特集 2018年4月21日
 

ラルフとランク王国を復活させてみた

!
この春、長きに渡り栄華を誇っていたある王国が滅びていたことに、キミは気づいただろうか。その王国の名は「ランク王国」。

かれこれ20年以上、土曜の深夜に君臨していた、ランキング形式のエンタメ情報番組である。その番組のマスコットだったのが、謎のCG怪獣「ラルフ」。その能天気なキャラで大人気だったわけだが(たぶん)、そんなラルフともう会えないわけである。悲しすぎる。

そこで今回はテレビっ子として、そんなラルフを地獄から引きずりだし、ランク王国を復活させたいと思うッ!
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!

前の記事:「あの人気柴犬雑誌に 愛犬ももと取材された」
人気記事:「柴犬が大根おろしに似てるので「柴犬おろし」を作ってみた」

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

土曜の深夜、ダラダラ夜ふかしするテレビっ子を、
!
優しく受け入れてくれた「ランク王国」。
!
たまに不可解なランキングもあったりしたが、そんな王国が大好きだった。確かに僕らはキングダムの国民だった。
そして、
!
ラルフはいつもそこにいた。
エンタメのランキングが発表される際には、常に狂言回しを担っていたCGの彼。
!
あの耳に衝く甲高い声、時にゲスイほど軽薄なパーソナリティー、今となってはその全てが愛おしい。いなくなって初めてわかるこの喪失感。
歴史とは諸行無常、未来永劫続く王国など、ないのだ。
!
しかしテレビっ子ランク難民として、このまま悲嘆に暮れていていいのだろうか。
!
ラルフを再びこの世に召喚して、ランク王国の復活に打ち込むのが、僕の使命ではなかろうかッ!
というわけで今回は、ラルフを再誕させてみたいと思うッ、
!
100均の紙粘土でッ!!
ついテレビっ子として熱くなり、前書きが長くなってしまったが、
!
つまりこれで、あのラルフを作ってみたいと思うよ!テレビっ子のみんなはぜひ参考にしよう!!
!
ちなみにラルフはこんなカラーリングなので、この白色のをベースに
!
作っていきたいと思う。
!
むにゅーっとね。
!
ラルフの身体を、ってことで、手や足をむにゅむにゅーっとね。
!
かなり短足だが、知らない。

続いての色味として、
!
「うす緑」のねんどを投入。くにゅくにゅしてから、さっきのに
!
べっちょっと添付。もうね、だいたいでいいのよ、変な怪獣っぽくなれば。さらに彼、一丁前に翼も生えていたので
!
翼を広げてね。J−POPの歌詞のようにね。
!
ちなみにこの種のねんど、適度に手に水をつけながら行うと、制作過程が円滑になるので、覚えておこうッ!

からだの大枠ができあがったところで、
!
最後は「みどり」のねんどで、顔面を作っていく。
!
目と口の所をくぼませると、なんかカエルの化け物のよう。ここに、ラルフの目を、
!
ぶち込む。さらに一丁前に角もあるので
!
ぶち込む。さらにリアルに歯も
!
施しておく。このディテールへのこだわりが、大切である。
で、これらを本体に結合するとだいたい完成だが、ある程度乾いたところで
!
マジック投入!!
!
これで、完璧なるラルフを求めて
!
リアル感を施していく。そんな不毛なプロセスを経て、ついに完成してしまったラルフが、コレだッ!!
!
!!?

ラルフと言えばまぁラルフだけど、なにこの、コレジャナイ感。リアルを突き詰めすぎたか。
!
あえて言えばデスピサロ(詳細はドラクエ4を。)歪んだ愛が暴走してついモンスターが。
!
そしてなんだか品がない。でも本家ラルフも時に女性MCから「エロ怪獣」と罵倒されていたので、それを具現化したことにしよう。
!
ではこうしてラルフ、地獄からこの世に再誕できたので、実際に! ラルフがいたら僕らの普段の生活を、
!
どれだけランク王国にできてしまうのか、実際に検証してみたいと思うッ!
!
●1国目 「ブック王国」

まずは日常生活の、読書のシーンにて。
!
本って、一人で読んでいてもいまいちダイナミズムを感じない。なかなかにクセがスゴイ本だが、そんな時である。
!
!!

ラルフキター!!
!
「何読んでるの〜 グフフ♪」

と、その勢いのまま、
!
「コンビ二の下段に売ってるようなゲスめの本だね〜 ゲスゲスゲス〜♪」

さすが内容のゲスさに食いついてくるゲルフ。
!
「じゃぁこの本はランクインしてるのかな!? 本のランキング〜、チェキラ!♪」

やった!!
!
無味乾燥な日常風景でも、ラルフのおかげで、見事にランク王国を再現できたのであった!! ありがとうラルフ!
!
●2国目 「ゲーム王国」

では続いて
!
ゲームをするシーンである。
!
ゲームって1人でやっていても、感じるのは虚しさのみ。そんな時である。
!
!!  ラルフ、キター!!
!
「何やってるの〜ゲへへ♪ なんかハードが古典的だね〜♪」
!
まさかの古DS、にもちゃんと喰いついてくれるラルフ。
!
「じゃぁこれはランクインしているのかな!?ゲームのランキング〜、チェキラ!♪」

やった!!
!
またもラルフのおかげで、見事にランク王国を再現できたのであった!!
!
●3国目 「セクシー王国」

そして最後はこちら、
!
入浴シーンである。本家王国でも、写真集ランキングが発表される際には、時に女性MCが何かしらセクシー状態になっていたものである。
!
では、僕もそんなセクシー状態になっていたところ、
!
「あら、セクシーだねぇ〜 ゲスゲスゲス♪」

またキタ―!!
!
「ねぇねぇ何読んでるの〜 さてはセクシーなヤツじゃないの〜 ゲスゲスゲスゲスゲス♪」

ゲルフ、ここに極まれり。
!
「じゃぁこれも、ランクインしているかな? 写真集ランキング〜、チェキラ〜!♪」
!
実際は八王子の広報紙だったのでランクインは厳しそうだったが、でもこのように!
またここに、ランク王国を再現することができたのであったッ!!
!
というわけで、このようにラルフを実際に作り出すことで、無事、テレビっ子としての喪失感を埋め合わすことができたのであった。ありがとう、ラルフ。
!
僕みたいに悩んでいるテレビっ子の方は、ぜひ参考にして、郷愁に浸っていただけら幸いです。ではまたおやすみなさい…。

はい、以上いかがでしたでしょうか今週の「キングダム最高」。これからもテレビ見ていきましょう。よろしくおねがいいたします。
「頑張っていこうね♪」
「頑張っていこうね♪」
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓