特集 2018年2月19日
 

100グラム50円以下のうまくて安い肉!

素敵な肉と出逢いました。
素敵な肉と出逢いました。
最近になってその存在に気が付いたのだが、100グラムあたり50円以下の安くてうまい豚肉があったのだ。

しかもタイプの違う肉が、2種類である。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「飲食系フェスごっこがやりたい」
人気記事:「一番安い寝台車のシート、ノビノビ座席で寝てきた」

> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

肉屋で気になる存在を発見!

いろんな部位が売られている大きめのお肉屋さんで、ちょっと気になる肉を見つけた。

豚の『タン下』である。
キロ単位で肉を買う時に、よくお世話になっているお肉屋さん。
キロ単位で肉を買う時に、よくお世話になっているお肉屋さん。
焼肉屋のタンには『上タン』と『並タン』のヒエラルキーが存在するけど、下という表記は初めてだ。

そのお値段、なんと100グラム45円である。豚肉とはいえ、かなりのお値打ち品だ。
どんな肉なのか全然わからないけど、とにかく安い!
どんな肉なのか全然わからないけど、とにかく安い!
気になったので店員さんに聞いてみると、顎とタンを繋ぐ筋肉とのこと。タンの下の肉か。

ランクの問題ではなく、物理的な位置としてのタン下だった。言い換えれば、シタのシタの肉である。
これが豚のタン。この右側にある付け根部分の下のお肉らしい。
これが豚のタン。この右側にある付け根部分の下のお肉らしい。
牛タンの半値以下である豚タン、さらにその半値以下とは、ずいぶんとお買い得じゃないかということで、試しに500グラムほど購入してみた。

これが豚のタン下か

さっそく家に帰ってタン下とやらを確認してみると、ゴロンゴロンとした塊肉が6〜7個入っていた。

赤身を覆うように程よく脂肪がついている。これ、すごくうまい肉なんじゃないだろうか。
写真の色味がおかしいですが、実物はもっと美味しそうです。。
写真の色味がおかしいですが、実物はもっと美味しそうです。。
まずは素材の味を確かめようと、適当な大きさに切ってフライパンで焼き、塩、胡椒だけで食べてみることにした。

包丁を入れてみると、肉質は安い割にかなり柔かく、形がボコボコなので薄切りには向かないタイプだ。ならば食べごたえのある大きさに切ってみようか。
焦げ目がしっかりとつくように、あまり動かさずに焼く。
焦げ目がしっかりとつくように、あまり動かさずに焼く。
焼き上がったところで、ちょろっと醤油を一回し。

にじみ出た油と共に、オン・ザ・ライス。
タマネギくらい入れればよかった。
タマネギくらい入れればよかった。
ご飯と一緒に頬張ってみると、存在感抜群のタン下がうまい。肉の味が濃いぞ。

舌の付け根というよく動くであろう部位だけあって、噛んだ時の弾力が嬉しい。かといって硬いという訳ではなく、この大きさでも楽々と噛みきれる気持ちの良い歯ごたえだ。

肉の味はロースやモモに比べると、少し獣っぽい感じがあり(血の味が濃い)、私としてはそれが好ましい。場所が似ているというのもあるが、カシラ(ホホやコメカミ)に近い味かな。

この味と弾力であの値段である。こりゃ買ってよかったな。

ポークカレーにはタン下が最高かもしれない

ただ焼いただけでこれだけうまいんだから、もう少し料理らしくしてやれば、さらに化けるのではないだろうか。

豚の塊肉といったら、やっぱりカレーだろう。よし、食べ慣れた普通のやつを作ってみよう。
普通のカレーを作ります。肉と野菜を炒める。
普通のカレーを作ります。肉と野菜を炒める。
水を加えて20分ほど煮込んで、普通のカレールーを入れる。
水を加えて20分ほど煮込んで、普通のカレールーを入れる。
ジャガイモを入れ忘れた以外、ごく普通のカレーである。

ただし、いつもよりも肉が少し多い。なぜなら安い肉だから。火を通したら縮んだので、もっと多くてもよかったか。
肉がゴロゴロと入ったカレーのできあがり。
肉がゴロゴロと入ったカレーのできあがり。
調理時間30分で作ったカレーだが、たっぷりと入れたタン下の旨味がしっかりと出ていて、とてもおいしいカレーとなった。普通だけど、いつもよりちょっとうまいというやつだ。

なんといっても程よい歯ごたえの肉がうまい。今後、我が家のポークカレーの肉は、すべてタン下でいい気がする。肉の味が濃すぎてホワイトシチューには合わないかな。

唐揚げにしてもうまいのでは?

焼いても煮てもうまいタン下、では揚げたらどうだろう。

カチカチに硬くなっちゃいそうな気もするが、もしかしたら更なる可能性を見せてくれるかもしれない。

肉の形的に、トンカツよりは唐揚げだろうか。
ちょっと小さめに切って、塩麹、醤油を揉みこんで一晩寝かす。
ちょっと小さめに切って、塩麹、醤油を揉みこんで一晩寝かす。
しっかりと下味をつけたタン下に片栗粉をまぶし、160度で揚げてみる。

そういえば鶏肉ではなく豚肉を唐揚げにするのは、人生初かもしれない。いろんな人生初があるもんだ。
途中で一度取出して、予熱で中まで火を通してから、二度揚げでフィニッシュ。
途中で一度取出して、予熱で中まで火を通してから、二度揚げでフィニッシュ。
うん、うまそうな唐揚げだ。
うん、うまそうな唐揚げだ。
食べてみて驚いたのだが、この肉は揚げてもそんなに硬くならないようだ。揚げ物との相性良しである。酢豚とかいいかも。

それなりに肉が硬くならないように注意はしたものの、私の努力を上回る結果といえよう。こりゃうまい。
ほら、ジューシーでうまそうでしょう。
ほら、ジューシーでうまそうでしょう。
タン下、安いけどうまいぞとインプット。

また一つ、生きるための知恵がついた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓