広告企画♪ 2018年5月21日
 

愛煙家に朗報!?「どこでも喫煙所」を開発しました

これさえあればどこでも喫煙所です。
これさえあればどこでも喫煙所です。
店内禁煙、公園内禁煙、路上も駅も禁煙。

いまやどこもかしこも禁煙である。これは喫煙者にとって厳しい時代といえるだろう。

そんな中でも負けずにタバコを吸い続けている勇猛な喫煙者に向けた、画期的なソリューションを開発したのでご紹介します。

これさえあればどこでも喫煙所です。






※この記事はニコレットの広告企画です。
(提供:武田コンシューマーヘルスケア株式会社)
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。

前の記事:「千葉のおすすめ教えてください〜「投稿頼りの旅」はじまります〜」
人気記事:「ラーメン二郎に行ったことがない」

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

喫煙者には厳しい世の中

世の中に分煙化の流れが定着したことで、タバコを吸う人たちはすみの方へと追いやられることになった。
路上で吸うと罰金対象だし。
路上で吸うと罰金対象だし。
頼みの綱の公園の喫煙所さえも閉鎖されていたりする。
頼みの綱の公園の喫煙所さえも閉鎖されていたりする。
何十年も前にはみんな平気で道端でタバコを吸っていた時代があった。

当時長渕剛がドラマでやくざ役をやっていて、後ろから敵に刺されたあとに「いってえ」って言いながらわざわざタバコを出して吸うシーンがあった。

それが最高にかっこよくて(今思えばまず救急車呼ぼう、と思うが当時はそれがよかった)、僕もそういう目にあった時のためにと1箱買って持ち歩いてみたことがある。
敷地内では車の中でも吸っちゃだめ。厳しい。
敷地内では車の中でも吸っちゃだめ。厳しい。
しかしいざタバコをくわえて鏡の前に立った時、そこに写っていたのは長渕どころかヤクルトでも飲んでる子どもみたいなまぬけ面だった。

口になにかをくわえている、という状況を当時の僕はカッコよさへと昇華できなかったのだ。きっとなにかコツがあるのだろうけれど、突き詰めるのが面倒になってタバコはあきらめた。
せまい空間に押し込められすりガラス越しに眺められたり
せまい空間に押し込められすりガラス越しに眺められたり
端へ端へと追いやられていたりしている。
端へ端へと追いやられていたりしている。
いま東京でドラマを撮ることになったら、長渕はきっとせまい喫煙所で刺されるんだろう。不憫である。これはなにか方法を考えた方がいいのではないだろうか。

たとえば吸いたい時にどこでも吸えるよう、喫煙所を手軽に持ち運ぶことができないだろうか。

これが「どこでも喫煙所」を作るに至った経緯である。

世の中を変えてしまいかねないこの計画を、この人たちに相談した。
こういう無茶なお願いはたいていこの人たちに相談しています。
こういう無茶なお願いはたいていこの人たちに相談しています。
岩沢兄弟のデザイン事務所「バッタネイション」には、これまでも困っているところを何度も助けてもらっている(123)。今回も相談してみると、快く受けてくれるとのことだった。ありがたや、である。

ちなみに岩沢兄弟もタバコを吸わないので、もともと吸わない3人が想像ですすめたプロジェクトともいえます。


できるの?喫煙所。



 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓