特集 2018年1月30日
 

市販の犬のおもちゃの『警戒心』を強くした

!
おもちゃ屋の店頭でよく見る、前世の罰を受けているように動き続ける犬のぬいぐるみ。可愛かったので購入してみたが、何か違和感を感じた。
この犬、警戒心が弱い……。

ぬいぐるみに警戒心を求めるなという話だが、警戒心があったほうが犬本来の可愛さが出るのではないだろうか。「警戒心の強い犬のおもちゃ」を作ろうと思う。これが私のAIBOだ。

この記事は工作特集3DAYSの2日目、「昔ながらの動物のおもちゃを改造する」の1本です。ほかの記事はこちらへどうぞ。
2013年から、YouTubeチャンネル『無駄づくり』を開始し、無駄なものを作り続ける。 ガールズバーの面接に行ったら「帰れ」と言われた

前の記事:「新しい暇つぶしのご提案「ウソのお土産を作って人をだます」」
人気記事:「「www」と打ったときの表情を相手に知らせるデバイス」

> 個人サイト 無駄づくり

犬が可愛いすぎる。

私は犬を飼ったことがないのだが、だからこそ犬のいる生活に憧れがある。街を歩いていて、飼い主の後をテクテク追いかけている犬を見ると胸がキュンとするし、スーパーの前で繋がれてぼーっとしている犬なんか抱きしめたくなってしまう。

犬を飼ってみたいなという気持ちはあるが、命であるし、そんな簡単に迎い入れることはできない。なので、心の隙間を埋めるために、犬のぬいぐるみを買った。
!
可愛い。ビジュアル的には満点だ。なんとこれ、動くんです。
スイッチを押すと、「キャンキャン」という鳴き声とともに、前進しながら尻尾をふりふりする。あー、ものすごい可愛い。愛嬌しかない。

しかし、もっと私に警戒してほしい。野生を、野生を取り戻してくれ。
!
これが設計図だ。ミニ四駆のモーターと人感センサをArduinoというマイコンで繋げ、「人が近づくと後ずさりする」というプログラムを入れようと考えている。人感センサを使うのは初めてなので、本当にそのプログラムで動かせるのかがとても不安だが、犬のために頑張るしかない。
!
今回は、人を検知するのに、距離センサという物を使う。これは、秋葉原にある電子パーツ店の秋月電子で販売されている「シャープ測距モジュール GP2Y0A21YK」だ。これをArduinoというマイコンにいい感じに挿して、プログラムを入れると……。
センサを遮るものまでの距離が毎秒測定されている。
センサを遮るものまでの距離が毎秒測定されている。
!
センサまでの距離を指定して、その距離になったら赤く点灯する仕組みを作ってみた。
よくよく考えてみると、ものすごく防犯に役立ちそうなものを作っていた。改良したら、玄関につけて不審者を感知するのに使えそうだ。

いや、しかし、警戒心の強い人間のために作っているんじゃない。私は、警戒心が足りない犬のおもちゃのために物を作っているのだ。
!
試行錯誤しながら、無事に人感センサとモーターを繋げることができた。天才。
少し工夫をして、ちょっと近づくと赤いランプが点灯し、触れそうになると緑のランプが点灯してモーターが動くという仕組みにしてみた。
!
続いては、モーターを入れるミニ四駆を作る。
!
完成したミニ四駆の上に動かすのに必要なものを半分ほど乗せたら、うんともすんとも言わなくなった。ミニ四駆は、早く走ることを目的とされているので、重さに弱いのだ。ミニ四駆じゃなくて普通のラジコンだったら動いていたかもしれないのに……。なんでミニ四駆を買ったんだ。それは、ミニ四駆が好きだからだ……。くそう。
!
ということで、犬に全て載せて走る作戦はやめにして、犬+ミニ四駆と動かす部品とに分けて、それぞれに繋がっているケーブルを長くすることにした。
!
目を合わせると石にされる怖い人の髪型くらいウネウネしているケーブルに繋げたら完成だ。

完成

!
やっと完成した。これが、「警戒心の強い犬」だ。目がうるうるしていて可愛い。
!
犬から出ているケーブルたちが、こちらの警戒心を強くさせる。
もっとスタイリッシュにしたかったのだが、試行錯誤した結果、これがベストな状態だった。でも、ケーブルが出ていないより出ているほうがカッコいい。それは全人類の共通認識なはずだ。
!
外箱はレーザーカッターで作成した。「警戒心の強い犬」としっかりと彫刻を入れた。
!
前足の間についているのが、センサだ。目の前に立ちはだかったり、手をのばしてわしゃわしゃしたりしようとすると反応する。

ちなみにモーターの駆動には9Vの電池を使っている。本当は3Vくらいじゃないとダメなのだが、3倍の9Vだ。
なぜかというと、たくさんの理由があるのだが、まとめると「いろいろ面倒だったから」に集約される。長時間動かさないのと制御されているので壊れたりはしないのだが、ちょっとワルな感じだ。一度、電池に繋げるプラスとマイナスを間違えたら、ケーブルがステーキ屋の鉄板くらい熱くなっていた。(真似しないでください)
!
果たして、警戒心は強くなっているのだろうか……。

私を警戒してくれ!

!
早速動かしてみたい。よく滑る床に置いて実験してみる。
!
ほらおいでおいで!
!
!
悲しい。このスーと後ずさりする動作に、リアルな警戒心を感じた。
しかし、後ずさりされるばっかりだと、こちらの気持ちがつらい。なので、人を検知しないときは前進するというプログラムも入れておいた。
!
なので、来たり離れたりという焦らされる感じが無限に体験できるのだ。
もうこれは、本物の犬に近いのではないだろうか。AIBOだ。AIBOを一人で完成させてしまった。ヤッター! 20万で売るぞ!
!
ちなみに近づき続けるとずっと後ずさりして、攻防が始まる。


愛着がわく

私に警戒してくれる犬のおもちゃを作れてよかった。ものすごく可愛くて愛着が湧いたのだが、ケーブルや基板などがかさばって仕方がない。もう少しスリムに改良しなければならない……。
今後は、流通している全ての動物のおもちゃの野生を取り戻す活動に注力していきたい。
 ▽デイリーポータルZトップへ  


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓