特集 2018年7月8日
 

スーパーゲーセンがスゲー10の理由

!
●スゲー理由(6)「料金が安すぎてスゲー!」

一般的なゲーセンでは、1ゲームの料金は基本100円、最近では200円という場合も多いが、一方スーパーゲーセンでは料金設定も、店ごとにだいぶ自由だったりする。つまり、
!
スゲー安かったりするのだ。こちらではノボリにて安さをアピール。ゲーセンで安価を訴えるのなんかスゲー。ちなみに別の日には、
!
手描きのビラにても。もう相当安そう。

そんな当店だが、たとえばまず、ゲーセン版のマリオカートがあったのだが、
!
え、30円!? マリカーを実際の運転席で体感できる革新的ゲームで一般的には100円、もしくはそれ以上するはずのヤツだが、ホントに
!
30円なのであった。スゲー!どういうこと。安すぎ。
!
そして10円玉を3枚投入したら、ホントにスタート!あらやだ!

と、マリカーを等身大で普通に体感できてしまいまして、
!
実際の車の運転は無理だけど、マリカーならいけるペーパー人間には夢見心地!
!
な勢いで、アイテムを非情に駆使してライバルを蹴落としていった結果
!
優勝。
!
やったよ。というわけで、150CC以外は優勝できるマリカースキルはじゅうぶん発揮できたのであった。

…そしてまだほかにも価格破壊は続く。
続いてはおなじみのゲーセンゲーム「ビーマニ」だが、これも
!
また30円。価格破壊。筐体の手間的にも100円以上はしかねないヤツ。でも30円できちゃうの。安すぎる。

と、ビーマニとか言ってるわりにやったことないが、いざ30円入れてゲームスタート。
!
音に合わせて指で押していくゲームであるが、
!
POOR。そして
!
POOR。僕そんなに貧しいのか。

そしてDJっぽいスクラッチも駆使することに!なったのだが、
!
見ると当然のようにこれもPOOR。そんな格安ビーマニのその結果はというと…
!
F判定。模試だったら志望大変えるレベルのヤツ。
!
でもステキなDJ初体験を味わえたのであった。

…そして破格のスーパーゲーセンの極めつけがこのゲーム
!
10円。ついには10円である。

しかもコレ「ガンなんとか」つって、プレステにも移植されてたそこそこのヤツである。まぁはるか昔だけれども。
!
で10円玉を入れたら、ホントに始まった。スゲー。このご時世にマジで10円でできる模様。
!
この銃を実際に駆使して画面に向けて撃っていくゲームである。が、トリガー引いても、ガッスガス。超古筐体ゆえか反応も悪い。でも10円だから許そう。
!
そしてミッションとしては
!
画面に現れてくる忍者を銃で撃ち殺していく模様。な〜るほど。やってやるぜ!!

ふと冷静になると、忍者に銃というのもフェアではないが、
!
ガッスガス撃ち続けたところ、
!
失敗。 と、あっさりゲームオーバーになったわけだが、まぁ10円なので悔しくもなんともなかったのであった。スゲーぜ10円ゲーム!

と、このように、スーパーゲーセンでは、一般的ゲーセンではありえないスゲー低コストで、お値段以上の興奮と感動を味わえてしまうのであったッ!!

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓