特集 2018年5月13日
 

100円のぬり絵がヤバすぎる

!
●2冊め 「ベジタブルぬり絵!」
!
ぬり絵の対象って、車だったり動物だったり、プリミティブなニーズを満たすものが一般的だが、これ、野菜?

これターゲットの子どもにはどう映るのか。野菜好きな子って、わりと少数ではないか。

不安になりながらも、中身を見ると、その名にたがわぬように
!
キュウリ。
!
次から次へと
!
野菜たち。超ベジタリアン向き。

粛々と塗り続けねばならないのか、緑で。ルーティンすぎる。食材的にはいっそ肉のほうが、とも思ったけど、豚肉や鶏肉を塗り分けるのも過酷なので、これでよいのだろう。

そして続いては、
!
大根が。がっつり白を塗り続けるって、かなりメンタルにクる。

他のぬり絵のように、子どもを誘うような、擬人化による問いかけ演出等も特になし。殺伐とした感すらある。子ども的にモチベーションの維持は難しそうだが、そんな豪華な食材ラインナップの中でも、今回つい本気で塗りたくなったのが、
!
キャベツ。
!
たまにアホみたい高騰してるけど最近安くなってきたし
!
光沢も出る黄色混ぜテクも使いつつ、
!
できるだけフレッシュに塗り続けた結果、できあがったのがコチラ!
!
おぉ、キャベツ。いつしかちゃんと土っぽくまみれており、鉄腕ダッシュ並みのドラマチックな収穫になったであろう。

…と、このように、執拗な野菜インプリティング(刷り込み)により、子供たちの野菜離れにも役立ちそうな、ヤバイほど有意義な逸品なのであった!
!
●3冊め 「ドッグぬり絵!」
!
こちらは、子どもにも多そうな動物好き、特に犬好き向けのぬり絵である。まず最初に開くと
!
ハ、ハロー。と、チワワが。いきなり距離感ゼロ。さすが人間離れしている。こんな抽象を突き詰めた最少効率なデザインにて、いろんな種の犬が順番に出てくるようだが、
!
長ぇ。2匹目から長ぇ。いきなりマニアック犬種。段階を経ないのか。ターゲットを一気に絞りにきたように思える。

そして時に、犬の本音の吐露として、
!
毛がないと細身、とのこと。聞いてないことをベラベラと。犬、饒舌すぎる。

でも、確かにうちのももも、お風呂に入れて毛がペッタリすると、
!
すこぶる細くなるので、真理なのであった。

そして、ノリノリで遊びたがる右犬に対しての、
!
左犬の適当さ。温度差が気になった。

しかし、それにしても、べらべらよく喋る犬たち。それゆえたまに
!
無口、だと不安になったが、犬はこれがデフォルトなのである。

と、様々な犬が、ぬってくれとばかりに現れてくるけど、正直これ、犬の色の正解、そうわからないのでは。いちいち画像検索して、ぬっていくしかないと思われ、なかなかなアサインな気がした。

そして最後の、いわゆる表3になると、急にまた
!
リアルドッグ。現実に引き戻された。焦った。急だよ。

ってことで、コチラで特にぬりたくなったのは、せっかく本物のモデルもいることだし
!
柴犬を塗ることに。そこで早速
!
本物をガン見しながら着色。やはりデザインに現実との乖離を感じるが、気にせず遂行。
!
毛レベルでの繊細な具現化をめざし、塗り進めていった結果、完成したのが、コレだ!
!
わぉん。つい地面まで塗ってしまい、アホ犬っぽく
!
足がまた土で汚れているのであった。もももアホゆえやむをえまい。

…でもこんな犬オールスター大集合によって、子供たちの動物愛も深められる、ヤバイほど貴重な逸品なのであった!


ではまだまだ、他のヤバイぬり絵を見ていこう!!

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓