特集 2018年3月8日
 

福岡で知名度No.1のラブホ「チャペルココナッツ」のメニューが凄い!

チャペココ温泉で締める

色々堪能していたら、残り時間はわずかになってしまった。特にカラオケを1時間以上やってしまった。もっとやりたい。もっとこの部屋にいたい。美味しいものから何から、大人が好きなものが詰まったチャペココから離れたくないのだ。
バブルバスも堪能。泡で隠れているがオレンジも浮かせている。
バブルバスも堪能。泡で隠れているがオレンジも浮かせている。
アルカリ性単純温泉とはお肌に優しい「美肌の湯」と言われているやつだ。
アルカリ性単純温泉とはお肌に優しい「美肌の湯」と言われているやつだ。
名残惜しいが、色んな欲望を満たしてスッキリとした気分で部屋を出た。最後は帰り専用エレベーターで降り、自動精算機を経て最初のロビーに戻る。

取材をOKしたくれた方に挨拶をすると、ロビー階もぜひ見てください、と案内してくれた。
右や奥はフリースペース、左はカウンターバーになっている。DJをしていた司会の方がバーテンになり、楽しい話をしてくれるらしい。
右や奥はフリースペース、左はカウンターバーになっている。DJをしていた司会の方がバーテンになり、楽しい話をしてくれるらしい。
先ほど部屋のモニターで見ていたDJブースもあった。
先ほど部屋のモニターで見ていたDJブースもあった。

ミニコンビニも

宿泊者は外出もOKなので外に買い出しに行くこともできるが、簡単なものならここで買える。
オリジナルコンビニ「COCO STORE」。
オリジナルコンビニ「COCO STORE」。
ツマミやお菓子がたくさん並んでいる。が、やはり私はシェフが作る料理やデザートをお薦めしたい。

スタッフの方も「うちは料理に特に力を入れています」と自信をもって言っていた。力を入れる方向が美味しさだけでなく種類の豊富さにまで及んじゃっている所に敬意を表したい。
気になっていたブティックコーナー。
気になっていたブティックコーナー。
香水から望遠鏡から腕時計などいろいろある。
香水から望遠鏡から腕時計などいろいろある。
ブティックコーナーには、どんな人でもひとつくらい「あ、これほしいな」と思うようなものが展示されている。よく見ると商品の隣には商品の金額のほかにもう2種類の数字が書かれたカードが置かれていた。

これは、チャペココを利用することでたまるポイント、もしくは部屋に設置されていたあのスロットマシンでたまったコインと交換できる数字である。
任天堂スイッチはスロットの72コインで交換できる。(現金と利用ポイントは不可商品)
任天堂スイッチはスロットの72コインで交換できる。(現金と利用ポイントは不可商品)
東京に帰ってから「スロットはラブホによくあるが、誰もやらないもの」と色んな人に聞いた。が、チャペココではスロットをやりたくなる仕掛けがあるのだ。

もしかしたらチャペココだけは例外的で、みんな部屋でスロットを回しているのかもしれない。

オープンな花園、チャペココ

滞在5時間が本当にあっという間に感じられたチャペココ体験だった。しかも後で福岡の友達に聞いた話によると、チャペココの近くには昔ながらの屋台が並んでいたり、「元祖長浜屋」という有名な博多ラーメンの老舗があるそうで、立地も良さそうだ。

そして余談になるが、この記事を書くにあたり確認の電話をしたところ、取材対応してくれた方とは別のスタッフに「こないだの福岡記事読みました!」と喜びの声をいただいた。どうやら皆で楽しみにしてくれていたらしい。なんか、色々な意味でラブホの概念が覆された旅だった。
部屋に置いてあったチャペココオリジナルマグカップ。欲しい!
部屋に置いてあったチャペココオリジナルマグカップ。欲しい!

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓