特集 2018年1月14日
 

中華街のパンダたちがヤバすぎる

!
上野動物園のシャンシャンが大人気だったり、みんなが今いちばん好きな動物、パンダ。

一方、横浜の中華街って、実はパンダだらけなのだが、ときにパンダのレベルを超えたヤバイパンダがいるので、一気に紹介してみたいと思う。
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!

前の記事:「ひとり紅白歌合戦2017」
人気記事:「柴犬が大根おろしに似てるので「柴犬おろし」を作ってみた」

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

ここがウワサの中華街だが、横浜なのに
!
ほぼ中国。
!
行ったことないけど、たぶんほぼ中国である。ステレオタイプの。
!
あらゆるものが中国的な中華街だが、そんな中国の象徴として
!
ところどころにパンダがいる。まぁそれはいいのだが、やや
!
いすぎるのである。ちなみに本当のパンダというのは、
!
小さかったらシャンシャンみたいで
!
大きかったらこんな感じで、とてもきゃわいい。
!
ではこんなパンダが、そんな中華街にて消費されまくった結果、一体どんな事態になっているのか、特にヤバイことになっていたパンダのTOP40を紹介してみたいと思う!
!
●1匹目
!
まずは磁石パンダである。
!
いきなりだが、これ
!
磁石らしい。が、それ以前に
!
これパンダなのであろうか。眼もヤバイし、なにより青い。
!
手の投げやり感もスゴい。そこで、とりあえず
!
インスタっぽくオシャレにしてみたのだが、どうだろう。どうだろうと言われても困るだろうが、ヤバイのは確かであろう。
!
●2匹目
!
続いてはピカチュウパンダである。が、厳密には異なる。だって全身に毛が生えている。ボツボツと。なぜ生やしたか。でもかわいい。
!
●3匹目
!
リアルパンダである。いきなりリアルは焦る。MAN WITH A MISSION か。でもパンダって本当はこんな感じなので、現実的で良い。
!
●4匹目
!
リラックスパンダである。休日のおっさんのようなリラックスっぷりである。
!
のっている子供が「のらないでね」という注意文をガン見しているが、伝わらないことって、あるよね。
!
●5匹目
!
関羽パンダである。いや関羽であった。
!
●6匹目
!
ブルースパンダである。きわめて中国的なのでよいが、眼が漆黒すぎて怖い。
!
●7匹目
!
スギパンダである。パンダのマスクのようだが、「かぶるな」とスギちゃんが。ワイルドである。
!
●8匹目
!
そして、たくさんのマスクの中にいた
!
マスクパンダである。なんかゲスい笑顔が良い。が、このマスクパンダ
!
各所にいた。ただただ不気味であった。
!
●9匹目
!
リバーシパンダである。つまり、パンダの白黒を有効利用したケースである。ただ黒いほう、生命体として気になる。
!
●10匹目
!
デカパンダである。が、もはや何かもわからない。が、かわいいから許す。しかしもしその微笑んでいる口がなかったら、虚無的な目が相当怖そうである。

でもまだまだヤバイのを見ていこう!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓