特集 2018年3月21日
 

企画の達人に、ザクザク企画を出せるコツを聞いた

これも今回のフィールドワークの一環です
これも今回のフィールドワークの一環です
最近、ネタに詰まっている気がする。記事のネタ、商品の企画。たまにいいアイデアも出たりするが、「女心と秋の空と私のネタ出し」ってくらい起伏があって不安定なのである。

ここはひとつ、先達にアイデアの出し方を教わるなど、してみたほうがいいんじゃないだろうか。というわけで実際に街に出て、アイデアが出るその瞬間に立ち会いつつ、自分も鍛え直してみたいと思う。アイデア武者修行だ!
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。

前の記事:「「スコップコロッケ」で地層を作りたかった」
人気記事:「“ハト”ヒールでハトと仲良くなりたい」

> 個人サイト 妄想工作所

「欲しい」って、なんだろう

その先達とは、高橋晋平氏。皆さんもご存知、あの「∞(むげん)プチプチ」や「∞(むげん)エダマメ」など、爆発的ヒット商品の開発に携わった奇才である。

私はひょんなことから高橋氏とお知り合いになり、昨年、共同でカードゲーム(「民芸スタジアム」というステキなゲームです)を開発するに至った仲だ。

3年前にバンダイから独立し、その後初の著書となる「一生仕事で困らない企画のメモ技(テク)」(あさ出版)をこのほど刊行された。日頃から、氏の頭の中はいったいどうなっているんだろうと思っていたので、これはいい機会。そのテクの一部を披露してもらい、あまつさえ私のスランプ脱出をはかろうと思ったのである。
高橋氏と乙幡氏と、手には著書。場所は渋谷。
高橋氏と乙幡氏と、手には著書。場所は渋谷。
本著には「企画をどんどん生み出せる」「1時間で100のアイデアが出せる」という超パワーな御ワードが散見されて、いやがおうにもオラ、ワクワクしてきたが、さて実際どんな風にそれを見せてもらおうか。
事前に本を読んできたのですが、「新しい、変わっている、面白そうだというだけで企画を考えてはいけない、自分が欲しいかどうかだけ考えろ」とあって、ガガーンとなりまして。ここにまず付箋を貼りました私。まさに私が「新しい、変わっている、面白そうだというだけで企画を考え」がちなんですよ。
その「欲しい」という気持ちを見つけるのが第一歩なんです。
「欲しい」か〜。自分の欲しいもの、って何だろう?
そこを、フィールドワークで一緒に見つけに行きましょう。欲しいと思った物事をどんどんメモしていく感じで。
ということで、連れ立って「欲求」を探す取材をすることとした。意識の高いウィンドウショッピングみたいなものである。行く先は、消費のメッカのひとつ、渋谷だ。
これからどう進むか全然読めない「欲しい」を見つける旅、スタート。
これからどう進むか全然読めない「欲しい」を見つける旅、スタート。
欲しいものを見つける、って普段やってるはずなんですが、いざこうやって考えてみると、私って物欲ないんですよね・・・服くらいしか。これって、企画考える仕事には致命的な気がする。
僕も、本当は「家族が無事健康に暮らせる毎日」さえあればいいのかも。でも「〜したい」っていう気持ちは何かしら持っているわけで、ネタ探しはその気持ちにフォーカスしていけば見つかるはずですよ。
寿司屋のメニュー垂れ幕の前でおもむろに立ち止まる。
寿司屋のメニュー垂れ幕の前でおもむろに立ち止まる。
・・・。
・・・これ美味しそう、って思う寿司の写真って何でしょうね。ちなみに私は「シャリが小さいと美味しそう」って思います。
(貝の軍艦巻きを指差し)僕はこのツメ(=たれ)に弱いです。シズル感があるからかな。あと、勢揃いする写真とかワクワクします。
ツメと、勢揃い寿司が欲求をくすぐる。
ツメと、勢揃い寿司が欲求をくすぐる。
でも、全部好きなものばかりだと、魅力が減るんですよ。どうでもいいネタが入っていると、とたんに光り輝く。
音楽のアルバム作りなども、前に似たような話を聞いたことがあります。全部いい曲にすると、いい曲がいい曲に聞こえないからワザと「そんなでもない」曲を挟むって。
ベスト盤には惹かれるんだけど、そうではない通常のアルバムのほうが自分のお気に入りになってたりしますね
自分が掘り出したって気分になれると、いいのかな。
ここで高橋氏、すかさず自分のメモアプリにメモ。こうしてどんどん素地のネタを貯めに貯めていくのだ。
なるほど、と思ったらスマホにメモ!
なるほど、と思ったらスマホにメモ!
ゲーセンの前にさしかかった。ガチャガチャコーナー、プリクラなど並んでいる。まさに物だらけ。ここは立ち入ってみよう。
ギミックがやはり気になるんですよ、この光るのとか(丸くて光る動物マスコットを指差し)どうなってんだ、とか。
さすが、∞プチプチの生みの親。
このスクイーズ系(プニプニもちもちした手触りを楽しむ)マスコットの柔らかさも、これ手にしたらどんな感じなんだろうとか、確かめるために買いたくなりますね。想像の範疇のは惹かれないかな。もうダマされてもいいから、手にとってみたい
結局みんな、ファンタジーにお金を払ってるんですね。
・・・(あるガチャに目を止め)この寿司のスクイーズ系マスコット、めちゃくちゃハズレな可能性が・・・そういうのつかまされたのも武勇伝として語りたい、って欲望はあるな。買ってみますか!
そういうこともあるのね!
すごく鮮度の悪そうなアジが出て来た。
すごく鮮度の悪そうなアジが出て来た。
・・・すげえ!想像を越えた!想像を絶する気持ち悪さ!
しかもなんか手触りが、ぺッタペッタする。
小さい子が家にいるんで持って帰りたくない、でもこれ“あたり”だわ!
ぜひ家人に見せたいのでください!なんか欲しいのか欲しくないのかわからないけど興奮する!
大笑い。これもひとつの幸せなマーケットの形か。
大笑い。これもひとつの幸せなマーケットの形か。
やがて、店内のプリクラに目をつけてしまう我々。
プリクラ!自分もだけど、乙幡さんにもやらせたいという欲求を感じました。ので入りましょう!
久々すぎる・・・。しかも今時の「盛れる」やつは初めてだ。興奮して来たな。
手順が書いてあっても上ずってしまい、制限時間にあたふたする30代と40代。
手順が書いてあっても上ずってしまい、制限時間にあたふたする30代と40代。
詳細は省くが、出力までにいろいろな場所に移動させられ加工を促される最新の装置に取材陣は大興奮。周囲の学生も引いていたのではないだろうか。
・・・加工済みの自撮りをUPする気持ち、わからんでもないな・・・
・・・加工済みの自撮りをUPする気持ち、わからんでもないな・・・

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓