特集 2018年3月22日
 

お寿司にフルーツジュースをつけて食べると美味しい

!
寿司というものがある。シャリと呼ばれる酢飯の塊に、生の魚が乗っているあれだ。一部例外はあるけれど、寿司は基本的に「醤油」をつけて食べる。初めて寿司を食べた日から、寿司は醤油と我々は思い込んで生きている。

ただ寿司は必ずしも醤油でなくてもいいのだ。ポン酢でも、アナゴにつける甘いタレでもない。もっとフルーティーでも実は寿司は美味しいのだ。具体的にはフルーツジュースである。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。

前の記事:「黄金に輝く「インカコーラ」の時代がくるかもしれない」
人気記事:「一人で女子とカフェデートしている写真を撮る方法」

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

寿司はパッションだ

我々は固定概念に縛られて生きてきた。固定概念は時に自由を奪う。無限に広がる未来への道を険しく、時にはその道すらも見えなくする。自由に、もっと自由に羽ばたかねばならないのだ。アイキャンフライなのだ。
つまり寿司に、
つまり寿司に、
醤油ではないのです!
醤油ではないのです!
寿司には醤油という固定概念に縛られて生きてきた。初めて寿司を食べたあの日から、今日までの国道寿司号を振り返って欲しい。その国道の脇にあるお店は醤油屋ばかりではないはないだろうか。紳士服の青山もなければ、紳士服のコナカもない。醤油屋ばかりだ。
ストップ醤油
ストップ醤油
恥ずかしながら私もそうだった。醤油屋ばかりだ。この国道寿司号は醤油屋の独占状態だ。公取委が動き出す。その動きを察してか、醤油屋がポン酢や甘いタレも提供しているけれど、それではあまり意味がない。我々は国道寿司号をフルーティーにするのだ。
そんな時に海外の寿司屋で、
そんな時に海外の寿司屋で、
出会いました!
出会いました!
国道寿司号の整備計画に行き詰まっていた。もう放り出して、自分探しの旅にも出たし、行きずりのアルパカを可愛がったりもした。しかし、それは無駄ではなかった。たどり着いてしまったのだ。新たな扉を。未来へとつながるその扉を。
パッションフルーツです!!!
パッションフルーツです!!!
海外で寿司を食べたら、醤油ではなく、「パッションフルーツ」が出てきた。パッションフルーツのジュースが出てきたのだ。異国の香りがするその液体に寿司をつけ、口に送り込む。そして、驚いた。
美味しい!!!
美味しい!!!
美味しいのだ。魚の臭みがそのフルーティーで消え、醤油では感じなかった魚の旨みが口いっぱいに広がる。間違っていた。私は寿司には醤油のような塩辛さが必要だと思っていた。でも、違った。フルーツジュースが答えなのだ。
いろいろ準備しました!
いろいろ準備しました!

美味しいフルーツジュース

日本に戻りフルーツジュースという新たな可能性を感じた私は、いろいろな種類のフルーツジュースを確かめた。庶民の私の行きつけのスーパーにはパッションフルーツジュースがなかったのに、すぐに手に入るフルーツジュースの可能性を信じたのだ。
第3位 オレンジジュース!
第3位 オレンジジュース!
いろいろなフルーツジュースを試したけれど、全てが美味しかったわけではない。そこで今回は美味しかったベスト3を紹介したい。その第3位に輝いたのが、オレンジジュースだった。醤油ではない新たな寿司の味がした。
醤油ではなくオレンジジュースを!
醤油ではなくオレンジジュースを!
美味しいです!
美味しいです!
酸味がいい。魚の生臭さを消している。よく甘くて美味しいと言うが、オレンジジュースはリアルな甘みを与えている。オレンジの爽やかさがハワイへの風となって全身を包む。と言いつつも案外、和を失っていない。魚本来の美味しさがあると思う。
第2位グレープフルーツ
第2位グレープフルーツ
柑橘系が合うのかもしれない。魚の臭みを全て無くしてくれて、それでいて魚の旨みを押し出してくれている。寿司の良さを決してフルーティーが邪魔をしてない。そんな第2位がグレープフルーツなのだ。
グレープフルーツジュースで、
グレープフルーツジュースで、
美味しい!!!
美味しい!!!
グレープフルーツの苦味が寿司に高級感を出している。銀座の風を感じている。より和を感じる味になるのだ。グレープフルーツというザ・海外の響きから驚きの日本味。日本語でグレープフルーツはなんと言うのだろう。
第1位パイナップルジュース
第1位パイナップルジュース
3位、2位と柑橘系だったけれど、1位は「パイナップル」だ。海外でパッションフルーツで寿司を美味しいと感じたように、寿司には実はトロピカルが合うのかもしれない。いま国道寿司号の街路樹がイチョウからヤシの木的なものになった。
パイナップルジュース、
パイナップルジュース、
驚く美味しさでした!
驚く美味しさでした!
風味がよくなった。すごくよくなった。魚の良さを前面に引き出している。トロピカル感が大切なのかもしれない。寿司という日本料理の良さを引き出すのがトロピカル感という矛盾こそあるが、めちゃくちゃ美味しいのだ。
数人で判定しています!
数人で判定しています!

ダメだったもの

もちろん全てが美味しかったわけではない。私が美味しいと思っても周りの評価がよくないものもあった。念のため、特に美味しくなかった2つも紹介しておこう。今後のためになるはずだ。
トマトジュース!!!
トマトジュース!!!
評価低かったです
評価低かったです
後味が海外の料理みたいに感じる。日本から脱した。別に不味くはないけれど、なんか違う。リゾットにもなりきれない、お寿司にもなりきれない、中途半端な状態だ。仕事がない状態のときのようだ。無職。何者にもなりきれない、切ない感じだ。
断トツがグレープジュース!
断トツがグレープジュース!
これはダメだった
これはダメだった
合わない。とても合わない。なんだろう、ガム感がすごい。ガムを噛んでいるような感じに襲われる。グレープの主張が強いのが問題なのかもしれない。あとそもそもグレープ自体にガム感があるのが問題とも言える。寿司の味を全く感じないのだ。
いろいろ混ぜても美味しかった!
いろいろ混ぜても美味しかった!

寿司にフルーツジュース

回転寿司に行くとフルーツジュースが回っていたりする。あれは子供が飲むためだと思っていた。実は違うのだ。寿司につけろ、ということだったのかもしれない。もちろん醤油で美味しいのだけれど、フルーツジュースという選択肢もたまにはあり、ということだ。
すしざんまいを意識した写真
すしざんまいを意識した写真
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓