特集 2018年2月25日
 

プーチンに抱かれたい!犬用顔ハメ看板を作ってみた

!
犬のために、犬的には究極のシチュエーションといえる「プーチンに抱いてもらえる」顔ハメ看板を作ってみた。
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!

前の記事:「「君たちはどう生きるか」のコペル君になってみた」
人気記事:「柴犬が大根おろしに似てるので「柴犬おろし」を作ってみた」

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

観光地などに顔ハメ看板があったりするが、あれって、顔をハメるだけで
!
そのシチュエーションを簡単に味わうことができる。あの看板って(ときに違うのもあるが)僕らにとっての
!
一種の理想の絵だと言えるだろう。となると愛犬家としては、犬の顔ハメ看板があってもいい気がしたわけだが、
!
いざその絵を作ろうと思った際、犬の理想ってどういう絵なのか考えてみた。が、考えるまでもなく、僕らで一致する犬的な究極シチュエーションといえばやはり、
!
プーチンに抱かれている状態、であろう。元KGBならではの強面なのに、犬好きでおなじみのプーチン。「プーチン 犬」で画像検索しても
!
戯れまくっている。犬と。そんなプーチンゆえに、各国の要人から犬をもらいまくっており、(とりあえず犬あげとけばいいだろ、的なきらいもあるが、)
!
おかげでそんなカレンダーも大人気になるほどであった。プーチン、どんな犬も優しくダッコして、とにかく幸せそう。(日本からあげた秋田犬がどこかに逃走したらしい件については別の機会に。)
そんなプーチンに世界中が萌え萌えゆえに今回は、犬的な究極のシチュエーションとして、犬用顔ハメ看板を作ってみたいと思う。
!
   「誰このいい男?」

ももも、早くもプーチンに夢中。そこで、全世界の犬のために、
!
まずは大きな模造紙を用意。これに描いて、固いものに貼る形で完成をめざそう、と思ったら
!
すこぶる大きな段ボールがあった。犬と比べても大きさは圧倒的。
!
さすが実家、なんでもある。箱だし、箱状を利用すればちょうど立てることもできるしね。
!
ではこれを切って
!
切って切りまくって、生みだすことにしよう。
!
ももも早くもゾッコン。まだ段ボールなのに、恐るべしプーチンのヒキ。キャンバスは大きくなるが、まずは下書き
!
このスペースに、犬が顔を出す穴の位置を想定しつつ
!
全体的な構図を考え、作業を進めていく。そしてそのお顔も、
!
僕なりに
!
百戦錬磨で剛腕で冷酷非情なプーチズムのもと、
!
プーチスティックにしておこう。ほぼ悪魔になった。ももも隣りで
!
付き合ってくれていたが、
!
            「散歩は?」

散歩に行きたくなっていた。いやこれ、あなたのための顔ハメだからね。
!
   「散歩は?」

そして下書きが終わったら、今度はマジックで清書。
!
プーチンったら肉体が頑強なので、せっかくだから
!
タンクトップに、変更しておこう。別にいいよね。そしてせっかくだしデザインもロシアンに、プーチンの名前を記しておこう。よりによって
!
ロシア語にて。本当はテトリスとか書いてるかもだけど、たぶん合ってる。そしてむき出しの肩にもちゃんと記しておこう
!
「ぷ」とね。これでわかるよね。
!
そしてアクリル絵の具で着色していき、その後
!
   「乾いたわ」

絵の具が乾いたか確認したら、それにて! 
!
顔をくりぬいて、ついに完成した、空前絶後の超絶怒涛のプーチン顔ハメ立て看板が、コレだ!!
!
おぉプーチン! そしてお顔も結局、
!
こんな形相に。 …あら? おそろしい? やや百戦錬磨すぎだったかもしれないね。
!
でもこの穴に犬の顔をハメれば、筋骨隆々プーチンにダッコされるという、犬的究極状態が、味わえるはずであろうッ!!!!

…では看板的にも、これを、広場に持っていく。
!
で、立てる。Oh、顔ハメ看板。ここに、ももを投入して、いざその全貌を見てみよう!
!
あらためてこれが、犬にとっての究極シチュエーション、プーチンにダッコされてる看板の全貌だ!!!!
!
わぉぉぉん!!

おぉ! これは、ももも嬉しそう!(たぶん) そりゃ嬉しかろう!(たぶん) だってプーチンにダッコされているのですから!
!
      「なんか嬉しい気はするわ(たぶん)」

いま我が愛犬は、犬的に世界一の地位に、登りつめたのであった!!

と、ももウハウハになれたわけだが、実は! このビジョンを実現するために、その裏では過酷な労務が行われていたのであった! これがもも、穴からなかなか顔を出してくれず、ふと看板の裏側が、明かされてしまうと、
!
ばーん。

父親がももを持ってくれていたのであった! そして、母親が揺らぐ看板を支えるという、犬一匹のために、
!
親全面協力!! 涙ぐましい家族愛。いつもどうもありがとう。と、裏事情はさておき、気を改めるが、
!
ちなみにこの公園、普段は犬の散歩が、まるで熱狂のアジアのようにさかんな場所。
そんな地に、こんな魅惑的な顔ハメ看板があったら、犬にとっての究極的状況に憧れ群がってくるはず! みんなにもプーチン気分を味わってもらおうじゃないか!
!
と、思っていたのだが、
!
「ほら、顔ハメ看板だよー  犬用の プーチンのだよーー」
!
「ほらプーチンだよーーー……」


ココは千葉であるが、人々の心は東京のように、いやロシアのように、冷たかったのであった。
というわけで「公園」のレゾンデートル(存在理由)が揺らぐほどの公園らしからぬ孤独感を味わってしまったので、
しかたなく
!
     「スパシーバ」

プーチンに慰めてもらったのであった。こんなはず、じゃなかった。

と、最後は悲惨な結末にはなったが、とりあえずこの看板により、犬的な本懐は遂げられたので、ヨシといたしましょう。みなさんもよかったらぜひ。ではまたおやすみなさい…。

はい、以上いかがでしたでしょうか今週の「千葉はロシアより寒い」。みなさんも風邪には気をつけましょう。よろしくおねがいします。
模造紙、完全放置!
模造紙、完全放置!
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓