特集 2018年1月26日
 

角の洋品店のウインドウサインが素敵だった

こういうウインドウサインをみまもりつづけました
こういうウインドウサインをみまもりつづけました
最寄り駅近くの交差点角に洋品店がある。

ビルの1階で、婦人服やカバンなどが並び、やや高めの年齢層が対象のような、私鉄の駅前に1軒くらいはある感じの店で、最初はあまり気にしていなかったのだけど、ショーウインドウに貼られた手作りのウインドウサインが季節ごとにこまめに貼り替えられているのに気づいて、なんか素敵だなと思い、なんとなく定点観測的に写真を撮りはじめた。

それが6年前。気づいたら写真がかなりたまったので、ちょっと見てください。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「 どっちがルミネでどっちがミロード?(デジタルリマスター版)」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


値下げでセール

手元に残る写真の中でいちばん古いのはこれ。日付を見ると2012年1月16日だそうだ。
この寒さに ほしい品々 値下げで セール
この寒さに ほしい品々 値下げで セール
お店は交差点の角にあって、この大きなショーウインドウは車通りの多い道に面している。写真左に見える道を右の方に行くと駅で、お店の入口もそちらに面している。

斜めから撮っているのは、正面からだと自分の姿が写り込んでしまうのと、反射でウインドウサインがよく見えなかったからである。あとこの写真を撮った位置の真横に電柱があるので、定点観測の目印に良いかなと思った、ような気がする。
サインの部分を少し拡大してみた
サインの部分を少し拡大してみた
何で撮りはじめようと思ったか、もう正確には覚えていないけれど、この「値下げでセール」というフレーズが独特で妙に気になった気がする。あとワープロかパソコンで出力した文字を切り抜いた、ように見えて、大きさとか形とか微妙にバランスが気になる部分があって(「値下げ」とそのあとの「で」とか)、そのあたりも引っかかったのだと思う。

しかしとにかく手作りな感じがいい。そしてこれが、およそ10日後にこう変わった。
2012年1月27日撮影
2012年1月27日撮影
値下げでセールはそのままに、裏に紫色の幕が張られ、「冬物用品 当店価格より さらに 50〜30%OFF」が追加された。冬物商品一掃の決意が感じられる変化である。

と思ったのだが、それはまだ甘かった。
2012年2月9日撮影
2012年2月9日撮影
本当の冬物一掃は2月に入ってからだった。ポップな書体で斜めに表された「最終処分セール」、そしてセールが重複しているゆるさがいい。

しかし右側のドアをよく見ると「この寒さ続きそう」と煽っていて、長年お店をやっている店主の商魂逞しい部分を感じることもできる。

あと見守っている者からすると「この寒さに ほしい品々」は生かしつつ、「値下げで」を「最終処分」に置き換えているのが「本当に最終なんだな」と思わせてくれる。

季節が変わる

その後、吹く風の冷たさが緩んできた頃、ウインドウサインは劇的に変化した。
2012年3月1日撮影
2012年3月1日撮影
いよいよ春スタートである。ショーウインドウの下には花も飾られて、見た目にも冬物が一掃された華やかさがある。後に、僕はいつの間にかこのお店のウインドウサインで季節の移ろいを感じるようになったことに気づくのだ。

ただしよく見ると、この時点ではまだ冬物最終処分セールは続いているらしい。
2012年4月7日撮影
2012年4月7日撮影
しかし4月に入ると寒い日もほとんどなくなり、ようやく春が来た、という思いを実感するだろう。そんな心を見透かすように「やっと春本番セール」がスタートだ。

ちなみに、写真を撮るのは通勤途中で余裕のあるときなので、遅刻しそうで駅まで走っている日とか、雨で傘をさしている日とか、休みの日は撮っていないので、日付は必ずしもウインドウサインが変わった日ではないことをご了承ください。

ところで右側の貼り紙を見ると「当地でお世話になって39年」とあるので、このお店が開店したのは1973(昭和48)年だということが分かった。僕より1歳上である。
2012年4月30日撮影
2012年4月30日撮影
やっと春本番、かと思ったらファッションの世界の移ろいは早い。5月でもう「初夏」である。
そして皆さんそろそろお気づきだと思うけれど、このお店は何かにつけてほとんど常にセールを催している。セールの概念を見失いそうになる。

と思ったらまたそれが裏切られるのだ。
2012年7月4日撮影
2012年7月4日撮影
前の写真から2ヶ月ほど空いているけれど、その間にほかのウインドウサインに変わったかどうか分からない。もしかしたら取り損なったのがあるかも知れない。けれど、とにかく7月頭にはこんなウインドウサインになっていた。

「夏涼しくすごす品 お買得取揃え」

初めてセールではない期間を目撃した。このお店のポリシーは「常にセール」だと思っていたけれど「お買得」かも知れないと思った。
2012年8月31日撮影
2012年8月31日撮影
たぶん7月、8月中は大きな変化がなかったと思うけれど、8月の終わりになって「夏物全品値下げ クリアランスセール」がはじまり、夏が終わる、という若干の寂しさを突きつけられた。その事実の前には「セ??ル」という右上がりの表示の意味などどうでも良かった。

あと「クリアランスセール」なんて物言いが、パルコとか丸井だけのものじゃないぞ、という気概を感じる。
2012年9月7日撮影
2012年9月7日撮影
夏物クリアランスセールで思いのほか商品が掃けてしまったのか、それから約1週間後には秋スタートセールが始まった。季節を感じさせるシックな色合いに、所在なげに配された「AUTUMN」が寂しさを引き立てている。
2012年10月11日撮影
2012年10月11日撮影
いよいよ秋本番である。しかし見守っている立場からすると、春先の「ほしい品々」などを使いまわして発展させていたことを考えると、このフレーズなら前月の「秋」と「セール」は利用できたんじゃないか、などと余計なお節介を言いたくなる。

あと「AUTUMN」はなぜひと月で消えてしまったのか。
2012年11月16日撮影
2012年11月16日撮影
そう考えるとこれも贅沢な変化である。「秋」や「お買得セール」の位置(や角度)はほとんど同じなのに、色を変えるためにすべて貼りなおし。

というか、後ろに透けて見える商品や陳列棚も毎回ガラリと入れ替わっていて、いやもちろん商売なんだから当たり前なのかも知れないけれど、それでもこういった個人商店ってそんなに活発に動いているような印象を持っていなかったので新鮮な驚きだった。

1年が終わる

このお店のウインドウサインが気になりだしてからおよそ1年が経った。年末、最後の更新はオーソドックスかつ力強いものだった。
2012年12月11日撮影
2012年12月11日撮影
「おしゃれをお買得」という独特の言い回しもさることながら、「歳末感謝セール」の極太明朝体っぽい力強さに、地元への感謝と「売って、売って、売り抜くぞ!」というような決意が感じられる。
「ール」だけ色が変わって見えるのは、実際そうだったのか反射によるものなのか覚えていない。

というわけで、僕が気づいただけでも1年間で12回ウインドウサインが更新された。平均して月イチペース。数年、いや10年近くホームページを放置している身からすると肩身が狭い思いである。本当に尊敬する。

そうして、ウインドウサイン観察は2年目を迎えるのだった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓