特集 2018年3月7日
 

祝・銅メダル! カーリングっぽいスポーツ「ユニカール」をやってきた

氷がなくてもやれるカーリング「ユニカール」に挑戦しました
氷がなくてもやれるカーリング「ユニカール」に挑戦しました
みなさん、平昌オリンピック、見てましたか?

ボクはカーリングに夢中でした!

トリノオリンピックの頃から(女子)カーリングにハマって、冬期オリンピックのたびに「カーリングやってみたい!」という熱が高まるものの、すぐに忘れちゃうのでやらないまま。

「今回こそは!」と一念発起したものの、色々問い合わせをしたところ、なかなかハードルが高くて。そもそも都内には常設でカーリングができるリンクがないようです。

まあまあ、あきらめモードに入り「また、やらないまま次回の冬季オリンピックを迎えるパターンか……」と思っていたところ、「ユニカール」という、氷がなくてもできる手軽なカーリングっぽいスポーツがあるという情報が。

早速、やってきました!
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。 犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。

前の記事:「穴あきグラスで飲み会をやったらメチャクチャ盛り上がる!(ハズ)」
人気記事:「『サザエさん』風に似顔絵を描くのはムリじゃないか?」

> 個人サイト Web人生

やっぱり今回は、オリンピックの影響で参加人数も多いんですか?
いやー、参加者は普段よりちょっと少ないわね。いつもは別の会場で大会をやってるんだけど、そこが建て替えになっちゃって。この会場、ちょっと遠いわよねー。
えっ、結構多そうに見えますけどね。今回の参加者はどれくらいですか?
30チーム、約100人くらいかな。
思ってたより遙かに多いですよ! 全国からユニカールの愛好家たちが集まっているという感じですか?
今回は千葉県大会だから千葉の人だけだね。
県大会で100人も集まってるんだ!
このユニカールって、カーリングの代替として生まれたスポーツなんですよね?
もともとはカーリングの本場・スウェーデンで、夏でもカーリングを楽しめるように……ということで考えられたみたいですね。日本では1980年代に高齢者や子ども、身体の不自由な方でも楽しめるニュースポーツとして紹介されて人気となっています。
80年代ってことは、カーリングの知名度とは関係なく人気が出ていたんですね。
私も、はじめた当初はカーリングの方はよく知らなかったですよ。
カーリングと関係なく、ユニカールってやってみたらすごく楽しいから! でも、ユニカールをやってるとカーリングを見ていても楽しいのよ。ルールや戦略が似ているから。
今回のオリンピックでは「この作戦はこうだ」とか、みんなで盛り上がって見ていましたね。
このユニカールの道具って専用のものですよね? 普通に売られている物なんですか?
スウェーデンから輸入しています。だから1セット40万円もするんですよ!
おお……なかなか本気の値段ですね。日本では作っていないんですか?
一時期、作っている会社もあったんですが、スウェーデンの物とちょっと違ってて……。
確かに、円の大きさがだいぶ違う!
確かに、円の大きさがだいぶ違う!
線が2本引かれているのも「スウェーデンのと線の位置が全然違うじゃん!」ということで、後で自分たちで引き直したからだそうです……
線が2本引かれているのも「スウェーデンのと線の位置が全然違うじゃん!」ということで、後で自分たちで引き直したからだそうです……
こういうのって本場・スウェーデンの規格に合わせるべきものじゃないんですか!? どうしてこんなに違いが……。
「両チームとも同じカーペットを使うから、条件は一緒でいいじゃないか」って言われましたけどね(笑)。やっぱり、みんなスウェーデンの方で慣れているから評判悪くて、大会など、数が足らない時以外はあまり使っていませんね。
カーペットの素材も違ってそうですけど、ストーンの滑り具合なんかも……。
全然違うんですよね。
ああー……。
ユニカールのいいところは、子どもからお年寄り、身体の不自由な方まで、簡単にプレイすることができることなんですよ。
確かに、細かいテクニックや戦略はありつつも、偶然の要素も入ってくるから、初心者だから必ずしも勝てないというわけではなさそうですね。
練習したらしただけ上手く投げられるようにはなるんだけど、それだけでは勝てないのがまた面白いですよね。
しかし団体戦だけに、ミスショットとかしたらチームメイトの目が厳しそう……。
うん、平昌オリンピックの女子カーリングのイギリスチームとかね、かわいそうでしたよね。まあ、その辺はみんな大人だから。
でも、もめる時は……。
もめる時もあるでしょうねぇ(笑)。

正直、これまで「ユニカール」ってまったく知らなかったんですが、こんなに盛り上がっているとは……。

カーリング派生スポーツは他にも「カローリング」(車輪のついたストーンを投げる)や「フロッカー」(フロアカーリング」など色々あるようで、「カーリングのルールは面白いけど、氷がないからなぁ〜」という需要は結構あるんでしょうね。

「ユニカール」も、ストーンの投げ方などはお手軽でありながら、カーリングの戦略性は充分に楽しめるという熱いスポーツでした!

しかしまあ、ユニカールはユニカールで面白かったものの、やっぱりあのカーリングの、ブラシでゴシゴシやるヤツ(スウィーピング)をやってみたかったという気持ちも……。いつかチャンスがあったら!

ユニカールに興味を持った方は「日本ユニカール協会」のサイトをどうぞ、全国各地に支部があるようです。

http://www.unicurl.net/
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓