特集 2018年7月8日
 

悪魔の兵器・すね毛剥がしマシン開発日誌(デジタルリマスター版)

現代によみがえる悪夢の兵器
現代によみがえる悪夢の兵器
「すね毛を剥がす」というのは人類の歴史上もっとも古典的な拷問法で、その記録は古代メソポタミア文明までさかのぼるそうだ。

2010年12月に掲載された記事の写真画像を大きくして再掲載したものです。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。

前の記事:「ヘボコン2018直前!技術力の低いロボット事前チェック」
人気記事:「チーズ across ハンバーグ」

> 個人サイト nomoonwalk

すね毛剥がしプロジェクト

というのは嘘で(いやもしかしたら本当かもしれないが調べてもいない)、ここでさかのぼるのはたったの1ヵ月半である。

当サイトのustream企画で「すね毛グルーポン」という企画が行われた。(この記事の初出は2010年12月です)視聴者が増えると、ドアストッパーを使った即席すね毛剥がし機が発動、出演者のすね毛がガッツリ抜かれる、という恐ろしい企画であった。
その日の配信のようす
その日の配信のようす
その後の打ち合わせで、ウェブマスター林さんが「あれ定番企画にしたいよねー、ちゃんとした機械があるといいよねー」と言った。

そこで「そのプロジェクト、僕に任せてください!」と若い頃の島耕作ばりに(すいません読んだことないです。憶測。)手を挙げたのが僕である。

さっそく材料を買ってきた。
材料
材料

テコを使用した新しい脱毛法

すね毛はがしにはテコの原理を使う。子供のころ近所の公園のシーソーでよく遊んだが、30歳になって同じ原理ですね毛をむしることになるとは、人生何があるかわからないものだ。

準備したのはテコになるパイプと、土台になるすのこ。ペットボトルは作業中の水分補給のため、ではなく、おもり用だ。

さっそくテコの部分から作っていく。
設計図を書いてないので、だいたいこのくらいかなーと勘で切る(いちおうペットボトルの長さと比べたりしている)
設計図を書いてないので、だいたいこのくらいかなーと勘で切る(いちおうペットボトルの長さと比べたりしている)
先日の記事を見てその日に買いにいったパイプカッター。パイプがスルスル切れる。これはすごい!全員買え!
先日の記事を見てその日に買いにいったパイプカッター。パイプがスルスル切れる。これはすごい!全員買え!
と言った次の瞬間には手が疲れて変な姿勢になっている
と言った次の瞬間には手が疲れて変な姿勢になっている
新しい工具を買うたびに「これさえあればなんでも作れるな」と万能感に酔いしれる。作品ができあがる頃にはだいたい現実を目の当たりにするのだが。

いい具合の長さに切れたパイプを、ジョイントで接続します。
できました
できました
上の写真、ちょっと横目で撮ったことによって女性誌のモデルみたいになったなー、と思ったのだがたぶん誰も同意してくれないだろうしイラッとした人すらいると思うのであまり強くは言いません。
ネジを通してシーソーに
ネジを通してシーソーに
さらに支柱もつけます
さらに支柱もつけます
支柱をすのこに固定すれば…
支柱をすのこに固定すれば…
「私が作りました」
「私が作りました」
すのこと塩ビパイプでシーソーが完成した。これがマシーンの動作部分である。

ここまでくれば徐々に全体像が見えてくる。改めて図で説明すると、すね毛剥がしマシーン、こんなしくみだ。
キャプション!
テコの片側におもりがぶら下がっている。おもりと逆側の先からはヒモがでていて、すねに貼ったガムテープに繋がっている。

テコを止めているストッパーを外すと、テコが回転してヒモを引っ張り、すね毛がビシッ!と抜ける。シンプルかつダイナミックなしくみだ。
しかもこのでかさである。フルスイングすると思うと恐い
しかもこのでかさである。フルスイングすると思うと恐い

作業中盤、すでに山積みの反省点

ところでここまで順調に作ってきたかのように書いているが、なにぶん不器用な僕である。ここまでで4時間くらいかかった。

数々犯してきた失敗の一部をご紹介します。
2本の支柱の長さが違う→長い方を切る→切りすぎて短く→長い方を切る→…(※4回繰り返し)
2本の支柱の長さが違う→長い方を切る→切りすぎて短く→長い方を切る→…(※4回繰り返し)
ネジが長い
ネジが長い
構造物を作るのは大変だな。正確に長さを測ったりしなきゃいけないんだ。途中でそれに気づいたが、それでも最後までかたくなに定規・メジャー等を使わずに作った自分。その腰の入った怠惰ぶりは賞賛に値すると思う。
同じ高さに2本のネジを貫通させようとして、真ん中で衝突
同じ高さに2本のネジを貫通させようとして、真ん中で衝突
これに至っては正確さの問題ではなく、「頭が悪い」とかそういう話である。

まわりに工作が得意な人がいっぱいいるのでなんとなく自分もできるようになった気になっていたのだが、そういうオセロみたいなことはないのだ。作業も中盤に差し掛かってから目が覚めた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓