ビジネスポータルZ 2018年4月14日
 

カラオケ背景映像のひみつ

カラオケ映像はそんなに動いてない

――― 曲のテンポはさまざまなのに映像があうのはどうしてですか?

あまり出していただきたくないんですけれども、実はカラオケの映像というのはあんまり動いてないんです。
もちろんテンポの速い曲専用だと動きのある映像はありますけれども。
演歌の映像ですと動いてるのは何箇所です。波だけが動いてるとか


――― 動いてない!そういえばエクストリームバイクみたいな映像ないですね。

カラオケではテロップを見せないといけないので、テロップの塗りと同じ方向に違う速度で物が動くと人間は場所が追えなくなってしまうんです。
そのため、どの映像もテロップと同じ方向に動くというのはないです。錯覚が生じてしまいますので。これが一番のテクニックですね。トップシークレットのところです。


―――トップシークレットありがとうございます!動画を左右に振らない代わりに奥行きとか エフェクトになるんですね

何かに焦点を当ててそれを動かすとかそういうことはしないです。そうなると効果は限られてきます。ピントが動くぐらいの動きになっていると思います。

―――ダンスの映像は煽りが多いですね

そうですね。景色は水平が多いですし、俯瞰の映像って少ないですね。まだドローンは使ってないので一度やってみたいです。
ドローンで天城峠を越えたりしたいですね。

カラオケ背景映像っぽい画像を作ってテロップを追加(こういうエフェクトもよく見る)
カラオケ背景映像っぽい画像を作ってテロップを追加(こういうエフェクトもよく見る)

モデル選びのひみつ

―――どうやって出演者を選んでいますか?

あまりにも特徴がある人だとちょっと残っちゃいますんで…あんまり特徴がない人、一般的なモデルさんになりますね。

――― 10秒から15秒モデルが登場して心象風景、というパターンが多い気がしますが、人はずっと出さないようにしているんですか

ずっと人が出ているとそのイメージがついてしまうので出てくるのは要所要所ですね。でも出す位置がとても難しいんですよ。

―――位置ですか?

テロップにかかってしまうので、下のほうがあくように撮らないといけない。人が画面の下の方にいると文字と重なってしまうので。
でも、曲によってはかぶってしまうことはあります。


――― カラオケの映像って背景に文字がないですね

看板とかがたまにあるぐらいですね。なるべく映さないようにしています。文字があるとそっちに行ってしまいますから
カラオケ背景映像っぽい画像を作ってテロップを追加
カラオケ背景映像っぽい画像を作ってテロップを追加

映像のテーマはどうやって選ぶ?

――― 背景映像にはシナリオがあるんでしょうか。

やっぱり最初に絵コンテを書いています。台本を作るときに元となるのが曲の歌詞です。
例えば冬の海の歌だと、夜か朝か、暖かいのか寒いか天気はどうだとかそういうのを平均的にとっていきます。複数の曲の歌詞を解析するといろんな曲に合わせやすくなります。
冬の海なら朝パターン、夜パターン、吹雪いてるパターンなどいくつもあってコンテを書いていくんです。


――― よく出る言葉を映像にするわけですか?

いや、言葉そのままではなく、楽曲に適したイメージを言葉にしたもの並べていってストーリーを作ります。
楽曲って例えば絶対出てこない言葉とかもありますよね「進捗率が30%」とかそんな言葉が出てこない。
逆に「彼のハートを」や「あの空を越えて」というフレーズは出てくるので、それに合わせやすい単語でストーリーを作るような形ですね。

いま、ノウハウの核心を聞いてます
いま、ノウハウの核心を聞いてます
――― 歌詞から想像されるイメージ、それに合うモチーフを選ぶということでしょうか?

演歌をイメージするとわかりやすいと思います。酒とか船の歌があるとして。
お酒でも演歌だとテキーラでイエー!ではないので、そういう映像には絶対ならないし、船も豪華客船ではなくてどちらかといえば漁船。そうすると自ずとストーリーは決まってきます。


――― 筋肉少女帯みたいな独特の歌詞は難しくないですか?

難しいですね…。難しい言葉とか比喩的な表現が多いとかになってくると残念ながら意味と合致しないことが出てきてしまいますね 。
あとはアニメソングが難しいですね。


――― アニソン難しいのはなぜ?

アニメソングはひとつのジャンルのように思われてますけれども、曲のジャンルで言うとありとあらゆるものがあるので。
それにアニメソングは作品のイメージがついているので、その作品の映像を使わせていただけるのがいちばんいいです。そうじゃない場合には本当に違和感のないものを出すしかない。
アニメがいちばんつらいです…。


雰囲気すべてに理由があった

なんとなくかっこいいものを作る人はなんとなく作っていない。こうして作るとかっこよくなる、というのを知って作っている。

カラオケ背景映像もそれであった。

あのなんとなく独特の雰囲気は、ひとつひとつのノウハウに基づいた結果だったのだ。
目立たない、動かない、特定されない、10年使える。
カラオケ背景映像を鑑賞する会を開きたい。

そして自分でも作りたくなっている。
トップシークレットありがとうございました!
たくさんのシークレットありがとうございました!

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓