特集 2017年12月3日
 

ベトナムのテーマパークが大変だ(デジタルリマスター版)

!

岩、顔だった

プールは別料金の入場料が高いからと遠慮するチュンさんに入り口で待ってもらい、一歩足をプールコーナーに踏み入れた途端の景色が上の写真だ。

顔だったよ、岩。

その高さ、70メートルだそうだ。因みに先日窪塚洋介さんが落下したビルは26メートル。さすがにこの顔から落ちれば窪塚さんも助からなかったかもしれない。自宅で良かった(本記事は2004年初出ですが、時事ネタも趣深かろうとそのままにしました)。

でかいだけではなく見れば見るほど穏やかなその顔つき。ベトナムの初代国王の像だという。バスから見た岩は、この顔の裏側だったのだ。
プールの入り口はこんなかんじ
プールの入り口も一切気を抜かないこのテイスト
逆サイドには別の方も
国王の顔の逆サイドには別の方も
で、これ、滑り台の出口
で、これ、滑り台の出口
子供以上にはしゃいでいるプールの造形
子供以上にはしゃいでいるプールの造形
思いつく限りの派手をぶち込んだ龍
思いつく限りの派手をぶち込んだ龍
もう分かった、分かったから今日はこの辺で勘弁してくださいとお願いしたいほど、勢いは止まらない。
もうヒレというヒレが飛び出しまくり
もうヒレというヒレが飛び出しまくり
タコは空を飛び
タコは空を飛び
色とりどりの魚は群れる
色とりどりの魚は群れる
そしてやはり瞳孔は開かれたまま
そしてやはり瞳孔は開かれたまま
そしてまた顔
また顔
こんな事態を予想していなかったため水着を持ってきておらず、写真を撮るだけにとどまったのだが、水しぶきがふいに口に入ったら薄っすらしょっぱかった。海水を模しているのだという。肌にいいのだそうだ。

間違った方向と正しい方向へ、同時に至れり尽くせりだ。完全な全力投球ぶり。

さらに、でかい顔は内部が空洞になっていて、階段かエレベーターで目の高さまで上がることができる。せめてもの負けん気を発揮して意地で階段で登頂した。
!

今日一日で一生分のなにか、派手な物を見た気がする。帰りのバスに乗り込んであまりのショックにボーっとしていると、チュンさんが、あっ!と言った。

公園の一番奥に、6,000匹のワニがうじゃうじゃいる沼でワニ釣りができるというアトラクションがあったのをすっかり忘れていたそうだ。そんなものまであるとは。完敗だ。ベトナムのテーマパーク、確かに大変なことになってました!

さらに別れ際、握手する手にぎゅっと力を込めてチュンさんが笑って言うには「ホーチミンの南にも同じような面白い遊園地があるので、次またベトナムにいらしたときにはご案内しますね」

なんと、まだ他にもあるのか…。ぜひまた案内、よろしくお願いします。(再録追記:チュンさんお元気だといいなあ)
お土産屋さん、右側はお面です。日本とだいぶ感じちがう
お土産屋さん、右側はお面です。日本とだいぶ感じちがう

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓