特集 2018年7月4日
 

叔父が仕方なくハンターになった話

!
米農家の叔父が、最近ハンター(有害鳥捕獲隊)になってイノシシをバンバン狩っている。と聞いた。

人里に下りる獣が増えてきて若い人を中心にハンターも増え…なんてことは耳にしていたが、まさか身内からそんな話が飛び出すとは。ぜひとも話を聞きたい、なんなら狩りというものにもついていきたい。見たかった。

―と、軽い気持ちで行ったらけっこう深刻な話で、やむにやまれぬ事情があることが分かった。
1984年大阪生まれ、2011年からベトナムなどの東南アジアをうろついています。今はタイ在住。ドリアンの造形が好きで、写真のように被ったり着たりしています。

前の記事:「『校区外』巡りで少年時代のスタンド・バイ・ミーを振り返る」
人気記事:「ベトナムの丸亀製麺はパクチー盛り放題」

> 個人サイト ネルソン水嶋.jp

田んぼを守るべくYouTubeで勉強しながらイノシシ退治

冒頭で書いた通り、叔父はそもそも米農家でそれは今でも変わらない。狩猟免許を取得したのは11月、話を聞いた4月までの5ヶ月間で、これまでにすでにイノシシを7頭、3月だけで3頭捕れたという。
叔父。顔は我が家の暗黙のルールに則り出せません。
叔父。顔は我が家の暗黙のルールに則り出せません。
猪肉を煮るぼたん鍋を囲みながら話を聞くことに。
猪肉を煮るぼたん鍋を囲みながら話を聞くことに。
私「免許取りたてで一ヶ月に1頭以上のペースって捕れすぎじゃない?それがふつう?」
叔父「いや、かなり獲れてる方だよ。猟師仲間でも、今年はまだ一頭も獲ってない人もいるし」
私「なにそれ天才じゃないの?」
叔父「いや違う。最初は猟友会の人たちに教えてもらったけど、あとはYouTubeを見てるか見てないかだ。みんな見てない、俺見てる、それだけ」
私「あはは!秘訣が身近で笑う」
叔父「ていうか、逆に獲れすぎて困っとるくらいなんだ。たくさんぼたん鍋食ってけよ」
私「おー、そのつもりで来た!」
見ただけでお分かりでしょう、このアブラ感の強み!
見ただけでお分かりでしょう、このアブラ感の強み!
調味は味噌だけというシンプルな味付けだが、それでもストレートな脂の甘味がガツン!と来る。最初は喉に引っ掛かるようなクドさを感じたが、食べているうちにやみつきに。なるほどこれジビエ料理も流行る訳だわ。
単身者向けの洗濯機並に大きい冷蔵庫には、
単身者向けの洗濯機並に大きい冷蔵庫には、
叔父が自ら獲ったイノシシの肉がみっちり!
叔父が自ら獲ったイノシシの肉がみっちり!
切れども切れどもなくならない。
切れども切れどもなくならない。
そもそも叔父が猟師を始めた理由は、趣味でもなければそれで生計を立てる訳でもなく、単純明快に「害獣駆除」。昨年から田んぼをイノシシに荒らされるようになり、役所に相談したら自身での駆除を勧められ一念発起。5ヶ月かけて狩猟免許を取ったんだそうな。

ついこの間まで田んぼでトラクターを転がしたり草刈りをしていた叔父が、いきなり横たわったイノシシと写っている写真を見て何事かと驚いたが、昔から理論派の人だったのでその経緯を聞くとすごく納得。
トラクターを転がす叔父。
トラクターを転がす叔父。
私「明日行く?ついて行っていい?取材したい」
叔父「おー、いいけど、朝5時すぎには出るぞ」
私「はやっ!分かった」

張った罠の様子を見に毎朝竹林へ

よくある街並みから、
よくある街並みから、
数分も走れば山が迫る。
数分も走れば山が迫る。
目的地は叔父の田んぼ周辺。ここに罠を仕掛けているので、捕まっているかどうか毎朝確認しに来ているという。
トラックの荷台に積まれた罠グッズ。
トラックの荷台に積まれた罠グッズ。
私「派手に猟銃でバン!と撃ちに行くと思ったらそうじゃないんだね。罠なんだ」
叔父「そもそも狩猟免許は罠猟と銃猟の大きくふたつがあるんだよ。俺が今持ってるのは罠猟免許と罠猟の有害鳥獣捕獲隊(の所属)。『猟銃狩猟免許』と『猟銃所持許可』は得とるけど、取得してから1年間は射撃場で年2回以上の練習を経ないと、猟銃の有害鳥獣捕獲隊にはなれない」
私「え、なんかややこしい!思っていた以上にややこしい」

よく聞くと、(有害鳥獣の)罠猟をするには『罠猟免許』と地域ごとにある『罠猟の有害鳥獣捕獲隊』への所属が必要で、(有害鳥獣の)銃猟をするには『猟銃所持許可』と『猟銃狩猟免許』と得た上で、これも地域ごとにある『猟銃の有害鳥獣捕獲隊』に所属する必要がある(地域ごとに定められた『狩猟期間』と呼ばれる間なら所属しなくても猟銃を扱える)。

狩猟に関する資格はまだあるのだが、大まかにはこの5つ。で、狩猟をはじめて5ヶ月の叔父は、『猟銃の有害鳥獣捕獲隊』への所属のために現在は練習期間だということ。いやもうめちゃくちゃ大変ですね、めちゃくちゃ大変だ。

なお、この猟銃所持許可は(当たり前なんだけど)規制が多く、「銃と弾を別々に保管すること」は当然として、「銃や実弾を指定された状況以外で人に見せてはいけないし見られてもいけない」、「置き場所を人に教えちゃいけない」、などなど…。そのほか、許可取得に当たって、たとえばDVの疑いはないか身辺調査が必ず行われるのだと。

ちなみに今の叔父のように、「猟銃の有害鳥獣捕獲隊ではない」という状況だと、イノシシを捕獲したところで少し面倒なことが起こる。それはのちのち説明します。
またたく間に、
またたく間に、
竹林に!…都会育ちには新鮮ですわ。
竹林に!…都会育ちには新鮮ですわ。
罠をかけた場所にはその危険を知らせ、仕掛けた人間の身元を明らかにする標識を貼らねばいけない。
罠をかけた場所にはその危険を知らせ、仕掛けた人間の身元を明らかにする標識を貼らねばいけない。

「生活を守りたい農家」と「人里に下りたいイノシシ」と「動物愛護の声」の駆除を取り巻くみつどもえ

叔父「ここ」
私「ここ?」
ここ??
ここ??
叔父「茶色いエサあるだろ、それをこの木を横切るように撒いて、イノシシが跨いだら罠を踏むようにしてる」
私「ほー!イノシシの動きをコントロールしてるんだ」
叔父「そうそう」
私「…それは分かったけど、罠見えないね」
叔父「あるだろ、ほら」
あ、この黒いの!?
あ、この黒いの!?
私「分からんねこれ!」
叔父「分かったら罠にならんからな。あいつらも必死だから、バレバレだとまずかからん」

罠と言えばトラバサミ的な、『トムとジェリー』でトムがよく尻尾を挟んでギャッとか叫んでいそうなものを思い浮かべたが、叔父が仕掛けているものは『くくり罠』といって、板を踏み込むとバネの力でワイヤーの輪っかがキュッ!と締まる仕組み。
この、黒い板の周りにワイヤーを掛けて設置したら土を被せる。お値段おひとつ8000円、リアルな金額〜。
この、黒い板の周りにワイヤーを掛けて設置したら土を被せる。お値段おひとつ8000円、リアルな金額〜。
実演してくれる叔父。パシュッ!という音に驚くけど、まった痛くないという。罠って痛くないんだ…。
実演してくれる叔父。パシュッ!という音に驚くけど、まった痛くないという。罠って痛くないんだ…。
音も聴いてみたい人はこちらでどうぞ。
叔父「トラバサミは動物愛護の観点でダメってんで、もう使えなくなってんの。まぁ、このくくり罠も、暴れて骨折したりするからって理由で一部の国では禁止されてるけど」

捕まった害獣に待つものは最終的にはだいたい死という結果なだけに、その世界の外側から見るとなんとも不思議な話だ。でも、ギロチンや電気椅子が非人道的だからなくなったことと本質的には同じかもしれない。

狩猟や害獣駆除には動物愛護の声が絡んでくることは必然で、叔父いわく「何も言われないように法律は徹底的に守らんといかん」のだとか。そもそも叔父にすれば長年続けてきた家業の重大危機、収入を左右する死活問題。立場によって意見は変わるだろうが、これは人とイノシシの生き残りをかけた戦争なのだ。
なんだか「罠師」って感じする。
なんだか「罠師」って感じする。
叔父「俺だって前まではイノシシなんて、ウリ坊とかには『かわいいなー』くらいにしか思っとらんかったよね。でも、実害があれば収入に関わってくるし、そうなればやつらは泥棒となんも変わらんよ」

そりゃ、そうだ。

罠の規制については人がかかると危険という理由もある。トラバサミはもちろん、くくり罠も小さい子どもが掛かって抜けられないと、それ自体でケガをすることはなくても、動けなければ季節によっては凍死しかねない。そのため叔父は基本的に毎朝見ているそうだ。
エサを蒔き直したら別のところへ移動する。
エサを蒔き直したら別のところへ移動する。

イノシシは崖崩れを起こす災害の使者

で、そんな罠にかかったイノシシをどうやって仕留めるの?というと、ここで猟銃のお出まし。しかし、前述の理由から猟銃の有害鳥獣捕獲隊になっておらず狩猟期間以外で猟銃を扱えない叔父は、猟友会の仲間を呼んで『止め刺し』、つまりその場で息を止めてもらう。

私「連絡がつかなかったらどうするの?」
叔父「電気を流すか、棒で叩くしかないんだけど、罠にかかって暴れまわっているときがイノシシは一番危険だからな。離れて銃で撃つのが安全なんだわ」

大きいもので70キロの体重、突き上げられるように斜め上を向いた牙。まるで成人男性が両手に包丁二本を持ち、低めに構えて突進してくるようなもので…こわっ!それは危険極まりないわ。
イノシシが暴れたことでできたクレーター、至るところにボコボコある。
イノシシが暴れたことでできたクレーター、至るところにボコボコある。
このイノシシの暴れっぷりは凄まじいそうで、その場にドコドコドコンと直径1メートル近いクレーターができるらしい(ワイヤーで絡まっていなければ3メートルとか!もはや走る隕石!)。そうでなくとも植物の根っこを食べるために土を掘り起こすため、荒らしたあとは穴まみれ。これが農家にとっては死活問題で、用水路の形を変えたりせき止められたりすると田んぼに水が巡らないわ、それ以前に崖崩れを引き起こしかねず、農家だけでなく周辺住人全員にとっても脅威となる。

イノシシはイノシシで生活があるんだろうけど、いくらなんでも崖崩れまで起こされちゃたまらんからなぁ…。
こんな泥んこはイノシシにとって最高のバスルーム。
こんな泥んこはイノシシにとって最高のバスルーム。
また、身体に付いているダニやノミを取るために田んぼで転げ回る習性を持つため、倒れた稲が刈り取り用のコンバインに引っかからなかったりするんだと。うーん、単純に農作物を食べるだけと思っていたら、これけっこう深刻だよな。崖崩れを起こすってもう災害レベルだもの。

対策として電気柵はあるけれど、柵が刺さっている地面を掘り起こされたらどうしようもなく、業者自身も「絶対ではない」と話しているらしい。そうでなくとも、張れば張るほどお金の掛かる代物だし、柵より外にある周りのクレーターづくりは防げない訳だ。
叔父が長期戦を繰り広げたという納屋。
叔父が長期戦を繰り広げたという納屋。
イノシシも性格はさまざま。上の写真の納屋には以前気性が荒く人を恐れないイノシシが住み着いていた。あちこちに罠を張ったがかからず、最終的に目の前に張ったらかかったとのこと。若手芸人みたいなノリのイノシシだったのかもしれない。

ハンターになれば他人を助けることも義務になる

くくり罠以外にもあるのが、箱罠。今回は成果なし。
くくり罠以外にもあるのが、箱罠。今回は成果なし。
猟師免許を取るときには市から「害獣駆除に協力する」という旨の誓約書を書かされるそうで、そうでなくとも農家の仲間が困っているということもあり、しばしば依頼を受けて罠を張りに行くこともあるらしい。

私「それって、自分の田んぼを守るために免許を取ったら、ほかの人の田んぼも守らなくちゃいけなくなったってこと?」
叔父「そういうこと」
私「割、合わなくない?」
叔父「自分の農作業の時間がなくなるのが怖いよなぁ」

役所が駆除を勧めておきながら協力も要請する、と書くと難儀に聞こえるが、きちんと電気柵を無償で貸し出していたり、農家の相談から猟友会へ依頼もしたり、免許取得にかかる補助金や有害鳥獣捕獲隊になると手当ても出るので、そこは問題ないそうだ。しかし、本業の時間がなくなるのは、やはり怖いよなー。
最後の罠に向かうと、目的地あたりからギャアギャアとカラスたちが飛んでいった。
最後の罠に向かうと、目的地あたりからギャアギャアとカラスたちが飛んでいった。
自治体によっては駆除に対して報奨金が出るケースもあるが(写真や牙(!)などが証明になる)、やはりイノシシに罠が壊されると損害が大きいとのこと。「これで美味しくなけりゃ腹しか立たない」という叔父だが、その猪肉すらも冷蔵庫の肥やしになっているという現状だ。

仕留めたところで冷蔵庫もいっぱいだし、もらってくれる人ももういないとなれば、土に埋める。すると、カラスが掘り返しついばむ、また埋める、また掘り返す、またまた埋める…と、次はイノシシではなくカラスとの戦いになるんだと。賽の河原の終わらない石積みみたい。
さっき飛んでいったカラスがまさにその犯人たちということで、案の定イノシシの死体が露わになっていた。うーん、都会育ちにはなかなか強烈な光景ですわ…。
さっき飛んでいったカラスがまさにその犯人たちということで、案の定イノシシの死体が露わになっていた。うーん、都会育ちにはなかなか強烈な光景ですわ…。
私「ジビエ料理が流行ってるけど、そこへ卸したりできないの?お金になるんだったら万事解決でしょ」
叔父「食肉として売るには専用の免許が要るんだよ。それには加工できる設備が必要で、2000万とか掛かっちゃう。近所にあげたりお前に食わす分にはいいけど、売ってお金もらったら法律違反でアウト」

めちゃくちゃ雁字がらめな話じゃないか〜。

もったいないけどネットで遠方の人に無料で譲るのは?と聞いたら、「それで病気になって責任問題になるのが怖い」という話。うん、もっともだ。食肉販売に関する免許もそういうところから来ているんだろうしなぁ。

これはもう現代のモンスターパニック映画ではないか。映画じゃなく現実だけど。人と人との問題は話し合いで解決しようもあるが、聞く耳を持たない自然や野性の脅威にはどうしようもない。打開策があるとすれば、駆除の報酬額を引き上げたり(実際に別の地域では高値だったりする)、食肉として流通させる枠組みをつくるしかない。モンスターに対抗できる存在は行政って、なんだかシン・ゴジラの展開を思い出すけど。

最終的には城壁をつくって「進撃のイノシシ」に

おもしろそうだなと物見遊山な気分で行ったら、固まってしまうくらい深刻な社会問題ということが分かった。イノシシは北上していく習性があるから、「これから同様の問題が各地で増えるはず」と叔父は言う。実際、この後日に金沢の兼六園(有名な日本庭園)に行ったら、「イノシシ出没注意」の立て看板があったほど。観光客で溢れかえる日中に出没して誰かケガでもしようものなら、一気にトップニュースになるだろう。

もしかして詰んでない?と聞いたら、「城壁だ、城壁をつくるしかない!」と叔父。そうか、城壁かぁ。ふっと『進撃のイノシシ』というワードが思い浮かんで少し笑ったが、笑い事じゃねーなこれ。今後も叔父から実家においしい米を送ってもらえるためにも、自治体や国も腰を上げてなんとかしてほしいと思うところです。
田んぼの外にタラの芽があったので採ってくれた。
田んぼの外にタラの芽があったので採ってくれた。
めちゃくちゃ高い位置にあるのでこうして折り曲げて収穫、これが感動するほど美味かった。
めちゃくちゃ高い位置にあるのでこうして折り曲げて収穫、これが感動するほど美味かった。
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓