特集 2018年2月23日
 

お祖父さんが作ったドールハウスが泣けるほど昭和の住宅だった

私ごとですが、この前のクリスマス、3歳の娘にシルバニアファミリーの家と人形をプレゼントした。ネットで購入した家が届いたとき、妻が「そういえば、子供の頃におじいちゃんが作ってくれたドールハウスが実家にあるはず」と言った。「すごい団地っぽかった」という。

団地っぽいドールハウスって何だ?と思ったけれど、正月に帰省したときに発掘したところ、何もかもが想像以上のシロモノが出てきたので紹介させてほしい。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「角の洋品店のウインドウサインが素敵だった」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


泣けるほど昭和のドールハウス

まずはこちらを見ていただきたい。クリスマスに(サンタさんが)娘にプレゼントしたシルバニアファミリーの家だ。
いかにもシルバニアな欧米風の家
いかにもシルバニアな欧米風の家
収納時は折り畳むことができ、遊ぶときは180度開く
収納時は折り畳むことができ、遊ぶときは180度開く
二階建てで階段もある
二階建てで階段もある
そして正月に発掘された、妻が子供の頃、妻の祖父が作ってくれたというドールハウスがこれだ。
泣けるほど昭和な日本風の家
泣けるほど昭和な日本風の家
収納時は折り畳むことができ、遊ぶときは180度開く
収納時は折り畳むことができ、遊ぶときは180度開く
二階建てで階段もある
二階建てで階段もある
どうだろう。偶然にも構成している要素はほとんど同じなのに、雰囲気はジャニーズと石原軍団くらい対極にある。

義母の話によると、妻が小学校低学年の頃、シルバニアファミリーの家がほしい、とねだられ、買ってもいいけれどプラスチックの家よりは木の家を使わせたい、と思い、日曜大工が趣味だった義母の父に相談したところ、数ヶ月後にこれが用意されていたという。家だけでなく、食器以外は家具も建具もすべて手作りだそうだ。
閉じたときの外観はヘーベルハウスのようだ
閉じたときの外観はヘーベルハウスのようだ
欧米風の家を想像していた義母は思わず「夢がない!」と思ったという
欧米風の家を想像していた義母は思わず「夢がない!」と思ったという
シルバニアファミリーの家をリクエストして、出来上がったのが80年代日本の中流住宅。ジブリ映画を頼んだのに伊丹作品を借りてきた、という感じだろうか。しかし子供だった妻は特に不満を言うでもなく、楽しそうに遊んでいたという。

というか、このドールハウス、よく見ると構造も作り込みも昭和っぽさもはんぱない。見れば見るほど、半笑いで「すげぇ...」と唸るほどなのだ。
玄関の石畳や床の木目の再現とか
玄関の石畳や床の木目の再現とか
応接室っぽい部屋の座卓とかじゅうたんの色とか
応接室っぽい部屋の座卓とかじゅうたんの色とか
ダイニングセットとか床材の質感とか(食器棚の食器のみ買ったものだそう)
ダイニングセットとか床材の質感とか(食器棚の食器のみ買ったものだそう)
青いタイルや深い浴槽はまさに昭和の家
青いタイルや深い浴槽はまさに昭和の家
すべての扉は開け閉めできる
すべての扉は開け閉めできる
掃除機とか古新聞の束とか置いてあるスペース
掃除機とか古新聞の束とか置いてあるスペース
構造と質感の両方が「本物と同じ見た目」ってすごいと思う
構造と質感の両方が「本物と同じ見た目」ってすごいと思う
友達の家がこういう階段だった!
友達の家がこういう階段だった!
住んだことないけど見たことある部屋
住んだことないけど見たことある部屋
引き戸を開けたときのこのツライチ感!
引き戸を開けたときのこのツライチ感!
昔のアルミサッシってこうフレームが太い感じだったよね
昔のアルミサッシってこうフレームが太い感じだったよね
挙げればキリがないくらい、もうすべての場所が「なんか見たことある」のだ。2階寝室の人工芝のような緑色のじゅうたんなんて、いまの感覚ではあり得なさそうだけど、でもいつかどこかで見たことある。じっと見ていると本当に30年くらい記憶が戻る感覚に襲われるのだ。

そして、見た目だけでなく、開き戸や引き戸はスムーズに動くし最小限の隙間でピッタリ閉まるし、全体的な工作の精度が恐ろしく高い。リクエストを受けてからほんの数ヶ月でこんなものをポンと出してくるなんて、お祖父さんは何者だったのだろう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓