神話のアトラクション入り口。突き出る鳥の首
干支の像を祭るアトラクションの入り口。またキバだ
干支の像を祭るアトラクションの入り口。またキバだ
今度は支えるんじゃなくて口からキバをはやすスタイル
今度は支えるんじゃなくて口からキバをはやすスタイル
ただ、周りのプールをボートで回るアトラクションなのだが、まんなかのが派手
ただ、周りのプールをボートで回るアトラクションなのだが、まんなかのが派手
水族館の入り口
水族館の入り口
「あれを見なさい」
「あれを見なさい」
って言われても…
って言われても…
チュンさん曰く、「食虫植物の像ですね」
チュンさん曰く、「食虫植物の像ですね」
見事なほどにどいつもこいつも「俺が俺が」と激しく主張している。 さすがに文化が違うとここまで表現方法も変わってくるのか…などと、冷静を装ってはいるが正直、大混乱だ。なんなんだ、こいつらは。
気合いの入った像の隣で遊ぶ子供
気合いの入った像の隣で遊ぶ子供
「あ、あのチュンさんこの像って…」
「像は神話や宗教の物語に基づいたものが多いですね。凄い迫力でしょう。でもここから先は日本の遊園地と似てると思いますよ。トランポリンとかジェットコースターとか。売店も一杯並んでます」

そ、そうなのか…? 気を取り直してさらに奥地へと入っていきます。
園内の人々のゆるさにギリギリ癒される
園内の人々のゆるさにギリギリ癒される

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓