広告企画♪ 2018年2月8日
 

寅さん最後のロケ地、津山で検証「男はほんとうにつらいのか」

!
男はつらいのだろうか?
『男はつらいよ』という映画があるが、本当に男はつらいのだろうか?

どんなふうにつらいのか、「男はつらいよ」の主人公の寅さんになって検証してみたい。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「路線図の聖地ロンドンで、路線図マニアと路線図について語る」
人気記事:「あの「HG創英角ポップ体」の元となった直筆生原稿を見た」

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

ほんとうに男はつらいのだろうか

「私、生まれも育ちも葛飾柴又。帝釈天で産湯をつかい、姓は車、名は寅次郎、人呼んでフーテンの寅とはっします」

映画『男はつらいよ』テーマ曲冒頭の、仁義切りの口上は、映画を見たことない人でも聞いたことがあるはずだ。

「男はつらいよ」の映画シリーズは、1969年に公開された第1作から、1995年公開の第48作まで作られた。ひとりの俳優が演じた映画のシリーズとしては、世界最長という。

山田洋次監督は、さらにあと2作、49作、50作でシリーズを完結させるつもりだったらしいが、寅さん役の渥美清が1996年に急逝したため、『男はつらいよ』は48作が最後となった。

さて、そのシリーズ最終作となった48作『寅次郎紅の花』は、岡山県の津山市が舞台だ。

津山にやってきた。
津山の誇る洋学者、箕作阮甫(みつくりげんぽ)とSL
津山の誇る洋学者、箕作阮甫(みつくりげんぽ)とSL
盆地特有の底冷えする寒さに身が縮む。しかも、取材のこの日、日本海側に大雪を降らせた寒波がやってきており、ときおり雪がちらついていた。

事前に「寅さんのかっこうで津山を巡ってください」とだけ言われている。

「寅さんのかっこう」ってどういうことなのかな。と思っていたら、こういうことだった。
スマホをぶら下げたニュージェネレーション寅さん
スマホをぶら下げたニュージェネレーション寅さん
つらいか、つらくないかでいえば、すでにつらい。というか、寒い。寒くてつらい。さすがに寅さんでも、冬場はもうちょっとこう、温いかっこうをしてたんじゃなかろうか。

これはもう、タイトル通り、男はつらかった。で、すでに検証終了である。

ところが、そうは問屋が卸さない。このかっこうで、津山市の観光地を巡らなければいけない。

うー、寒い……。

実は鉄道のまち、津山

まずやってきたのは「津山まなびの鉄道館」だ。
津山駅のすぐ近くにあります
津山駅のすぐ近くにあります
左・観光協会の岸本祥吾さん
左・観光協会の岸本祥吾さん
観光協会の岸本さんに案内されて中に入ると、思わず、うわぁーというため息が漏れ出た。

この鉄道館、なにがすごいかって、扇形機関車庫をそのままミュージアムとしているところだ。

ちょっと見て欲しい。
ずらっとならぶディーゼル機関車たち
ずらっとならぶディーゼル機関車たち
これは、やばい。鉄道好きでなくても、このビジュアルは確実にアガる。

京都の梅小路にある京都鉄道博物館も、扇形機関車庫の鉄道館だが、中にある車両はほぼSLだ。しかし、津山まなびの鉄道館は違う。ディーゼル機関車や気動車がズラリと並ぶ。ディーゼル機関車をこういった形で、間近で見られる機会はなかなかない。
もちろん転車台もある
もちろん転車台もある
な、なつかしい
な、なつかしい
ちょうど、ぼくのような、SLの現役時代に間に合わなかった世代にとっては、SLよりもディーゼル機関車や気動車の方がなじみ深い。

とくに、JR(国鉄)しかなかった鳥取県で育ったぼくにとって、ここにあるディーゼル機関車や気動車はどれもなつかしい車両ばかりだ。

このディーゼル機関車なんかは、ちょっと前まで客車を引っ張って走ってたような気がするが、普通列車の客車なんていまやどこにも走ってない。
これが引っ張っる客車に乗ってた
これが引っ張っる客車に乗ってた

扇形機関車庫が津山にある理由

この扇形機関車庫は、1936年に作られた。80年以上まえのものだ。

津山は、姫新線、因美線、津山線と、鉄道の結節点であり交通の要衝だったため、このような扇形機関車庫が設けられた。日本国内に現存する扇形機関車庫としては、京都の梅小路機関車庫に次ぐ二番目の規模だ。
いやいやいや、なつかしいじゃねえか
いやいやいや、なつかしいじゃねえか
なかにはSLもあるけれど(D51)
なかにはSLもあるけれど(D51)
メインはディーゼル機関車だ
メインはディーゼル機関車だ
転車台などは、現在も稼働しており、扇形機関車庫も、一部、車両の整備用に使われているので、現役である。
車輪と記念写真
車輪と記念写真
ハイテンションなあまり、なにを血迷ったか、うっかり車輪と記念写真を撮ってしまった。

鉄道館あるあるとして、でかい車輪を保存しがち、というのがあるが、ここは車輪の横に、メジャーが設置してあり、親切である。このおもてなしスピリッツは見習いたい。

近すぎる鉄道模型

さて、この車庫の端にある部屋には、津山駅周辺と津山市の鉄道の様子がよくわかる鉄道模型が設置されているまちなみルームという部屋がこしらえてある。

こちらもとにかく見て欲しい。
津山駅周辺を完全再現
津山駅周辺を完全再現
鉄道館には、鉄道模型がありがちだが、普通はガラスケースの向こう側にあったりするので、若干の距離感を感じるのだが、ここはちがう。

小ぶりなものの、本当に目の前で精巧な列車の模型が動くのだ。
扇形機関車庫がどんなふうになっているのか、よくわかる
扇形機関車庫がどんなふうになっているのか、よくわかる
うっわーすげーこまけえー
うっわーすげーこまけえー
もう、寅さんのかっこうとかどうでもよくなっているのがおわかりいただけただろうか?

いやぁだって、これほんとすごいんですよ。
これボタン押すんです
これボタン押すんです
カメラを積んだ列車模型が走るんです!
カメラを積んだ列車模型が走るんです!
模型の車両に積んであるカメラから電波でモニタにリアルタイムの画像を送ってくれるやつ。これ、他の鉄道館で何回かみたことはあるけれど、壊れておらず、かつ、キッズ達に占領されてない状態で遊べるのは、はじめてみた。

そうするうちに、部屋の中が薄暗くなってきた。
夜になった
夜になった
朝、列車が動き出す
朝、列車が動き出す
このジオラマでは、1時間ごとに、実際に模型の列車をはしらせる。

朝、列車が車庫から出庫して、夜車庫に入るまで、列車をはしらせつつ再現し、町を紹介するというぐあいになっている。
扇形機関車庫の転車台が実際に動く。

既製品の製品を幾つか組み合わせつつ、扇形機関車庫の建物などは、手作りでつくったものらしい。

これは子供が釘付けになるだろうなというのはわかる。
!
目線が子どもになる

これまたなつかしい「あゆみルーム」「しくみルーム」

!
ほかにも、この鉄道館には「あゆみルーム」「しくみルーム」という部屋が準備されている。

鉄道の歴史と仕組みについてまなべるというわけだ。
箱をそのまま引きずるのと、車輪をつけたばあい、線路の上を転がすばあい、と3パターンの摩擦のかかり具合を試せる
箱をそのまま引きずるのと、車輪をつけたばあい、線路の上を転がすばあい、と3パターンの摩擦のかかり具合を試せる
ここでおもしろかったのは、タブレット交換の機械だ。展示してあるだけでなく、実際に動かしてそのしくみを体験できる。
タブレットの仕組みを解説
タブレットの仕組みを解説
タブレットというのは、列車の正面衝突を防止するための列車の通行手形のようなものだ。現在JRでは使われていないが、一部の私鉄ではまだ使われているところもある。
真ん中のメダルみたいなのがタブレットだ
真ん中のメダルみたいなのがタブレットだ
かなりでかくて重い
かなりでかくて重い
ある一定の区間「閉塞区間」を列車が走るとき、必ずこのタブレットを持った列車でなければ、その区間を走ることができなくして、列車の正面衝突を防ぐ仕組みだ。

つまり、線路を順番に走る権利のやり取りを手渡しで行っていたというわけだ。しくみ自体は単純だけれど、絶対に間違えてはいけないので、タブレットも異常にでかくて重く、装置がかなり大げさになっていておもしろい。

カレンダーがかっこよすぎるぞ

この鉄道館、規模としてはそんなに大きくないとはいえ、かなり見どころが多く、はっきりいってたのしい。そして、ミュージアムショップにもなかなかシブいものが売っている。
気動車大集合だ
気動車大集合だ
鉄道のカレンダーにしては、かっこよすぎる。完全にスターウォーズだ。
面構えとしては地味めなキハ系の気動車も、配置の仕方によってはかっこよくなるのがわかった。


現代の寅さんは自撮りする。



 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓