特集 2018年1月30日
 

人造ネコがキーボードの上に乗ってきて仕事ができない

!
ネコを飼っている人はなぜすぐに「ネコが仕事させてくれない…」とかいって、ネコがキーボードの上で寝ている写真をSNSにアップするのか。ネコをどけて仕事をしろ!納税をしろ!日本のGDP上昇に貢献しろ!

この記事は工作特集3DAYSの2日目、「昔ながらの動物のおもちゃを改造する」の1本です。ほかの記事はこちらへどうぞ。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。

前の記事:「「え、こんなもの売ってるの!?」探し3本勝負〜たとえばユニクロで電源タップが買えたらびっくりするよね?」
人気記事:「チーズ across ハンバーグ」

> 個人サイト nomoonwalk

ネコを飼えない体質

すまない、つい声を荒げてしまった。

なにも僕はネコが嫌いなわけではない。
むしろ好きで、飼いたかったのだ。あれは8年くらい前だろうか、ネコが飼いたくて、数か月かけて妻を懐柔し(PCの壁紙をネコにする等の巧みなサブリミナルを使った)、なんとか「じゃあ飼おうか」というところまでこぎつけた。飼う前にどんなネコがいいのか見に行こうと、ネコカフェに行った。そこで猛烈な目のかゆみとくしゃみに襲われ、自分の体質に気づいて断念した。

僕はネコを飼えない体質だったのだ。

しかし憎しみは何も生み出さない

ネコを飼っている人よ。あなたにはネコがキーボードに乗っている写真をSNSにアップする自由がある。しかしそれを見た僕が「いいから働け!」と思うこともまた自由である。そうだろう?

自由である、が……。
僕はうすうす感づいてもいる。そうやって反発ばかりするのもまた、非生産的なのである。GDP上昇に貢献していないのは僕のほうなのではないか。

僕は心を入れ替え、自分のネコを作ることにした。アレルギーにならないやつを。

我が家の初ネコ

こうして我が家に1匹のスコティッシュフォールドがやってきた
こうして我が家に1匹のスコティッシュフォールドがやってきた
見てほしい、このつぶらな瞳、縞模様の毛並み!
箱から出してあげた
箱から出してあげた
手足の短さ!すべてが愛らしい。
そしてこの電池ボックス!
そしてこの電池ボックス!
うちのスコティッシュは単3電池2本で動く。
最初ゆっくり歩いて、ちょっと鳴いて、そのあと早く歩いて、またちょっと鳴く。
基本動作は3パターン

機械だから

しかし残念ながらそのあとは同じパターンの繰り返しである。なぜなら機械だから。

僕はこれをもうちょっと動物らしくしてやりたい。

そこで立ち返るのが、冒頭の「仕事してるとキーボードの上で寝にくる」である。ネコの気まぐれさ、そして飼い主との関係性を象徴するようなこの動作。機械じかけのネコに命を吹き込むのにうってつけではないか。
しばしの改造タイムを経て
しばしの改造タイムを経て
こうしてうちのネコも、仕事を邪魔してキーボードの上で寝る能力を手に入れた。その様子がこちらである。
!
ネコが寝たあと、「これじゃあ仕事できないよー」的なセリフを入れるつもりだったのだが、ほとんど突然死みたいな倒れ方をするので思わず笑ってしまった。
ネコだけ、横から見たところ
目を開けたまま寝るタイプ
目を開けたまま寝るタイプ
あとにはネコが打ちこんだ原稿が残された
あとにはネコが打ちこんだ原稿が残された

新ジャンルの誕生

機械のネコに命を吹き込むつもりだったのに、できたものは突然死という皮肉。

「バタン」と音を立てて倒れるところと、倒れる前に一瞬動きが止まるところが突然死っぽい原因だろう。直せなくもないけど、しかしこれはこれでカワイイのでそのままにしておいた。「突カワ(突然死かわいい)」という新ジャンル誕生の瞬間である。

さて、もう一つやっておくべきことがある。SNSで、困っている風の文面で自慢するのだ。
TwitterとFacebookに投稿した。
Twitter
Twitter
Facebook
Facebook
大満足である。冒頭であんなことを言ってしまったが、いま思い返すと、僕はこの「ネコがキーボードの上で寝ている写真をSNSにアップする」行為に憧れていたのかもしれない……。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓