特集 2018年1月11日
 

琵琶湖疏水の船下り試乗会に参加した

紅葉の山科盆地をボートで進む

大津から第一トンネルを抜けるとそこは山科だ。ここから琵琶湖疏水は盆地北側の山裾に沿って続いていく。
美しい石積を眺めながら進んでいくと、前方に水門のような施設が現れた
美しい石積を眺めながら進んでいくと、前方に水門のような施設が現れた
阪神淡路大震災を契機に設置された、緊急遮断ゲートとのことである
阪神淡路大震災を契機に設置された、緊急遮断ゲートとのことである
以前に琵琶湖疏水を辿った時には何の施設か分からずスルーしていたが、ガイドさんの話によると大地震が起きて堤防が決壊した際に自動で流水を停止させる装置とのことだ。内部に仕込まれたゲートは下からでないと見られないそうで、これもまた船下りならではの特典である。
琵琶湖疏水には橋が数多く架けられている
琵琶湖疏水には橋が数多く架けられている
煉瓦造の土台も間近に見られるのが嬉しい
煉瓦造の土台も間近に見られるのが嬉しい
琵琶湖疏水に架かる橋は、いずれも土台を盛って疏水より高く築かれている。これはもちろん、荷物を載せた船が通れるようにする為の配慮だ。ことごとく、船運を意識した作りである。
紅葉を眺めていると、やがて四ノ宮船溜まりに到着した
紅葉を眺めていると、やがて四ノ宮船溜まりに到着した
広々とした船の停泊スペースにはサギの姿も見られる
広々とした船の停泊スペースにはサギの姿も見られる
この船溜まりから先もかつては山沿いに疏水が築かれていたのだが、JR湖西線の建設によって流路の変更を余儀なくされ、昭和45年(1970年)に山を抜ける520mの諸羽トンネルが築かれた。
明治の第一トンネルと比べると、装飾が無くて素っ気ない印象である
明治の第一トンネルと比べると、装飾が無くて素っ気ない印象である
ちょうど風の通り道になっているらしく、物凄い向かい風で寒かった
ちょうど風の通り道になっているらしく、物凄い向かい風で寒かった
諸羽トンネルを抜け、疏水は再び開渠となる
諸羽トンネルを抜け、疏水は再び開渠となる
疏水の岸には船の繋留に関する構造物が連なっている
疏水の岸には船の繋留に関する構造物が連なっている
さらに進んだところで、ガイドさんが「ちょっと耳を澄ましてみて下さい、川の音が聞こえませんか?」と訊ねてきた。

正直、ボートのエンジンや疏水の音にかき消されて全く分からなかったのだが、ガイドさんが言いたいことはすぐに分かった。そうだ、確かこの辺りで疏水と川が立体交差するのであった。
以前に琵琶湖疏水を歩いた時は事前情報がなく、川の交差点に驚いたものだ
以前に琵琶湖疏水を歩いた時は事前情報がなく、川の交差点に驚いたものだ
この交差部に築かれている煉瓦橋も非常に立派なものなのだが、残念ながら船の上からでは橋はおろか川の存在さえ感じられない。

たぶん私以外の乗客は、疏水の下を川が通っていると聞いてもイマイチピンとこなかったのではないだろうか。過去に琵琶湖疏水を歩いた経験が活きた感じである。
この辺りは紅葉が非常に美しい
この辺りは紅葉が非常に美しい
何やらカツンと音がしたと思ったら、どんぐりが落ちていた
何やらカツンと音がしたと思ったら、どんぐりが落ちていた
うむ、この季節ならではの風情である。疏水には落ち葉が舞い、イカダのように流れていく。船下り事業が始まる春には今度は桜が咲き乱れ、疏水が薄桃色で染まるのだろう。想像しただけで絶景である。
ボートは疏水沿いを歩く人々から注目の的だ
ボートは疏水沿いを歩く人々から注目の的だ
皆ボートを見るなり足を止め、写真を撮ったり手を振ったりしてくれる
皆ボートを見るなり足を止め、写真を撮ったり手を振ったりしてくれる
山科の琵琶湖疏水沿いは遊歩道として整備されており、通行人の姿が多い。いつも散歩で歩いているような地元の人でも、疏水を下ってくる船を見ることは滅多にないのだろう。

反応は総じて良く、ボートに乗っているだけのこちらもなんだか誇らしく思えてくるから不思議なものだ。私は今、琵琶湖疏水における船運復活の現場に立ち会っている、そんな感じがした。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓