特集 2018年3月9日
 

帰宅難民予行演習をやってみた

千葉県民:「川を渡るオオカミ」

方角に関して、千葉っ子ならではだなあ、と思うことがいくつかあった。

まずは国道14号線の表示が現れたときに、喜びの声が上がったこと。市川〜千葉の人間にとってはなじみの数字である。
うれしくて記念写真を撮っちゃう。
うれしくて記念写真を撮っちゃう。
「千葉」の表示にアプローズ。
「千葉」の表示にアプローズ。
「国道としてはぜんぜんだめだけどね」と参加者のひとり。そうなんだよ。本八幡〜船橋あたりの14号線ほんとこわいよね。狭くて。でもいまはなんだかうれしい。
あと千葉銀行にも歓声が上がった。
あと千葉銀行にも歓声が上がった。
しまいには「月に向かって歩くと千葉に着く!」と言い出すしまつ。いやたしかにいまは東にあがってるけど。
しまいには「月に向かって歩くと千葉に着く!」と言い出すしまつ。いやたしかにいまは東にあがってるけど。
千葉への思いがあふれたところで、隅田川に行き着いた。これを渡ると両国である。
両国橋のモニュメントの上に同じ形の月が
両国橋のモニュメントの上に同じ形の月が
川を渡ると「第1ステージクリア」って感じがする。これもまた千葉っ子らしい。
川を渡ると「第1ステージクリア」って感じがする。これもまた千葉っ子らしい。
以前ロンドンの地下鉄について書いたとき、世界の路線図における川の重要性を考察した。そしてなぜか東京の場合はそれに当てはまらない、と。

しかし、いざ歩くと川は「ランドマーク」として非常に重要だということがわかる。特に千葉っ子にとっては。隅田川、旧中川、荒川、中川、新中川、そして江戸川、と川を渡ることがすなわち千葉に近づくことだ。

それにしても川渡り過ぎじゃないだろうか、千葉県民。毎日往復で12回(真間川とか海老川含めればもっと)渡っているのだ。ネイティブアメリカンが千葉っ子に名前を付けるとしたら「川を渡るオオカミ」とかになるだろう。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓